Loading…

Column

新着営業転職コラム

New

新着転職コラム

営業

アパレルからルート営業に転職したい女性必見|仕事内容や転職を成功させるコツを紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
アパレル販売員からルート営業への転職を考えているけど…。 営業の経験がないから不安。アパレル販売員からルート営業への転職って可能なの? このような疑問にお答えします。 この記事では、アパレル販売員からルート営業への転職を考えている女性に向けて「ルート営業の仕事内容」や「ルート営業に必要なスキル」をご紹介していきます。 後半部分では「ルート営業への転職を成功させるコツ」を紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。   カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   【目次】 アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業とは? アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業の仕事内容 アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業への転職は可能なの? アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に必要なスキル アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に転職するメリット アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業への転職を成功させるコツ まとめ   アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業とは? まずは、ルート営業についてご説明します。 ルート営業とは、既に会社が取引をしている“既存顧客”を中心に営業を行う職種。 顧客のところへ出向き、使っているサービスの調子はどうか、商品に不具合はないかなどを確認するほか、必要に応じて“新商品”や“追加オプション”の提案も行います。 ルート営業は既存顧客を相手にすることから、営業職にありがちな「飛び込み営業」を行うことはありません。 そのため営業職未経験者でも取り組みやすいといわれています。   好条件ルート営業求人☆転職相談はこちらから(無料) アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業の仕事内容 続きましては、「ルート営業の仕事内容」を簡単にご紹介します。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|仕事内容1】新商品のご提案 ルート営業の仕事1つ目は『新商品のご提案』です。 ルート営業は、顧客の新規開拓をしない代わりに、既存顧客からの「契約更新」や「追加契約獲得を目的とした営業」を行います。 商材や会社によっても変わりますが、1日に4〜5社ほど訪問し、新商品をご紹介したり、現在ご利用頂いているサービスのグレードアップをご提案したりします。 なお、既存顧客が、自社の商品と同じ機能を持つ他社の商品を利用している場合には、乗り換えの提案を行います。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|仕事内容2】アフターフォロー ルート営業の仕事2つ目は『アフターフォロー』です。 ルート営業では、既に購入してもらっている商品に“不具合”や“問題点”がないかといったアフターフォローも行います。 取引中の商品の不満を解決することができれば商品だけでなく、企業に対する「信頼度の向上」や「顧客満足度の向上」にもつながります。 ですので、アフターフォローは非常に重要な業務です。   カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|仕事内容3】顧客の要望をヒアリングする ルート営業の仕事3つ目は『顧客の要望をヒアリングする』です。 ルート営業では、定期的に顧客の要望や不満のヒアリングを行います。 なぜなら、顧客がどのようなことに困っているのかを知れば、それを解決するための“商品”や“サービス”を提案できるようになるからです。 ※ルート営業の仕事内容について詳しく知りたい方は「20代、30代の女性向けにルート営業職の求人を紹介しているサイト」や「ルート営業職の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業への転職は可能なの? 結論をお伝えすると、アパレル販売員からルート営業への転職は可能です。 上述した通り、ルート営業は、既存顧客を相手にする職種。 新規営業のように、新たなクライアントを獲得したり、過酷なノルマを課せられたりすることはありません。 そのため、営業未経験者でも問題なく転職できます。 実際に、多くの企業で未経験者を募集しておりますので、アパレル販売員からルート営業への転職を考えている方は「20代、30代の女性向けにルート営業職の求人を紹介しているサイト」や「女性向けにルート営業職の求人を紹介しているサイト」をご覧ください。   カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に必要なスキル ルート営業では、どのようなスキルが求められるのでしょうか。ここでは、「ルート営業に必要なスキル」をご紹介します。 なお、ルート営業に向いている人について知りたい方は「ルート営業とは?仕事内容や向いている人、必要なスキル・資格等について徹底解説!」をご覧ください。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に必要なスキル1】提案力 ルート営業に必要なスキル1つ目は『提案力』です。 ルート営業では、自分が売りたい商品を売り込むのでなく、顧客の課題を解決できる“商品”や“オプション”の提案を行うことが求められます。 そのため積極的に商品やサービスの提案をして、新しい取引のきっかけを作る「提案力」が必要になります。 「女性向けにルート営業職の紹介をしているサイト」でも同様のことを伝えております。   提案力を活かせるぴったりの営業職を探す!   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に必要なスキル2】コミュニケーション能力 ルート営業に必要なスキル2つ目は『コミュニケーション能力』です。 ルート営業とは、既に会社が取引をしている既存顧客を中心に営業を行う職種。 何度も同じ人と顔を合わせることになるので、たとえ担当者と相性が合わなくても積極的に話しかけ、良好な関係を築かなければなりません。 そのため、ルート営業では高いコミュニケーション能力が求められます。 ルート営業の営業マンが失礼な態度をとってしまうと、既存顧客への信頼感を損なってしまいますので、常に基本的なマナーが求められますよ。 「ルート営業職の求人を紹介しているサイト」や「女性のルート営業について解説しているサイト」でも同様のことを伝えております。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に必要なスキル3】ヒアリング力 ルート営業に必要なスキル3つ目は『ヒアリング力』です。 ルート営業では、顧客の悩みや課題を引き出し、潜在的なニーズを聞き出す「ヒアリング力」が重要となります。 なぜなら、顧客のニーズを聞き出し、それに合致する商品が提案できれば、さらなる“売上拡大”につながり、良好な関係を築けるからです。 顧客に対し親身になって寄り沿い、普段の会話の中から不安や要望をくみ取れる方は、きっとルート営業職として活躍できるでしょう。     アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に転職するメリット ここでは、アパレル販売員からルート営業に「転職するメリット」をご紹介します。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に転職するメリット1】ビジネスの基本が身につく ルート営業に転職するメリット1つ目は『ビジネスの基本が身につく』です。 ルート営業職では“提案力”や“ヒアリング力”だけでなく、「スケジュール管理能力」「情報処理能力」「仕事の優先度の判断能力」といった“ビジネスの基本”が身につきます。 そのため、異業種に転職する際にとっても有利ですよ。 ビジネスの基本を身につけたい方はルート営業職に転職するといいでしょう。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に転職するメリット2】インセンティブにより稼げる ルート営業に転職するメリット2つ目は『インセンティブにより稼げる』です。 企業によっては、ルート営業職にインセンティブ制度を導入しているケースがあります(インセンティブとは、売上に応じて給料とは別に支給される手当です)。 そのためルート営業職に転職すると、年収がアップするかもしれませんよ。 頑張るほど稼げる高待遇営業求人はこちら   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業に転職するメリット3】人脈を増やせる ルート営業に転職するメリット3つ目は『人脈を増やせる』です。 ルート営業職は、自社商品を社外の人に紹介するのが仕事です。 そのため、内勤に比べて社外に人脈を築きやすい特徴があります。 人脈を増やすと、仕事に対する視野が広がったり、転職の際に声をかけて貰えたりなど、今後の人生においてさまざまなメリットがありますよ。     アパレルからルート営業に転職したい女性必見|ルート営業への転職を成功させるコツ 続きましては、「アパレル販売員からルート営業への転職を成功させるコツ」をご紹介していきます。 ぜひこの内容を参考にして転職活動を行ってくださいね。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|転職を成功させるコツ1】転職エージェントを活用する ルート営業への転職を成功させるコツ1つ目は『転職エージェントを活用する』です。 転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでの“あらゆる場面”においてサポートをしてくれるサービスのこと。 転職エージェントに登録すると担当者(キャリアアドバイザー)がつき、求人紹介や選考対策に加えて「履歴書の作成」や「面接の練習」などを行ってくれます。 そのため、転職の成功率が格段にアップしますよ! 転職に失敗しないためにも、ぜひ転職エージェントを利用しましょう。「ルート営業職の紹介をしているサイト」でも同様のことを伝えております。   【アパレルからルート営業に転職したい女性必見|転職を成功させるコツ2】アパレル販売員で培ったスキルをアピールする ルート営業への転職を成功させるコツ2つ目は『アパレル販売員で培ったスキルをアピールする』です。 ルート営業は、既存顧客からの信頼を“変わらずに守り抜くこと”がミッションです。 したがってルート営業では、アパレル販売員で培った「コミュニケーション能力」や、顧客に対して丁寧に接する「接客スキル」を存分に活かすことができます。 アパレル販売員からルート営業への転職を考えている方は「私には強みがない…」と悲観せず、勇気を出して“アパレル販売員で培ったスキル”をアピールしましょう。 なお、アパレル販売員がアピールできる“経験”や“スキル”は次の通りです。 ・最新のトレンドをキャッチする情報収集力 ・お客様の色の好みや好きな系統を調べる分析力 ・魅力的なコーディネートを伝える提案力 ・繁忙期や来客が多いときでも臨機応変に対応できるスキル ・誰に対しても不快感を与えないように接することができる接客スキル ・お客様の話を引き出す傾聴力 ・お客様に好印象を与える正しく丁寧な言葉遣い ・お客様に洋服の魅力を正しく伝える説明力   まとめ 上述した通り、アパレル販売員からルート営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 ルート営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談くださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.24

営業

営業に向いている女性の性格とは?セルフ診断してみよう

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「女性で営業職に興味があるけど、本当に向いているか心配」「女性の営業職ってどんな求人があるの?」とお悩みではありませんか? 女性の営業職の求人に興味のある方は、「人と話すことが好き」「コミュニケーションが好き」という方や「全く未経験だけれども転職してみたい」という方など、動機は様々です。 ここでは、営業に向いているかを簡単にチェックできるセルフ診断や、女性の営業職はどんな方が向いているか、女性の営業職の求人が多い業種や職種を紹介します。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 女性で営業に向いているタイプとは? 営業に向いている女性の性格とは? 営業に向いていない女性の性格とは? 女性ならではの営業の強みとは? 女性の営業力が求められる業種とは? 女性の営業職の求人登録ならパスキャリ 女性で営業に向いているタイプとは? 「未経験でも、外回りのある女性の営業をやってみたい」「前職は違う職種でも営業職に転職したい」と考えている場合、適性があるかどうか気になるものですよね。 簡単なセルフチェックと、営業に向いている女性の性格について紹介します。 営業に向いている?1分でできるセルフ診断 「営業職に興味はあるけれども、仕事として営業に向いているのかしら?」と思っていたら、次に挙げる項目に該当するかどうか、セルフチェックしてみましょう。 YESの項目がいくつあるか、数えてください。 1. 聞き上手な方だ 2. 気配りができる方だと思う 3. 約束は守ることができる 4. 人と話すことが好きだ 5. リサーチ(調べる)ことが好き 6. 説明をするのが得意だ 7. 目標に向かって頑張れる 8. 年上の方と楽しく話せる 9. 体力に自身がある 10. 気分転換をすることができる いかがでしたか。いくつYESがありましたか? 6つあれば、営業に向いているといえるでしょう。 営業は、コミュニケーション力があればできるとよくいわれますが、「これを買ってほしい」と売り込む力だけではなく、人の話に耳を傾けることができる謙虚な姿勢や、相手の気持ちを察することができる人が、向いていたりします。 また、体力的な面は、外回りの営業については求められる条件といえます。 その点では、スポーツが得意だったり、体を動かすことが好きだったりする方、体力に自信がある方は、自分の足で顧客先を訪問したり、たくさんの距離を移動することは苦にならずにできる可能性がります。 営業に向いている女性の性格とは? 女性で、人と関わることが好きな方は、営業職に興味があるのではないでしょうか。 営業職に向いている女性の性格の特徴の例を紹介します。 これから紹介する性格の要素は、女性の営業職として採用してもらえるか、採用後続けて勤務できるか、契約をとって営業成績に結び付けることができるか、という点で、資質があるかどうかの参考になります。 人と話す事が好きで明るい性格だ 私たちは日頃、お店に入って接客を受けるときに、明るく「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えられると、心地よさを感じずにはいられないものです。 営業も同じように、ある程度明るく、愛想良く接することで、相手も気持ちよく話してくれるものです。 明るい性格の方は、人と気持ちよく話せるという点で、営業職に向いているといえるでしょう。 相手が何を求めているかを察知できる 顧客とのコミュニケーションの中で、常に相手顧客が何を求めているのかを察知できる方、相手のことを常に思いやることのできる方は、営業に向いています。 営業は、顧客相手のニーズを聞き出し、商品やサービスを提案する仕事です。 例えば、仮に、フェイスマスクの営業担当だとすれば、相手顧客に対してどのようなアプローチをするか考えてみましょう。 自社のマスクの売り込みのトークをたたみかけるアプローチと、「マスクを使用する上で、何かお悩みはありませんか?」と相手のニーズを引き出すアプローチの、どちらが効果的だと思いますか? お悩みを引き出すアプローチの手法は、女性ならではの気配りが活かせる場面も多いです。 相談に乗りながら、顧客との信頼関係を築き、営業活動ができる女性は、営業に向いているといえるでしょう。 負けず嫌いで打たれ強い 負けず嫌いな性格は、「相手のことを思いやることができる方」という観点とは、一見対照的な側面と思われがちですが、営業職はノルマなどある程度の契約獲得の目標に向かってゆく仕事となるため、目標に向かって進む力は必要です。 「せっかく相手のことを考えて説明をしたのに、断られてしまった」と、いちいちくよくよしては、目標に向かって進むことはできなくなってしまいます。 あまりくよくよせず、周りにも自分にも負けないという強い心で目標に進んでいける性格の方は、営業に向いています。 営業向き?自分にぴったりの求人を紹介してもらう 営業に向いていない女性の性格とは? 営業に向いていない性格はどんなタイプだと思いますか? 営業職は相手のニーズをくみ取り、相手顧客の話をよく聞きながら商材を提案したり、相手顧客の課題の解決に向けて提案したりするという立場の仕事です。 そのため、自己主張が強く、自分の都合を押し付けるタイプは向いていないといえます。 また、人の話をよく聞くことができず、せっかちな性格な方も向いていない可能性があります。 相手顧客の話を聞くのが面倒だからという気持ちになり、相手の話を遮り、自分の言いたいことだけを伝えるようになってしまうと、不快感を与えてしまいます。 その他の、営業職に向いていない性格の例もチェックしてみましょう。  約束を守れない  ノルマや目標が嫌い  人に言われたことをくよくよ悩んでしまう  人と話すことが嫌い 営業職に向いていない性格の方でも、営業職をやってみたいという情熱があれば、業務を経験する中で、これらの要素を克服できるように努力するという道もあります。 また、人と話すことが嫌いな人でも、仕事としての経験を通して鍛えられ、話すことがいつの間にか苦にならなくなるケースもあり、これらの向いてない要素があったとしても、潜在的な資質が発揮される場合もあります。 営業に向いているか向いていないか、自分で判断できず、悩んでいるようであれば、転職エージェントのカウンセラーに相談することをおすすめします。 客観的なプロの目で、アドバイスをしてもらうことができます。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 女性ならではの営業の強みとは? いい意味で、営業職は、女性ならではの強みになる点が生かされる仕事といえます。 営業職で注目される女性ならではの強みとはどのようなことか、いくつかの例を紹介します。  相手に話を聞いてもらいやすい  細やかな心配りが相手の心象を良くする  男性営業より相談しやすい印象がる  共感力がある 女性は声のトーンや雰囲気は、男性よりも優しい印象があるため、飛び込みで話しかけた時に、耳を傾けてもらえる可能性が高いです。 そして、顧客相手側も解決したい悩みを「女性だから話しやすい」と感じるものです。 困っていることや解決したいことを伝えたら「そうなんですね」とやさしく共感してもらえるという期待感もあるかもしれません。 相手の話に耳を傾け、顧客相手の求めていることをヒアリングしている際に、女性ならではの視点で共感力を発揮することで、相手の心も打ち解け、コミュニケーションがスムースにとることができ、契約に結び付けられる可能性があります。 強みを活かしたい!自分にぴったりの仕事とは? 女性の営業力が求められる業種とは? 化粧品や下着など、扱う商材が女性特有の物の場合、女性の営業力は必須となりますし、女性の営業の求人が多い業界というのもあるため、チェックしておきましょう。 また、同じ営業職でも、内勤営業は、女性が多く採用される職種です。求人情報をチェックしてみましょう。 女性の営業職が多い業界 女性の営業職の求人が多い業界の例を紹介します。  人材派遣  保険  化粧品  下着 などです。 扱う商品は化粧品や下着など女性が使う商品の場合は、女性の営業が多いです。ユーザー目線から商品を提案できるため、商品自体に興味がある方であれば、やりがいを感じながら営業できるでしょう。 人材派遣や保険営業といったものは、無形商材とよばれる形のない商材を扱います。 生活や人生に関わるジャンルでもあり、顧客の課題を的確に把握して、顧客のニーズにあった提案をすることがポイントとなります。 例えば保険の営業ならば、「怪我や病気に備えられるような保険に入りたい」というニーズがあるとします。その時「そうですよね、心配ですよね」と共感を示すことによって、どのような病気に備えておきたいかや、女性特有の病気を心配しているという悩みを打ち明けられることもあるかもしれません。 女性の共感力によって、相手顧客とのコミュニケーションをスムースに進められる可能性があります。 人材業界においても、女性ならではの共感力や、話しを良く聞く力、相手に与えるきめ細かな対応で、活躍できるフィールドが多いといえます。 女性の求人が多い内勤営業 内勤営業とは、カウンターセールスとも呼ばれており、店舗でカウンター越しに、来客に対して行う営業のことです。 ユーザーとして、携帯電話ショップや不動産屋さんで、カウンター越しの営業担当にお世話になったことがある方も多いのではないでしょうか。 携帯ショップや、旅行のカウンターショップなどでおなじみのカウンターセールスは、顧客の要望や悩みを伺うことから仕事がはじまります。 女性の営業であれば、「そうなんですね」「わかりますよ」という共感力を発揮することで、相手顧客の要望をしっかり聞きとれる可能性があることと、顧客の立場からも女性の担当だと聞いてもらいやすいということもあり、女性の求人が多い職種です。 カウンターセールスのある業種は  不動産  携帯電話  保険  ブライダル  旅行 などがあります。 また女性の内勤営業は、コロナ渦の影響もあり、インサイドセールス、またはオンライン営業という形で、オンラインツールを使い、離れた場所からインターネット上で顧客に営業活動を行う方法が広がりつつあります。 ZOOMなどのオンライン会議ツールなどで、訪問をしなくとも相手と話せるようになったことから、クラウドサービスや営業支援ツールなどを提案する営業なども多くなっている傾向にあります。 また、本来カウンターセールスで、対応していた内勤営業も、コロナ渦の影響で、オンラインを使って相談を受け付けている企業が圧倒的に多くなりました。 そのような時代的な背景の中、女性の営業担当は、声のトーンも優しく相談しやすいという観点などもあり、需要は増える傾向にあります。 (参照:カウンターセールスとは?仕事内容と求められるスキルを徹底解説!)   営業職は女性が活躍する職種です 営業職は男女問わず転職可能ですが、特に女性に向いている職種の一つと言えます。 なぜなら、営業職にはコミュニケーション能力や人間関係の構築能力が求められますが、女性にはそのスキルが自然に身についている傾向があるからです。 女性はコミュニケーションが得意で、相手の気持ちを察する能力が高いとされています。 これらのスキルは営業職での成功に必要なものであり、女性が営業職に向いている理由の一つとなっています。 また、女性は細かいところまで気配りができるという特徴があります。 顧客とのコミュニケーションの中でニーズを探り出し、細かいニュアンスまで把握できるので、営業成績をあげやすいと言えるでしょう。 もし女性の方で転職を考えている場合は、営業職に挑戦してみることをおすすめします。   女性の営業職の転職ならパスキャリ 「自分は営業職に向いていると思う、やってみたい」と感じたら、まずは最新の求人情報を探してみましょう。 また、女性の営業職の中でも「外回りではなく、内勤営業に興味がある」「オンラインを取り入れている企業の営業職で働いてみたい」ということであれば、最新の求人情報や企業情報を確認する必要があるため、転職エージェントに相談することをおすすめします。 パスキャリは女性に強い転職エージェントです。 女性の営業職の求人は、ご紹介先の企業との関係性が深いため、非公開求人も多数あります。 「オンラインを導入している内勤営業の求人を探したい」という時代背景に沿った希望や、女性ならではの「子どものお迎えがあるので、間に合うような時間帯で働ける職場がいい」といった希望などの相談を聞いてもらえます。 土日祝日もカウンセリング可能で、アドバイザーは全員女性なので、女性の仕事の悩みごとも相談できます。ぜひ登録してみてくださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.17

営業

アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「アパレルから営業に転職したいけど、志望動機になんて書けば良いか悩む…!」 「あまり転職活動をしたことがないから、どうやって志望動機を書けば良いかわからない」 このようなお悩みをお持ちではありませんか? アパレルから営業に転職するときは、「アパレルで培った経験を押さえて志望動機を作成すること」で書類選考の通過率がグッと上がります。そこで今回は、「アパレルから営業に転職する際の志望動機の書き方」と、転職する際に成功しやすくなるための心構えを3つ紹介しましょう。志望動機の例文も合わせてご紹介します。 この記事を最後まで読むことで、アパレルでの経験を志望動機にうまく落とし込むことができます。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) アパレルから営業は転職しやすい アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方 アパレルから営業に転職するには アパレルから営業への転職に成功するための心構え3つ まとめ   アパレルから営業は転職しやすい アパレルから営業は、転職しやすい職種であることをご存知ですか。 どちらも共通して言えるのは、次の3つのステップです。 ・ 新規のお客様をつかまえる ・ お客様と交流し、お客様の求めるものを提案する ・ 再度購入してもらえるようにお客様を繋ぐ アパレルで商品を販売するためには、ただ立っているだけではいけません。「なんか良いものないかな」と訪れたお客様に対して、お客様と交流しながら潜在的なニーズを引き出します。そして、お客様の求める商品を購入していただく。もう一度来店していただけるように、ダイレクトメールやハガキ、メールマガジンなどで繋ぐ…。 この流れは、営業職も一緒です。そのため、アパレル出身の人が営業職に適性があるのはある種当然のことなのです。今までやっていたことを商材と環境を変えてやっているだけのこと。企業がアパレル出身者を営業職として求めることは多いですが、これが理由です。 アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方 それでは早速、アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方を解説しましょう。今回は2通りの例文をご紹介します。その前に、志望動機を書く際のポイントとしては、次の3つ。 1. 嘘は言わないこと 2. その会社で貢献できるポイントを押さえる 3. 自分にしかできないことを伝える まず大前提として、嘘の志望動機は書かないことです。嘘を書いて書類選考を通ったところで、面接の時に見抜かれてしまうととても印象が悪いです。自分の言葉で正直に志望動機を書くことが大切。 そして、その会社で貢献できるポイントを押さえて自分にしかできないことを伝えることです。今までの経験をどうやって活かしていくのか、具体的に伝わるように書きましょう。 続いて、今日から使えるアパレルから営業に転職するための志望動機をご紹介します。 今日から使える志望動機例文① 華やかな印象があり、アパレル出身者と一見親和性が高そうに見える広告業界。どうして広告を選んだのかがポイントです。 ■アパレルから広告の営業に転職する際の志望動機 私は3年間のアパレル販売の経験を経て、広告がもたらす効果をとても強く感じました。広告の打ち出し方で商品の売れ行きも変わり、興味深く感じるとともに、いつしか「自分でも売れる広告作りに携わってみたい」という気持ちに変わりました。 これまでの経歴で広告営業に関する経験はありませんが、接客スキルやお客様のニーズを引き出すコミュニケーションスキルは御社の広告営業でも活かせると考えております。 今日から使える志望動機例文② 未経験でもやる気とポテンシャルを買ってくれる企業が多く、相性が良い不動産営業。意識する点はガッツと売り上げを上げるための工夫です。 ■アパレルから不動産の営業に転職する際の志望動機 私は18歳から6年間アパレルの販売をしており、直近2年間は店長として働いておりました。私が店長になってからはSNSを使ったプロモーションを取り入れたり、イベントを企画するなどして順調に新規のお客様を取り入れ、店舗の毎月売り上げ目標を達成させることができました。 しかし、どんなに自分が頑張って販売しても収入が伸び悩む点に限界を感じ、今回不動産の営業職に転職することを決意しました。 今まで培ったコミュニケーションスキル、傾聴力を活かし、お客様にご満足いただける物件を提案できる営業になります。 どうしても志望動機が不安なら人材紹介がおすすめ 「志望動機がどうしても考えられない…」 「私が今までやってきたことで、どこがアピールポイントになるのかわからない」 このようなお悩みをお持ちの方もいるでしょう。それなら、人材紹介を使うと良いでしょう。 人材紹介は人材を求める企業と求職者をマッチングするサービスですが、求職者として登録する際に専任のアドバイザーがつきます。そのため、人材紹介を通して書類選考や面接に進む際に専門家目線でアドバイスをくれるのです。自分1人で面接対策をして挑むよりも、書類選考も面接も通過率が上がるでしょう。 アパレルから営業に転職したいなら、パスキャリがおすすめ。未経験からでもチャレンジできる営業職の求人を豊富に揃えており、アパレルの経験を活かして転職を成功させることができますよ。 アパレルから営業に転職するには アパレルから営業に転職するには、次の2つの方法があります。 ・ 人材紹介を使う ・ 求人広告から応募する 詳しく解説していきましょう。 人材紹介を使う アパレルから営業に転職するには、人材紹介を使うと効率よく転職活動を進めることができるでしょう。転職経験が無いとなかなか面接に通過することができずに苦労することも多いですが、人材紹介を経由すれば、面接時に伝えきれなかった自身の魅力などもアドバイザーが企業に伝えてくれるのです。特にアパレルから営業に転職する場合、自身の接客スキルなどの棚卸しをするためにも一度人材紹介の面談を受けてみることをおすすめします。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 求人広告から応募する 求人広告から営業職に転職する場合、掲載中の求人広告から応募してみても良いでしょう。『営業 ○○県 求人』などで検索をかければ、該当地域の求人が見つかるはずです。 求人広告から応募する際に注意が必要なのは、企業とのやりとりです。書類選考を通過した場合、面接の設定や面接後のお礼、内定をいただいた際の返信など、全て自分で対応する必要があるのです。 人材紹介を経由すればアドバイザーが担当してくれるところも多いですが、求人広告から応募する場合は全て自分で担当しなければならないので言葉遣いやマナー等注意しましょう。 アパレルから営業への転職に成功するための心構え3つ アパレルから営業へ転職する際に意識したい心構えは次の3つです。 ・ ステップアップを転職理由にする ・ 活かせる共通点を意識する ・ アパレルに向いていなかったら営業も向いていない可能性 それぞれ詳しく解説しましょう。 心構え①ステップアップを転職理由にする アパレルから営業に転職する際の心構えとして一番大切なのは、ステップアップを転職理由にすることです。 ・ 給料が安い ・ 土日休めない・有給が取れない ・ ボーナスがない ・ 人間関係が悪い など、アパレル業の不満を解消するために営業に転職したいのだと採用担当に思われてしまうと、非常にマイナスポイントになります。転職理由は大体不満の解消だとは思いますが、それを感じさせない前向きな理由を志望動機に掲げると転職が成功しやすくなります。 心構え②活かせる共通点を意識する ただ営業に転職したいからでなく、アパレル業で培った『営業でも活かせるであろうスキル』を意識することも大切です。接客業未経験者よりもアパレル業を経験していた人の方がコミュニケーションスキルが高いことが想定されるため、企業側も期待値が高いのです。 心構え③アパレルに向いてなかったら営業も向いていない可能性 営業に転職したい理由が「アパレルに向いていないから」の場合、少し注意が必要です。具体的にどの部分が向いていなかったから営業に転職しようとしたのかを明確にしないと、同じ轍を踏むことになる可能性があるからです。  お客様に合わせるのが疲れた  売り上げを上げられないから辞めたい  ノルマが辛い などの理由が転職理由の場合は、同じ要素が強い営業も向いていない可能性があります。どうして営業職を目指そうと思ったのか、今一度振り返る必要がありそうです。 アパレル職の方向けのおすすめの営業の職種とは? アパレル業界は流行が変わりやすく、常に新しいアイデアやトレンドを求められる厳しい環境です。 また、シーズンごとに新しい商品を生み出すためには、長時間労働や過酷なスケジュールが必要となります。 そういった環境ではストレスや疲れがたまり、転職を考える方も多いのではないでしょうか。 一方で営業職は、人とのコミュニケーションが中心となるため、自分自身のスキルや人間関係を広げることができます。 また、結果に直結する業務であるため、自分の能力を正当に評価されることができるのも魅力のひとつです。 おすすめの営業系職種としては、営業アシスタントやルート営業などが挙げられます。 営業アシスタントは、営業部署のサポート業務を行うため、社内外問わず様々な人と関わることができます。 また、ルート営業は、既存の取引先に訪問し、商品の販売や新規取引の開拓を行うため、コミュニケーション力や交渉力が求められる仕事です。 転職理由としては、アパレル業界とは異なる業界で新しい環境に身を置くことで、自分自身のスキルや経験を広げたいということが挙げられます。 また、自分自身の成長を実感できる職種に挑戦したいという気持ちも大切な転職理由のひとつです。 営業職は、アパレル業界とは異なる魅力がある職種です。自分自身の能力を活かし、新しい環境で挑戦することで、より良いキャリアアップができるかもしれません。 以下の記事ではそんな営業職の紹介に加え、おすすめの他業種を多数紹介しています。 ぜひ自分にぴったりの転職先を探してみてください。 アパレル(接客業)の方の転職理由と転職におすすめの職種とは?   まとめ アパレルから営業に転職する際の志望動機を作成するポイントは次の3つ。 ・ 嘘は言わないこと ・ その会社で貢献できるポイントを押さえる ・ 自分にしかできないことを伝える 今までの経験を踏まえて、次の会社で営業として活かせそうなアピールポイントを伝えると良いでしょう。もしなかなか志望動機が思いつかなかったり、作成した志望動機に自信が持てない場合はパスキャリで履歴書の添削をお願いしてみても良いかもしれません。 転職は動くのは自分ですが、人材紹介のアドバイザーなど第三者を巻き込んだ方が結果的に上手くいくケースも多いものです。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.10

営業

ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの書き方と例文を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
ホテルスタッフから営業職への転職を考えているけど… 自己PRの書き方がわからない。どうしよう…。 このような悩みを解決します。  この記事では、ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方に向けて「自己PRの書き方」をご紹介していきます。 後半部分では「魅力的な自己PRにするためのポイント」や「自己PRの例文」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、ホテルスタッフがアピールできるスキルについて知りたい方は「ホテルスタッフから転職する方法!ホテル業経験者に注目されるスキルとは?」や「自己PRで接客業をアピールするポイントとは|8つの例文あり」をご覧ください。 カンタン30秒無料で転職先を相談したい方へ   【目次】 ホテルスタッフから営業職への転職|そもそも自己PRとは? ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの書き方 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成1】結論 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成2】理由 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4つ 【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】身につけているスキルを書く 【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】実績を書く 【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求めている人物像に合わせる 【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文4選 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文1】ホスピタリティ力をアピールする場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文2】計画性をアピールする場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文3】リーダーシップをアピールする場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文4】英語力をアピールする場合の例文 まとめ カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する ホテルスタッフから営業職への転職|そもそも自己PRとは? はじめに、「自己PR」についてご説明します。 自己PRとは、「自分の良さ」をアピールすること。 具体的には、採用担当者に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。 自己PRでは、自分の魅力をアピールするだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールすると印象が良くなりますよ。 「自己PRの書き方について解説しているサイト」や「自己PRでは何をアピールすればいい?作成の流れを紹介」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒無料で転職先を相談したい方へ   ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの書き方 自己PRを作成する際は、構成が大事。 話の構成がしっかりとしていれば、魅力的な文章になります。 ですので、自己PRを作成する際は“構成”に注意してくださいね。自己PRの基本的な構成については、以下の通りです。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成1】結論 まずは結論から述べましょう。 自己PRは結論ファーストで伝えないと、何を言っているのかわからなくなります。 なお、自己PRでの結論とは「わたしの強みは〇〇です」「わたしは〇〇な人物です」などになります。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成2】理由 理由とは、上述した結論に対する理由です、つまり裏付けとなるものを指します。 「なぜそのような強みがあるのか」「なぜそのような人物なのか」を具体的に述べましょう。 自己PRの理由が具体的だと説得力がアップします。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること 最後に、あなたの強みや人間性を「応募先の企業でどう活かせるのか」を伝えます。 こちらも理由と同じく、具体的に述べてください。 抽象的な言い方はかえって採用担当者の心証を損ねますので、注意しましょう。 自己PRを添削!パスキャリのエージェントに相談する   ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4つ 続きましては、「魅力的な自己PRにするためのポイント」を4つご紹介します。 ぜひ、この内容を参考にして自己PRを作成してくださいね。   【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】身につけているスキルを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント1つ目は『身につけているスキルを書く』です。 スキルは、あなたの強みを大いにアピールできます。ですので、アピールできるスキルがある方は積極的に記載しましょう。 「ホテルスタッフの職務経歴書の書き方」や「ホテルスタッフから異業種への転職について解説しているサイト」でも同様のことを伝えています。 なお、営業職で求められるスキルは「コミュニケーション能力」「ヒアリング力」「トラブル対応力」などになります。   【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】実績を書く 魅力的な自己PRにするためのポイント2つ目は『実績を書く』です。 前の職場での実績は、スキルと同様にあなたの強みをアピールできます。 入社後に活躍できる根拠にもなるので、自己PRには前職での実績を積極的に記載しましょう。 「ホテルスタッフの自己アピールのポイントと例文集」や「自己PRの例文を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求めている人物像に合わせる 魅力的な自己PRにするためのポイント3つ目は『応募先の企業が求めている人物像に合わせる』です。 採用担当者は「優秀な人材だ!」と思っても、企業の雰囲気に合わなければ採用しません。 一方で、企業の雰囲気にマッチする人材であれば、多少スキルが足りなくても採用します。 自己PRを作成する際は応募先の企業が求める人物像を調べ、「マッチする人材であること」をアピールするといいでしょう。 「ホテル業・接客業の面接では自己PRが重要!ポイントや例文を見てみよう」や「【ホテル業界の自己PR例文】評価される3つの書き方」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒無料で転職先を相談したい方へ   【ホテルスタッフから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント4つ目は『入社後のことを書く』です。 自己PRで入社後のことを伝えると効果的、採用担当者に入社意欲を伝えることができます。 ですので、自己PRでは入社した後のことまで伝えましょう。「自己PRの例文を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。   ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文4選 ここでは、「自己PRの例文」を4つご紹介していきます。ぜひ自己PRを作成する際の参考にしてくださいね。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文1】ホスピタリティ力をアピールする場合の例文 ホスピタリティ力が私の強みです。前職はシティホテルに勤務し、フロント業務に3年間、宿泊業務に1年間携わっておりました。 直近まで行っていたフロント業務では、ホテルの顔となる存在であること念頭に置いて、お客様の“表情”や“しぐさ”など、さまざまな要素から心理状態を把握することに努め、スピーディーかつ正確な対応を心掛けておりました。 また、お客様は“自分の話す早さが一番適切な早さ”だと感じている場合が多いので、常に相手の口調を汲み取り、その方に合わせた口調で話すよう心がけておりました。 貴社に入社した後は“ホスピタリティ力”を生かし、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文2】計画性をアピールする場合の例文 私の強みは計画性があるところです。 前職のホテルスタッフでは、フロント業務、宿泊業務、宴会業務など、複数の業務を担当していたことから、常に優先順位を決めてスケジュールを立て、仕事の段取りをしていました。 そのため「スケジュールの遅れ」や「タスクの抜け漏れ」を起こしたことはありません。 貴社でも目標に向けて計画的に行動し、業務に貢献していきたいと考えております。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文3】リーダーシップをアピールする場合の例文 私の強みはリーダーシップがあるところです。 前職のホテルスタッフでは、自分以外のスタッフはすべてアルバイトだったので、自然にリーダーの立場を取ることになりました。 始めは何から手をつけたら良いか分かりませんでしたが、リーダーとして率先して「メンバーの意見を引き出す」など、できることから取り掛かりました。 その結果、売上目標達成に加え、問題が起こった際には必ず相談してもらえる関係性を築くことができました。 貴社に入社後はリーダーシップを発揮し、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【ホテルスタッフから営業職への転職|自己PRの例文4】英語力をアピールする場合の例文 私は高い英語力があると自負しております。 前職は○○ホテルに勤務し、フロント業務に5年間携わっておりました。 フロント業務では、チェックインの手続きや各部屋へのご案内はもちろん、TOEIC900点の実績を活かして外国人のお客様に対する“コンシェルジュ業務”も担っておりました。 そのため、今ではネイティブと区別がつかないと言われるほどに英語が上達しております。 貴社に入社後はこの英語力を活かして、貴社ブランドの海外進出に貢献したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。 カンタン30秒無料で転職先を相談したい方へ まとめ ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒無料で転職先を相談したい方へ

2023.03.08

営業

販売職から営業職への転職|自己PRの書き方やポイントを紹介!

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
販売職から営業職への転職を考えているけど…。 自己PRがまとまらない。何を書けばいいの? このような悩みを解決します。 この記事では、販売職から営業職への転職を考えている方に向けて「自己PRの書き方」をご紹介していきます。後半部分では「魅力的な自己PRにするためのポイント」や「自己PRを書く前の準備」について解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、営業職に転職する際の面接対策については「販売職から営業職への転職|必ず押さえたい面接対策の基本とは?」をご覧ください。 【目次】 販売職から営業職への転職|自己PRってなに? 販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイントとは? 【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント2】入社意欲 【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント3】客観的な根拠はあるか 販売職から営業職への転職|自己PRは構成を意識して作成しましょう 【販売職から営業職への転職|自己PRの構成1】結論 【販売職から営業職への転職|自己PRの構成2】理由 【販売職から営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること 販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイントとは? 【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】営業職で役に立つスキルを書く 【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】実績を書く 【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求める人物像の要素を書く 【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く 販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備とは? 【販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備1】自分の強みを人に聞く 【販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備2】これまでの成功体験を思い返す まとめ     カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   販売職から営業職への転職|自己PRってなに? 自己PRとは、その名の通り“自分の良さ“をアピールすること。具体的には、面接官に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。自己PRでは、自分の魅力をアピールするだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールすると印象が良くなりますよ! カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイントとは? 面接官は自己PRで何を見ているのでしょうか。ここでは、「面接官が自己PRで見ているポイント」を3つご紹介します。自己PRを作成する際は、このポイントを意識してくださいね。   【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 面接官が自己PRで見ているポイント1つ目は『自己分析力』です。自己PRは自分のいいところを伝えていくもの。つまり自己分析が必要になります。そのため、面接官は自己PRを通じて応募者の自己分析力をチェック。「自分を把握できているか」「自分を過大評価していないか」などを確認します。自己分析力が高い人は、ビジネスの場において活躍できる人材だと考えられるため、面接官に好印象を与えることができますよ!   【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント2】入社意欲 面接官が自己PRで見ているポイント2つ目は『入社意欲』です。転職において最も重要なことは入社意欲。「どれだけ熱い想いがあるのか」になります。応募者の中には何社も面接を受けているため、入社意欲が低い人もいます。ですから、面接官は自己PRを通じて、応募者にどれだけ入社意欲があるのかをチェックしているのです。「【例文付き】未経験からの営業転職!自己PR作成のコツと営業未経験者に企業が求めるポイントを紹介」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|面接官が自己PRで見ているポイント3】客観的な根拠はあるか 面接官が自己PRで見ているポイント3つ目は『客観的な根拠はあるか』です。自己PRでは、自分のことをよく見せようとするあまり、大袈裟に話す傾向があります。そのため、面接官は自己PRを聞きつつ、その話に客観的な根拠はあるのかをチェックしています。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|自己PRは構成を意識して作成しましょう 自己PRは構成が大事。話の構成がしっかりとしていれば、魅力的な文章になります。ですので、自己PRを作成する際は“文章構成”に注意してください。自己PRの構成については、以下の通りです。   【販売職から営業職への転職|自己PRの構成1】結論 まずは結論から述べてください。自己PRは結論ファーストで伝えないと、何を言っているのかわからなくなります。なお、自己PRでの結論とは「わたしの強みは〇〇です」「わたしは〇〇な人物です」などになります。   【販売職から営業職への転職|自己PRの構成2】理由 理由とは、上述した結論に対する理由です。つまり裏付けとなるものを指します。「なぜそのような強みがあるのか」「なぜそのような人物なのか」を具体的に述べましょう。自己PRの理由が具体的だと説得力がアップしますよ!「営業職の自己PR例文集!転職に効果的な書き方・伝え方を解説」や「未経験業界・職種に転職する場合の自己PRのポイントと例文」でも同様のことを伝えております。   【販売職から営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること 最後に、あなたの強みや人間性を「応募先の企業でどう活かせるのか」を伝えます。こちらも理由と同じく、具体的に述べてくださいね。抽象的な言い方をすると、かえって面接官の心証を損ねますので、注意しましょう。「自己PRの書き方について解説しているサイト」や「印象に残る自己PRの書き方と面接での伝え方・例文を解説」でも同様のことを伝えております。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイントとは? 続きましては、「魅力的な自己PRにするためのポイント」を4つご紹介します。ぜひ、この内容を参考にして自己PRを作成してくださいね。なお、自己PRの例文を見てイメージを掴みたい方は「【営業の転職】職種別「自己PR」例文・サンプル集 たっぷり解説付き」や「営業職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ」、もしくは「接客業・サービス業・販売職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】営業職で役に立つスキルを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント1つ目は『営業職で役に立つスキルを書く』です。スキルは、あなたの強みを大いにアピールできます。ですので、アピールできるスキルがある方は積極的に記載しましょう。なお、営業職で役に立つスキルは「コミュニケーション力」「課題発見能力」「説明力」などになります。詳しくは「【販売職から営業職に転職するには】営業に活かせるスキル」や「営業の自己PRを詳しく解説!(例文あり)面接や履歴書で営業職で求められること」に記載しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。   【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】実績を書く 魅力的な自己PRにするためのポイント2つ目は『実績を書く』です。販売職での実績はスキルと同じく、あなたの強みをアピールできます。また、入社後に活躍できる根拠にもなります。ですので、自己PRには販売職での実績を記載しましょう。なお、実績をアピールする際には、数字を用いて伝えると効果的ですよ。「営業系の場合の自己PR例文を紹介!転職で有利な書き方は?」や「販売から営業職or事務職にキャリアチェンジするには?」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求める人物像の要素を書く 魅力的な自己PRにするためのポイント3つ目は『応募先の企業が求める人物像の要素を書く』です。面接官は優秀な人材だと思っても、企業の雰囲気に合わなければ採用しません。一方、企業の雰囲気にマッチする人材であれば、多少スキルが足りなくても採用します。ですので、自己PRを作成する際は応募先の企業が求める人物像を調べ、「マッチする人材であること」をアピールするといいでしょう。   【販売職から営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント4つ目は『入社後のことを書く』です。自己PRで入社後のことを伝えると効果的。面接官に入社意欲を伝えることができます。ですので、自己PRでは入社した後のことまで伝えてくださいね。「転職の自己PRで「柔軟性」をアピールするなら?伝え方のコツと例文を紹介」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備とは? ここでは、「自己PRを書く前に準備しておくこと」を2つご紹介します。自分の強みがわからない方は、ぜひこの方法を参考にしてくださいね。   【販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備1】自分の強みを人に聞く 自己PRを書く前に準備しておくこと1つ目は『自分の長所を人に聞く』です。自分一人で強みを考えると、客観性に欠けた内容になる可能性があります。ですので、強みは自分一人で考えず、誰かに聞いてみるといいでしょう。他人に自分の強みを尋ねるのは恥ずかしいと思いますが、自分では気づかない意外な強みを教えてくれるかもしれませんよ。「営業職の自己PR例文!ポイントを押えてオリジナルの自己PRを伝えよう」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|自己PRを書く前の準備2】これまでの成功体験を思い返す 自己PRを書く前に準備しておくこと2つ目は『これまでの成功体験を思い返す』です。自分の強みを探すには、過去の「成功体験」からたどる方法がおすすめです。なぜなら過去の成功体験には、あなたの“強みが潜んでいる可能性“があるからです。また、過去の成功体験から強みをたどると、面接で回答する際に裏付けとして伝えるエピソードも同時に整理できます。ですので、成功体験を思い返して”強みを考える方法“は非常におすすめですよ!「【実例を紹介!】営業職で評価される自己PRとは?」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       まとめ 販売職から営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.08

営業

販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイントとは?

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
面接で転職理由を聞かれたら…。なんて答えればいい? 面接官は、この質問で何を知ろうとしているの? このような疑問にお答えします。 この記事では、販売職から営業職への転職を考えている方に向けて「転職理由を伝える際のポイント」をご紹介していきます。後半部分では「転職理由の例文」や「転職理由を伝える際の注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、営業職に転職する際の面接対策については「販売職から営業職への転職|必ず押さえたい面接対策の基本とは?」や「接客業から営業職への志望動機の例文|履歴書の書き方・転職面接での答え方を解説!」をご覧ください。 【目次】 販売職から営業職への転職|転職理由ってなに? 販売職から営業職への転職|なぜ転職理由を聞くの? 【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的1】短期離職を避けるため 【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的2】活躍できる人材かを判断するため 【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的3】仕事に対する考え方を知るため 販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイントとは? 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント1】ポジティブに話す 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント2】具体的に話す 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント3】簡潔に話す 販売職から営業職への転職|転職理由の例文 【販売職から営業職への転職|転職理由の例文1】残業が多いから転職した場合の例文 【販売職から営業職への転職|転職理由の例文2】歩合制のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点とは? 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点1】例文を丸暗記しないこと 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点2】嘘をつかない 【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点3】愚痴や悪口を言わない まとめ カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)     販売職から営業職への転職|転職理由ってなに? 転職理由とは「なぜ転職をしようと思ったのか?」ということ。「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」を見極めるために行う、最も象徴的な質問が“転職理由”についての質問です。そのため、間違ったことを言うと面接官の心証を損ねる可能性があります。理想の転職を実現するためにも、転職理由をしっかりと考えておきましょう。なお、販売職から営業職に転職するメリットやデメリットについて知りたい方は「【販売職から営業職に転職するには】営業に活かせるスキルや志望動機のコツ」や「【転職】販売職から営業職への転職。5つの注意すべき異業種ギャップ」、もしくは「販売職から営業職への転職をおすすめする理由」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|なぜ転職理由を聞くの? なぜ、面接官は転職理由を聞くのでしょうか。ここでは、面接官が「転職理由を聞く目的」をご紹介します。   【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的1】短期離職を避けるため 面接官が転職理由を聞く目的1つ目は『短期離職を避けるため』です。面接官は転職理由を聞いて「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」を見ています。なぜなら短期離職されてしまうと、企業が採用にかけた費用や時間が無駄になってしまうからです。企業としては、「採用」にかけた費用や時間を無駄にしたくないと考えておりますので、これは当然のことですね。「【営業職の転職理由】面接対策・例文あり|面接官から聞かれるよくある質問」でも同様のことを伝えております。   【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的2】活躍できる人材かを判断するため 面接官が転職理由を聞く目的2つ目は『活躍できる人材かを判断するため』です。たとえば、あなたの転職理由がコミュニケーションの問題だとします。この場合、応募する職種に「コミュニケーション力」が必要だと活躍できません。つまり面接官は転職理由を聞き、自社で活躍できる人材か判断しているのです。もちろん、これは1つの判断要素。最終的な評価は面接全体を通してなされるため、転職理由だけで「活躍できる人材かどうか」を判断されることはないでしょう。   【販売職から営業職への転職|転職理由を聞く目的3】仕事に対する考え方を知るため 面接官が転職理由を聞く目的3つ目は『仕事に対する考え方を知るため』です。面接官は転職理由を通して、あなたが「仕事に対してどう考え」「どのようなことを大切にしているのか」を見ています。企業には、独自の「ミッション」や「経営理念」がありますので、考え方が違うと離職する可能性が高いです。そのため転職理由から「あなたの仕事観」を把握し、マッチするかを確かめているのです。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイントとは? 続きましては、「転職理由を伝える際のポイント」をご紹介します。転職理由は以下のポイントを意識して伝えましょう。なお、営業職への転職を成功させるポイントについて知りたい方は「販売職から営業職へ転職を成功させるコツを解説」や「販売から営業職or事務職にキャリアチェンジするには?」、もしくは「販売職から他職種への転職成功のポイントを徹底解説」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント1】ポジティブに話す 営業職の面接で転職理由を伝える際のポイント1つ目は『ポジティブに話す』です。転職理由には、少なからず「ネガティブな理由」が含まれております。ですので、転職理由は伝え方を工夫して、ポジティブに伝えましょう。それだけで、転職理由の印象が大きく変わりますよ。「好印象を与える営業職の転職理由と例文を徹底解説!成功するためのポイントまで紹介」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント2】具体的に話す 営業職の面接で転職理由を伝える際のポイント2つ目は『具体的に話す』です。転職理由を言いたくないからといって、はっきりとした回答をしないのはいけません。曖昧に質問をかわそうとしても面接官の心証を損ねるだけです。転職理由を聞かれた際は具体的に伝えましょう。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント3】簡潔に話す 営業職の面接で転職理由を伝える際のポイント3つ目は『簡潔に話す』です。自分のことを良く見せたいからといって、転職理由をダラダラと話すのはNG。面接官に「何かごまかしているのでは?」と勘違いされる恐れがあります。細かく説明したい気持ちはわかりますが、転職理由を伝える際はあくまで簡潔に。かつ、具体的に説明してくださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|転職理由の例文 続きましては、「転職理由の例文」をご紹介します。ぜひ転職理由を作成する際の参考にしてくださいね。なお、営業職の志望動機について知りたい方は「営業への転職!志望動機の書き方やポイントとは?【例文あり】」や「営業職の志望動機|転職成功に繋がる!志望動機の書き方」、もしくは「アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|転職理由の例文1】残業が多いから転職した場合の例文 前職では、「残業するのが当たり前」という社風だったので、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。そのため、月平均で○○時間以上の残業が常態化していました。残業をすること自体は否定しませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと考え、転職を決意した次第です。貴社では、業務効率化のために積極的な取り組みを行っていると、ホームページで拝見しております。貴社に入社後は販売職で培った「提案力」と「コミュニケーション能力」を生かし、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【販売職から営業職への転職|転職理由の例文2】歩合制のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 実力主義の会社に転職し、営業として思う存分、力を発揮したいと考え転職を決意しました。現職の販売スタッフでは、2年連続で個人売上1位を達成しておりますが、お給料は入社時とほとんど変わらず、月収○○万円程度に留まっています。何度か上司に給与交渉を行いましたが、歩合制を導入していないため、給与アップは難しいとの回答をいただきました。そのため転職を決意した次第です。貴社では、明確な基準に基づく「歩合制」を導入していると、ホームページで拝見しております。貴社の営業職として、お客様一人ひとりに寄り添った提案を行い、「営業成績No.1」を目指したいと考えております。 ※転職理由の例文について詳しく知りたい方は「【営業の転職】本音はあり?受かる!「転職理由」「志望動機」例文集」や「面接で転職理由(退職理由)を質問されたときの正しい答え方と回答例文」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点とは? ここでは、「転職理由を伝える際の注意点」をご紹介します。転職理由を伝える際は、以下のポイントに注意してくださいね。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点1】例文を丸暗記しないこと 営業職の面接で転職理由を伝える際の注意点1つ目は『例文を丸暗記しないこと』です。転職理由が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸暗記するのはNG。面接官は何人もの転職理由を聞いているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸暗記して言うことは、やめておきましょう。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点2】嘘をつかない 営業職の面接で転職理由を伝える際の注意点2つ目は『嘘をつかない』です。転職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。バレないと思っても入社後にバレる可能性があります。転職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。   【販売職から営業職への転職|転職理由を伝える際の注意点3】愚痴や悪口を言わない 営業職の面接で転職理由を伝える際の注意点3つ目は『愚痴や悪口を言わない』です。転職理由で愚痴や悪口を言うことはNG。たとえ相手が悪くても面接官には関係ありません。「愚痴や悪口を言う人」は面接官に悪い印象を与えるだけです。転職理由では「愚痴や悪口」を言わないようにしましょう。「営業職の転職理由の考え方・伝え方を例文付きで徹底解説!」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       まとめ 販売職から営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.08

営業

販売職から営業職への転職|必ず押さえたい面接対策の基本とは?

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
販売職から営業職への転職|必ず押さえたい面接対策の基本とは? 販売職から営業職への転職では…。 どのような面接対策をすればいい? このような疑問にお答えします。 この記事では、販売職から営業職への転職を考えている方に向けて「面接対策の基本」をご紹介していきます。後半部分では「面接で聞かれる定番の質問」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、営業職の仕事内容について知りたい方は「未経験から営業職になりたい!転職を成功に導く5つの手順」をご覧ください。 【目次】 販売職から営業職への転職|面接前から対策しましょう! 販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策6選 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策1】言葉遣いに気をつける 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策2】身だしなみを整える 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策3】表情を明るくする 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策4】志望動機を2パターン用意する 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策5】履歴書に書いた内容を把握しておく 【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策6】定番の質問を把握しておく 販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問6選 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問1】自己紹介をお願いします 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問2】なぜ当社に応募したのですか 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問3】営業職の役割は何だと思いますか 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問4】仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問5】給与はどれくらいを期待していますか 【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問6】何か質問はありますか まとめ カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)     販売職から営業職への転職|面接前から対策しましょう! 面接は質疑応答での評価だけが“採用基準”ではありません。面接中のマナーや回答以外に、受付でのマナーも評価対象となっています。ですので、営業職の面接に臨む際は受付の対応から注意してください。なお、受付で見られるポイントは以下の通りです。 <販売職から営業職への転職|受付で見られるポイント> ・面接の時間を守れているのか? ・近くにいる社員に対して挨拶をしていたか? ・訪問の趣旨、担当者の名前をきちんと言えているか? ・メイクや髪の乱れなど、身だしなみは大丈夫か? ・携帯電話の電源をOFFにしていたのか? ・面接の帰り際にお礼を言えていたか? カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策6選 ここからは、「営業職の面接に受かるための対策」を6つご紹介します。なお、営業職に必要なスキルについて知りたい方は「販売職から営業職へ転職を成功させるコツを解説!転職に必要なスキルは?」や「販売職から他職種への転職成功のポイントを徹底解説」、もしくは「「30歳手前、販売・サービス職」から営業職に未経験転職できる人とできない人の“決定的な差”」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策1】言葉遣いに気をつける 営業職の面接に受かるための対策1つ目は『言葉遣いに気をつける』です。面接官は、「面接での話し方は取引先とのやり取りに直結する」と考えております。ですので、転職面接に臨む際は、丁寧な言葉遣いを心掛けてください。なお、余裕のある方は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」を使い分けられるようにしておくことをおすすめします。そうすれば、転職面接だけでなく、入社後にも役立ちますよ!   【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策2】身だしなみを整える 営業職の面接に受かるための対策2つ目は『身だしなみを整える』です。営業職は第一印象が大事。誰が見ても清潔感があり、違和感のない見た目であることが求められます。そのため、面接では「服装に乱れはないか」「爪は伸びすぎていないか」など、身だしなみを厳しくチェックされます。面接官の心証を損ねないためにも、転職面接に臨む際はしっかりと身だしなみを整えておきましょう。   【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策3】表情を明るくする 営業職の面接に受かるための対策3つ目は『表情を明るくする』です。面接官が皆さんと会った時、最初に目がいくのは表情です。そのため、うまく自己紹介をしても表情が暗ければ面接官に良い印象を与えることはできません。面接では緊張して怖い顔になりがちなので、十分に注意してくださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)     【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策4】志望動機を2パターン用意する 営業職の面接に受かるための対策4つ目は『志望動機を2パターン用意する』です。面接では「1分程度でお願いします」など、志望動機の時間を指定される場合があります。このとき短いバージョンの志望動機を用意していないと大変。動揺して混乱すると思います。ですので、転職面接に臨む際は「短いバージョン」「長いバージョン」の2パターンの志望動機を用意しておきましょう。なお、営業職の志望動機については「【販売職から営業職に転職するには】営業に活かせるスキルや志望動機のコツ」や「接客業から営業職への志望動機の例文|履歴書の書き方・転職面接での答え方を解説!」、もしくは「アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策5】履歴書に書いた内容を把握しておく 営業職の面接に受かるための対策5つ目は『履歴書に書いた内容を把握しておく』です。一般的に面接官は、あなたの作成した履歴書を見ながら面接を進めます。ですので、履歴書に書いてある内容と話している内容に矛盾があるのはいけません。面接に臨む際は再度「履歴書の内容」を確認しておきましょう。   【販売職から営業職への転職|面接に受かるための対策6】定番の質問を把握しておく 営業職の面接に受かるための対策6つ目は『定番の質問を把握しておく』です。営業職の面接では、よく聞かれる質問があります。そのため転職面接では、どんな質問をされるかを想定して、あらかじめ答えを考えておくことが大切です。定番の質問を把握しておくと余裕をもって面接に臨めますので、事前に把握しておきましょう。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問6選 続きましては、営業職の面接で「よく聞かれる質問」と「回答のポイント」をご紹介していきます。転職面接に臨む際は、この内容を参考にしてくださいね。   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問1】自己紹介をお願いします 営業職の面接でよく聞かれる質問1つ目は『自己紹介をお願いします』です。自己紹介は面接の冒頭に必ずされる質問。面接官は自己紹介を通して、あなたの「人柄」「身だしなみ」「言葉遣い」などをチェックします。ですので、自己紹介をするときは明るく、大きな声で話すことを意識してください。なお、自己紹介の回答ポイントは端的に語ること。自己紹介は1〜2分でまとめましょう。自己紹介について詳しく知りたい方は「【面接対策】印象が良くなる自己紹介を徹底解説!職業別の例文やNG例も紹介!」をご覧ください。   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問2】なぜ当社に応募したのですか 営業職の面接でよく聞かれる質問2つ目は『なぜ当社に応募したのですか』です。この質問は、いわゆる志望動機。面接官は、この質問を通して「自社に対する本気度」と「長く働いてくれそうか」を確かめようとしております。そのため、この質問では「なぜ応募先の会社を選んだのか」をしっかりと伝えることが大事。これさえうまく言えれば、「とりあえず応募した」とは思われませんよ。志望動機は具体的に伝えることを意識しましょう。「販売職から営業職へチャレンジ!活躍イメージを企業に伝え成功」や「営業職の志望動機|転職成功に繋がる!志望動機の書き方 ※例文あり」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問3】営業職の役割は何だと思いますか 営業職の面接でよく聞かれる質問3つ目は『営業職の役割は何だと思いますか』です。面接官はこの質問を通して二つのことを確認しています。一つは「営業という仕事について理解しているのか」という点。もう一つは「当社の営業職を理解した上で応募してきたのか」という点です。この質問の回答ポイントは、面接官に共感してもらえるような理由にすること。「確かに営業職でないといけない…」と共感してもらえるようにまとめなければ、面接官は納得しません。営業職を志望した理由を伝える際は、実際のエピソードを交えつつ具体的に説明しましょう。「販売職から異業種への転職について解説しているサイト」や「販売職から転職成功!難しい・厳しい状況を打破した6つの手段」でも同様のことを伝えています。   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問4】仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか 営業職の面接でよく聞かれる質問4つ目は『仕事に関する指示が不十分だった場合はどう対応しますか』です。この質問は、いわゆる対応力の確認。面接官はこの質問を通して「明確な指示が与えられていない難しい状況で、どう対応するのか」ということを判断しています。この質問に答えるポイントは、主体性を伝えること。与えられた課題について自分で調査し、また必要であれば“説明を求める能力”があることを述べてください。主体性がある方は、仕事において必要な業務を見つけ出し、工夫を凝らして取り組めます。そのため、面接官に好印象を与えることができますよ!   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問5】給与はどれくらいを期待していますか 営業職の面接でよく聞かれる質問5つ目は『給与はどれくらいを期待していますか』です。面接官はこの質問を通して二つのことを知ろうとします。一つは「給与額の目安にする目的」。もう1つは「あなたの価値観や自己評価を知る目的」です。この質問の回答ポイントは、無理なお願いをしないこと。あくまで応募先企業の提示額に準拠するという態度で臨み、給与額に交渉の余地があれば慎重に交渉しましょう。   【販売職から営業職への転職|面接対策~定番の質問6】何か質問はありますか 営業職の面接でよく聞かれる質問6つ目は『何か質問はありますか』です。この質問はいわゆる逆質問。(逆質問とはあなたが面接官にする質問です)一般的には面接の終盤に「最後に質問はありますか?」という感じで聞かれます。逆質問は他の質問と比べて自由度が高い質問。うまく答えれば、自分をアピールできる絶好のチャンスになります。ですので、最低でも2~3個は逆質問を用意していきましょう。「【営業職】面接対策|よくある質問と回答例(自己紹介・転職理由など)」でも同様のことを伝えています ※営業職の面接でよく聞かれる質問について詳しく知りたい方は「【営業職の転職理由】面接対策・例文あり|面接官から聞かれるよくある質問」や「面接で転職理由(退職理由)を質問されたときの正しい答え方と回答例文」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       まとめ 販売職から営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.03.08

営業

アパレルから営業職への転職|自己PRの書き方と具体例を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
アパレルから営業職への転職を考えているけど…。 自己PRの書き方がわからない。どうしよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、アパレルから営業職への転職を考えている方に向けて「自己PRの書き方」をご紹介していきます。 後半部分では「魅力的な自己PRにするためのポイント」や「自己PRの例文」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、志望動機の書き方について知りたい方は「アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   【目次】 アパレルから営業職への転職|自己PRとは? アパレルから営業職への転職|自己PRの書き方 【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成1】結論 【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成2】理由 【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4つ 【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】実績を書く 【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】身につけているスキルを書く 【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求めている人物像に合わせる 【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く アパレルから営業職への転職|自己PRの例文4選 【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文1】提案力をアピールする場合の例文 【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文2】ヒアリング力をアピールする場合の例文 【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文3】営業実績をアピールする場合の例文 【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文4】リーダーシップをアピールする場合の例文 まとめ   アパレルから営業職への転職|自己PRとは? まずは、自己PRについてご説明します。 自己PRとは、「自分の良さ」をアピールすること。 具体的には、採用担当者に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。 自己PRでは、自分の魅力をアピールするだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールすると印象が良くなりますよ。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   アパレルから営業職への転職|自己PRの書き方 自己PRを作成する際は、構成が大事。 話の構成がしっかりとしていれば、魅力的な文章になります。 ですので、自己PRを作成する際は“構成”に注意してくださいね。 自己PRの基本的な構成については、以下の通りです。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成1】結論 まずは結論から述べましょう。自己PRは結論ファーストで伝えないと、何を言っているのかわからなくなりますよ。なお、自己PRでの結論とは「わたしの強みは〇〇です」「わたしは〇〇な人物です」などになります。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成2】理由 理由とは、上述した結論に対する理由です。 つまり裏付けとなるものを指します。 「なぜそのような強みがあるのか」「なぜそのような人物なのか」を具体的に述べましょう。 自己PRの理由が具体的だと説得力がアップしますよ。 「アパレルから異業種への転職。自己PRや志望動機はどう書くべき?」や「超実例!アパレルショップ店員がキャリアチェンジするときの自己PR」でも同様のことを伝えています。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの構成3】応募先の企業で活かせること 最後に、あなたの強みや人間性を「応募先の企業でどう活かせるのか」を伝えます。 こちらも理由と同じく、具体的に述べてくださいね。 抽象的な言い方をすると、かえって採用担当者の心証を損ねますので、注意しましょう。 「【例文あり】アパレル転職での自己PRの書き方と具体例」や「【アパレル経験者の自己PR例文】評価される3つの書き方とは」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4つ 続きましては、「魅力的な自己PRにするためのポイント」を4つご紹介します。 ぜひ、この内容を参考にして自己PRを作成してくださいね。 なお、営業職の種類について知りたい方は「アパレルから転職攻略法!プロが教えるおすすめの職種や選考対策!」をご覧ください。   【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント1】実績を書く 魅力的な自己PRにするためのポイント1つ目は『実績を書く』です。 前の職場での実績は、スキルと同様にあなたの強みをアピールできます。 また、入社後に活躍できる根拠にもなります。 ですので、自己PRには前の職場での実績を記載しましょう。「アパレルから事務職に転職するには?志望動機・自己PRのポイントを例文つきで解説!」や「アパレル系接客・販売経験者の場合の自己PR書き方」、もしくは「販売から営業職or事務職にキャリアチェンジするには?」でも同様のことを伝えています。   【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント2】身につけているスキルを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント2つ目は『身につけているスキルを書く』です。 スキルは、あなたの強みを大いにアピールできます。 ですので、アピールできるスキルがある方は積極的に記載しましょう。 「営業系の場合の自己PR例文を紹介!転職で有利な書き方は?」や「接客業・サービス業・販売職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ」でも同様のことを伝えています。 なお、営業職で求められるスキルは「コミュニケーション能力」「ヒアリング力」「トラブル対応力」などになりますよ。   【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント3】応募先の企業が求めている人物像に合わせる 魅力的な自己PRにするためのポイント3つ目は『応募先の企業が求めている人物像に合わせる』です。 採用担当者は「優秀な人材だ!」と思っても、企業の雰囲気に合わなければ採用しません。 一方で、企業の雰囲気にマッチする人材であれば、多少スキルが足りなくても採用します。 ですので、自己PRを作成する際は応募先の企業が求める人物像を調べ、「マッチする人材であること」をアピールするといいでしょう。 「アパレルから異業種への転職|成功例から学ぶ職務経歴書の書き方」でも同様のことを伝えています。   【アパレルから営業職への転職|魅力的な自己PRにするためのポイント4】入社後のことを書く 魅力的な自己PRにするためのポイント4つ目は『入社後のことを書く』です。 自己PRで入社後のことを伝えると効果的。 採用担当者に入社意欲を伝えることができます。 ですので、自己PRでは入社した後のことまで伝えましょう。 「アパレルから事務への転職!受かる自己PRの書き方教えます」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   アパレルから営業職への転職|自己PRの例文4選 ここでは、「自己PRの例文」を4つご紹介していきます。 ぜひ自己PRを作成する際の参考にしてくださいね。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文1】提案力をアピールする場合の例文 私の強みは提案力です。 前職では、5年間アパレル販売スタッフとして従事しておりました。 お客様へのご提案の幅を広げるために、「洋服の素材」や「最新トレンド」について自ら学び接客に活用していました。 その結果、お客様に喜んでもらえる機会が増え、10ヶ月間連続で月間売上1位を取ることができました。 貴社に入社後はアパレル販売で培った提案力を活かして、貢献していきたいと考えております。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文2】ヒアリング力をアピールする場合の例文 私の強みはお客様の意見に耳を傾け、ベストな案を提案できるところです。 前職のアパレル販売スタッフでは、お客様が求めている商品だけでなく、「素材へのこだわり」や「色の好み」など細かなヒアリングを徹底していました。 そして求めている商品に加えて、お好みに合う商品を必ずご提案していました。 その甲斐あってか、直近1年では店舗売上を20%アップさせることに成功した次第です。 貴社に入社後はヒアリング力を生かし、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文3】営業実績をアピールする場合の例文 私の強みは営業力です。 前職のアパレル販売スタッフでは、常にお客様の“動き”や“視線”を観察し、「何かお探しですか?」ではなく「○○でしたらこちらの棚に人気のものがありますよ!」など具体的なファーストアプローチをすることで、購入意欲の高いお客様を逃さないようにしていました。 その結果、昨年は「月間販売成績」と「年間販売成績」が1位になり、大きく売上に貢献いたしました。 貴社に入社後はアパレル販売スタッフで培った営業力を活かして、貢献していきたいと考えております。   【アパレルから営業職への転職|自己PRの例文4】リーダーシップをアピールする場合の例文 私の強みはリーダーシップがあるところです。 前職のアパレル販売では、自分以外のスタッフはすべてアルバイトだったので、自然にリーダーの立場を取ることになりました。 始めは何から手をつけたら良いか分かりませんでしたが、リーダーとして率先して「メンバーの意見を引き出す」など、できることから取り掛かりました。 その結果、売上目標達成に加え、問題が起こった際には必ず相談してもらえる関係性を築くことができました。 貴社に入社後はリーダーシップを発揮し、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   まとめ アパレルから営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。   なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。   カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

営業

アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイントと例文を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
面接で転職理由を聞かれたら…。なんて答えればいいの? ありのまま伝えてもいい? このような悩みを解決します。 この記事では、アパレルから営業職への転職を考えている方に向けて「転職理由を伝える際のポイント」をご紹介していきます。 後半部分では「転職理由の例文」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、志望動機の書き方について知りたい方は「アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え」や「アパレルから営業に転職するまでのすべて【志望動機・面接・転職理由】」、もしくは「営業職の志望動機|転職成功に繋がる!志望動機の書き方 ※例文あり」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する 【目次】 アパレルから営業職への転職|転職理由とは? アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的とは? 【アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的1】仕事観を確認するため 【アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント4つ 【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント1】行動や努力を伝える 【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント2】ポジティブに話す 【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント3】転職理由と志望動機に一貫性を持たせる 【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント4】余計なことは話さない アパレルから営業職への転職|転職理由の例文4選 【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文1】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文2】職場環境に不満があって転職する場合の例文 【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文3】歩合制のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文4】仕事量が多いから転職した場合の例文 まとめ     アパレルから営業職への転職|転職理由とは? はじめに、転職理由についてご説明します。 転職理由とは「なぜ転職をしようと思ったのか?」ということ。 「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」を見極めるために行う、最も象徴的な質問が“転職理由”についての質問です。 そのため、間違ったことを言うと採用担当者の心証を損ねる可能性があります。 理想の転職を実現するためにも、転職理由をしっかりと考えておきましょう。     アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的とは? なぜ、採用担当者は転職理由を聞くのでしょうか。 ここでは、採用担当者が「転職理由を聞く目的」をご紹介します。 なお、営業職の種類について知りたい方は「アパレルから転職攻略法!プロが教えるおすすめの職種や選考対策!」や「アパレル販売員から営業マンへ転職したら将来が明るくなった話」、もしくは「営業への転職!志望動機の書き方やポイントとは?【例文あり】」をご覧ください。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的1】仕事観を確認するため 採用担当者が転職理由を聞く目的1つ目は『仕事観を確認するため』です。 採用担当者は転職理由を通して、あなたが「仕事に対してどう考え」「どのようなことを大切にしているのか」を見ています。 企業には、独自の「ミッション」や「経営理念」がありますので、考え方が違うと離職する可能性が高いです。 そのため転職理由から「あなたの仕事観」を把握し、マッチするかを確かめているのです。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため 採用担当者が転職理由を聞く目的2つ目は『短期離職を避けるため』です。 採用担当者は転職理由を聞いて「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」を見ています。 企業としては、「採用」や「育成」にかけた時間を無駄にしたくないと考えておりますので、当然のことですね。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント4つ ここでは、「転職理由を伝える際のポイント」を4つご紹介します。 転職理由を伝える際は、以下のポイントを意識してくださいね。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント1】行動や努力を伝える 転職理由を伝える際のポイント1つ目は『行動や努力を伝える』です。 転職理由とは「前職で何かしらの希望が叶わなかったこと」を意味します。 なので「その叶わない希望に対して、どう向き合ったのか」が重要。 自分の不満に対して具体的な努力や行動をした人は「改善のために行動できる人」だと思ってもらえる可能性がありますので、積極的に伝えましょう。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント2】ポジティブに話す 転職理由を伝える際のポイント2つ目は『ポジティブに話す』です。 転職理由の多くは、「ネガティブな理由」が含まれております。 ですので、転職理由は伝え方を工夫して、ポジティブに伝えましょう。 それだけで、転職理由の印象が大きく変わりますよ。 「アパレルから転職は成功しやすい?おすすめの転職先や内定率を上げる方法」でも同様のことを伝えています。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント3】転職理由と志望動機に一貫性を持たせる 転職理由を伝える際のポイント3つ目は『転職理由と志望動機に一貫性を持たせる』です。 転職理由と志望動機に“一貫性”を持たせると説得力が上がります。 一方で、転職理由と志望動機に矛盾があったり、違和感があったりすると、「条件面だけで選んでいるのかな」と企業側は不安になってしまいます。 ですので、転職理由を考える際には、志望動機とのつながりを考慮してください。   【アパレルから営業職への転職|転職理由を伝える際のポイント4】余計なことは話さない 転職理由を伝える際のポイント4つ目は『余計なことは話さない』です。 嘘の転職理由を伝えることはいけません。 しかし言わないことは大丈夫です。決して悪いことではありません。 もちろん、聞かれた際には答える必要がありますが、そうでない限り余計なことは言わないほうがいいでしょう。 余計なことを言うと、面接官の心証を損ねる可能性がありますので、ご注意くださいね。 「アパレルからの退職理由の伝え方とは?」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   アパレルから営業職への転職|転職理由の例文4選 続きましては、「転職理由の例文」を4つご紹介していきます。 ぜひ転職理由を作成する際の参考にしてくださいね。 なお、アパレル販売員の経験が活かせるスキルについて知りたい方は「【アパレル販売員から異業種・異職種への転職理由ランキング】」や「【販売職から営業職に転職するには】営業に活かせるスキルや志望動機のコツ」、もしくは「アパレルから転職するには?転職を成功させる転職先と面接対策」をご覧ください。   【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文1】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 今より安定した働き方をしたいと考え、転職を決意しました。 現在、セレクトショップで派遣社員として働いています。私が勤めるセレクトショップには“正社員登用制度”がないため、どれだけ成果を上げても正規雇用になることはありません。 そのため、正社員を目指すのであれば転職するしかないという結論に至りました。 貴社に入社後は販売職で培った「提案力」と「コミュニケーション能力」を生かし、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文2】職場環境に不満があって転職する場合の例文 風通しの良い環境で働きたいと思い、転職を決意しました。 前職のアパレルショップでは、チームではなく個人の成果を重視している職場でした。 そして、できない人に対して突き放すような、厳しい態度を取る職員が多く、相談やコミュニケーションによって解決していこうという姿勢はありませんでした。 私は周りのスタッフと連携を取りながら仕事を進めたいと考えておりますので、「チームワーク」を大切にしている貴社を志望した次第です。 貴社に入社後は、真心を込めてお客様にプラン提案できる営業職になるため、努力していきたいと考えております。   【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文3】歩合制のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 実力主義の会社に転職し、営業として思う存分、力を発揮したいと考え転職を決意しました。 現職のアパレル販売員では、2年連続で個人売上1位を達成しておりますが、お給料は入社時とほとんど変わらず、月収20万円程度に留まっています。 一度、上司に給与交渉を行いましたが、歩合制を導入していないため、給与アップは難しいとの回答をいただきました。 そのため転職を決意した次第です。 貴社では、明確な基準に基づく「歩合制」を導入していると、ホームページで拝見しております。 貴社の営業職として、お客様一人ひとりに寄り添った提案を行い、「営業成績No.1」を目指したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。   【アパレルから営業職への転職|転職理由の例文4】仕事量が多いから転職した場合の例文 前職のアパレルショップでは、「残業するのが当たり前」という社風だったので、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。 そのため、月平均で80時間以上の残業が常態化していました。 残業をすること自体は否定しませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと考え、転職を決意した次第です。 貴社では、業務効率化のために積極的な取り組みを行っていると、ホームページで拝見しております。 貴社に入社後はアパレル販売員で培った「提案力」と「コミュニケーション能力」を生かし、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   まとめ アパレルから営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。   なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。   カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

営業

ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の書き方と具体例を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
ホテルスタッフから営業職への転職を考えているけど…。 志望動機の書き方がわからない。どうしよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方に向けて「志望動機の書き方」をご紹介していきます。 後半部分では「志望動機を書くときのポイント」や「志望動機の例文」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、ホテルスタッフがアピールできるスキルについて知りたい方は「ホテルスタッフから転職する方法!ホテル業経験者に注目されるスキルとは?」や「ホテルスタッフからの転職を成功させるポイント」、もしくは「ホテル業からの転職は有利!ホテルスタッフのアピールポイントとは?」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   【目次】 ホテルスタッフから営業への転職|志望動機とは? ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の書き方 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成1】結論から書く 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成2】具体的なエピソードを書く 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成3】入社後に実現したいことを書く ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント3つ 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント1】志望理由を具体的に書く 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント2】どう貢献できるかを書く 【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント3】自分なりの経験談を盛り込む ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文4選 【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文1】食品業界の営業職を目指す場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文2】不動産業界の営業職を目指す場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文3】医療機器業界の営業職を目指す場合の例文 【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文4】自動車業界の営業職を目指す場合の例文 まとめ     ホテルスタッフから営業への転職|志望動機とは? まずは、志望動機について解説します。 志望動機とは、応募先の企業で「なぜ働きたいのか」を伝えることです。 採用担当者は応募者から志望動機を聞き、確認することによって「自社への理解度」や「入社意欲の高さ」を見ようとしています。 ですので、志望動機で大切なことは、「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうかです。 転職する際は、このポイントを意識して志望動機を作成しましょう。     ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の書き方 志望動機を書く際は、構成が大事。 志望動機の構成がしっかりとしていれば、魅力的な文章になります。 ですので、志望動機を作成する際は構成に注意して作成しましょう。 志望動機の基本的な構成については、以下の通りです。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成1】結論から書く まずは結論から述べてください。 結論ファーストは物事をわかりやすく伝えるための技法。 結論から先に書くことで論理的に要点を伝えることができます。 ですので、志望動機を作成する際は結論から書きましょう。 「志望動機の例文を紹介しているサイト」や「志望動機の書き方を紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成2】具体的なエピソードを書く 結論を述べた後は、根拠となる具体的なエピソードを挙げていきます。 具体的なエピソードを伝えると“志望動機の説得力”がアップしますので、結論を述べたら「なぜその企業を志望するのか」が伝わるエピソードを述べましょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機の構成3】入社後に実現したいことを書く 最後に入社後の目標を述べることで、採用担当者に熱意を伝えることができます。 そのため、とても印象の良い志望動機になりますよ。 志望動機を作成する際は、最後に「自分が何を達成したいのか」「どのように貢献したいのか」を必ず伝えましょう。 なお、何も思いつかない場合は、意気込みだけでも大丈夫ですよ! カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント3つ 志望動機は、「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらえるような内容にすることが大切です。 ここでは、「志望動機を作成する際に押さえておくべきポイント」を3つご紹介します。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント1】志望理由を具体的に書く 志望動機を書くときのポイント1つ目は『志望理由を具体的に書く』です。 当たり前のことですが、応募先企業を選んだ理由は明確でなければいけません。 たとえば、「経営理念に共感した」という理由だけでは、どの企業でも使えるようなワードと捉えられてしまうためNG。 あなたならではの思いがまったく伝わらない上、「きちんと企業の下調べをしていないの?」と疑問を持たれてしまいます。 採用担当者の心証を損ねないためにも、企業を志望した理由は具体的に書きましょう。 「営業職の志望動機の書き方を紹介しているサイト」や「例文18選|営業職の志望動機で採用担当者を惹きつけるコツ」でも同様のことを伝えています。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント2】どう貢献できるかを書く 志望動機を書くときのポイント2つ目は『どう貢献できるかを書く』です。 志望動機では「なぜ働きたいか」だけでなく「この人を採用して企業にどのようなメリットがあるのか」が分かることも重要です。 そのため、志望動機を作成する際は「提案力を活かして売上に貢献できる」「ITスキルを活かして業務を効率化できる」など、企業にどう貢献できるかまで書きましょう。 「ホテルスタッフから営業への転職について紹介しているサイト」や「営業への転職!志望動機の書き方やポイントとは?【例文あり】」でも同様のことを伝えています。   【ホテルスタッフから営業への転職|志望動機を書くときのポイント3】自分なりの経験談を盛り込む 志望動機を書くときのポイント3つ目は『自分なりの経験談を盛り込む』です。 志望する企業の良いと思った点は、どうしても他の志望者と似通った内容になりがち。 そのため、志望動機には「あなたならではの経験談」を入れるといいでしょう。 自分なりの経験談を盛り込むと「オリジナリティのある志望動機」になり、採用担当者の印象に残りやすくなりますよ。 「ホテルスタッフから営業への転職について紹介しているサイト」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文4選 ここでは、「志望動機の例文」を4つご紹介していきます。 ぜひ志望動機を作成する際の参考にしてくださいね。 なお、ホテルマンからの転職で市場価値を上げる方法について知りたい方は「ホテルマンからの転職で市場価値を上げる唯一の方法を教えます!」や「ホテル業界から未経験の仕事へ転職する方法とは?」をご覧ください。   【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文1】食品業界の営業職を目指す場合の例文 食品の販売を通して、多くの家庭を笑顔にしたいと思い貴社を志望しました。 私は学生時代、「こども食堂の支援ボランティア」をしていました。 そのなかで、沢山の子供たちの笑顔を目にし、「食が笑顔を作るんだ」と実感しました。 そして、いつしか食品に関わる仕事がしたいと思うようになりました。 貴社に入社後は食品の提案営業を通して「暮らしを支える」というメッセージのもと、笑顔ある社会を共につくるために尽力したいと考えています。   【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文2】不動産業界の営業職を目指す場合の例文 住宅の提供を通じて、より多くの人の豊かな生活を実現したいと思い、貴社を志望しました。 私は貴社が都市開発を行った○○区に住んでいます。 都市開発によって、より一段と住みやすくなりましたし、とても便利にもなりました。 そのため都市開発によって多くの人に利益が生まれ、経済も活性化すると考えています。 貴社に入社後は不動産営業として、一日でも早く活躍し、より多くの人の生活を支えていきたいと考えています。   【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文3】医療機器業界の営業職を目指す場合の例文 母の病をきっかけに、人々の健康を守る予防医学に関連する仕事をしたいと思い、貴社を志望しました。 貴社は医療機器メーカーの中でも予防医学に貢献する「体成分分析装置の販売」に力を入れているため、予防医学に関わることができると考えております。 また、お客様の反応を一番近いところで得ることができる点に魅力を感じています。 貴社に入社後は、前職のホテルスタッフで培った“コミュニケーション力”を活かして、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【ホテルスタッフから営業職への転職|志望動機の例文4】自動車業界の営業職を目指す場合の例文 自動車の販売を通して、人々の生活を便利にすることに貢献したいと思い貴社を志望しました。 前職のホテルスタッフでは、お客様の要望に素早く、適切に応えることで一定の評価を得てきました。 お客様に“求められたこと”をするのではなく、どのように改善したら良いかを考え、実行する行動力が私の強みです。 貴社は実力主義の風土があり、頑張った分だけ適切に評価をしていただける環境を魅力に感じています。 貴社に入社後はいち早く商品知識を身に付け、お客様が安心して車を購入するためのアドバイスをし、売上に貢献していきたいと考えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   まとめ ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。   なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。   カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

営業

ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリットを紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
ホテルスタッフから営業職への転職を考えているけど…。 なかなか決められない。営業職のメリットって何があるんだろう? このような疑問にお答えします。 この記事では、ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方に向けて「営業職のメリット」をご紹介していきます。 後半部分では「営業職のデメリット」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、ホテルスタッフがアピールできるスキルについて知りたい方は「ホテルマンからの転職で市場価値を上げる唯一の方法を教えます!」や「ホテル業界からの転職を成功させるポイント・おすすめの職種を紹介」をご覧ください。 【目次】 ホテルスタッフから営業への転職|営業職とは? ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット9つ 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット1】収入を上げやすい 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット2】将来性がある 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット3】学歴を問われない 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット4】転職しやすい 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット5】ビジネスの基本が身につく 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット6】第一印象が良くなる 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット7】メンタルが強くなる 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット8】人脈を増やせる 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット9】出世しやすい ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット3つ 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット1】頻繁に休日出勤がある 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット2】収入に変動がある 【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット3】ノルマや売上目標がある ホテルスタッフから営業への転職|資格を取得するメリット まとめ カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する ホテルスタッフから営業への転職|営業職とは? 営業職とは、自社の商品やサービスなどの購入を促して「売買契約」を結ぶ仕事。 営業が“商品”や“サービス”を提供することで売上が発生するため、企業にとっては欠かせない存在です。 営業職は商品を売り込むことはもちろん、売るためのリサーチや企画作成なども行います。 そのため、コミュニケーション力に加え、分析力や情報収集力も必要になりますよ。 「ホテルスタッフからの転職について解説しているサイト」や「営業職の仕事内容について解説しているサイト」でも同様のことを伝えております。     ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット9つ ここからは、「営業職のメリット」を9つご紹介します。 ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。 なお、営業職の仕事内容について知りたい方は「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」や「ホテルの営業職とは?仕事内容、仕事に就くまでのルート、必要なスキルをご紹介!」、もしくは「営業職の仕事内容について解説しているサイト」をご覧ください。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット1】収入を上げやすい 営業職のメリット1つ目は『収入を上げやすい』です。 営業職は「インセンティブ(歩合)」があるため、収入を上げやすい職種です。 営業成績に準じてインセンティブを設ける企業であれば、自分の頑張り次第でどんどん収入を増やせます。 高収入を狙いたい方は営業職に転職するといいでしょう。 ガンガン稼げる求人は?パスキャリのエージェントに相談する   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット2】将来性がある 営業職のメリット2つ目は『将来性がある』です。営業職は全ての業界に存在する職種。 そのためIT業界、保険業界、広告業界、不動産業界など、幅広い分野で活躍できます。 また営業職は、どれだけ機械が進化してもなくなることはありません。 したがって、非常に将来性のある仕事だといえるでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット3】学歴を問われにくい 営業職のメリット3つ目は『学歴を問われにくい』です。 営業職は専門職ではないため学歴を求められることが少なく、学歴に自信がない…といった方も採用されやすいのが特徴です。 そのため、転職活動をスムーズに進めることができます。 一般的に、求人に応募する際には「大卒以上」と記載がされていることが多いため、学歴を問われないことは大きなメリットだと言えるでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット4】転職しやすい 営業職のメリット4つ目は『転職しやすい』です。 営業職は他の職種と比べて求人数が多い傾向にあります。 また、営業職はどの業界の企業でも必要な職種ですから、一つの企業あたりの採用人数も多いです。 そのため営業職の方は、転職活動をスムーズに進められるでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット5】ビジネスの基本が身につく 営業職のメリット5つ目は『ビジネスの基本が身につく』です。 営業職では、「スケジュール管理能力」や「仕事の優先度の判断能力」といった“ビジネスの基本”が身につきます。 そのため、異業種に転職する際にとっても有利! ビジネスの基本を身につけたい方は営業職に就職するといいでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット6】第一印象が良くなる 営業職のメリット6つ目は『第一印象が良くなる』です。 営業職は第一印象が命、第一印象の良さが営業成績を左右するといっても過言ではありません。 そのため、営業職に転職すると否が応でも「服装」や「髪形」などを清潔にする癖がつきます。 第一印象が良い方は、親近感がアップするため人間関係も広がりやすいでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット7】メンタルが強くなる 営業職のメリット7つ目は『メンタルが強くなる』です。 残念ながら、営業職は断られることがほとんどの職種です。 そのため失敗を重ねることで、自ずとメンタルが強くなります。 ストレス社会において、精神力が強いことは大きなアピールポイントになりますので、メンタルを鍛えておいて損はないでしょう。「営業経験にメリットはある?営業経験がいかせる職種は?」でも同様のことを伝えています。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット8】人脈を増やせる 営業職のメリット8つ目は『人脈を増やせる』です。 営業職は、自社商品を社外の人に紹介することが仕事です。 そのため、内勤に比べて社外に人脈を築きやすい特徴があります。 人脈を増やすと仕事に対する視野が広がったり、転職の際に声をかけて貰えたりなど、今後の人生においてさまざまなメリットがあるでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のメリット9】出世しやすい 営業職のメリット9つ目は『出世しやすい』です。 営業職は数ある職種の中で、もっとも成果が明確に見える仕事。 正真正銘、「実力主義の世界」です。そのため結果さえ出せば、「職歴」や「学歴」に関係なく出世することができます。 営業職は学歴に自信がない方でも大いにチャンスがありますので、出世したい方は挑戦してみるといいでしょう。 未経験OKの営業職を探す!パスキャリのエージェントに相談する   ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット3つ 続きましては、「営業職のデメリット」を3つご紹介します。主なデメリットは下記の通りです。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット1】頻繁に休日出勤がある 営業職のデメリット1つ目は『頻繁に休日出勤がある』です。 営業職は顧客ありきの仕事のため、顧客の都合に合わせるため自分の休日を返上して勤務する場合があります。 営業職を探す際は、休日出勤がある職場があることを視野に入れておくといいでしょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット2】収入に変動がある 営業職のデメリット2つ目は『収入に変動がある』です。 インセンティブ制度を導入している企業では、収入に変動があります。 成績が良ければインセンティブで大きく稼ぐことができますが、悪いと基本給だけになります。 収入に変動があることは想像以上にストレスになりますので、営業職に転職する際は覚悟しておきましょう。   【ホテルスタッフから営業への転職|営業職のデメリット3】ノルマや売上目標がある 営業職のデメリット3つ目は『ノルマや売上目標がある』です。 営業職の多くはノルマや目標が定められております。 ノルマや目標は、達成すれば評価や給与につながる一方、未達成なら業務量が増えたり、再度営業を行ったりしなければいけません。 そのため、ノルマが辛くなり、すぐに退職する人も多くいます。 営業職に転職する際は、ノルマに追われる可能性があることを考えておきましょう。 ノルマなしの求人ありパスキャリのエージェントに相談する   ホテルスタッフから営業への転職|資格を取得するメリット 営業職に必要な資格はありません。 しかし保持しておくと「仕事がしやすくなる資格」は、いくつかあります。 たとえば「セールスレップ」や「営業士マスター」などですね。資格があると、スキルの証明にもなりますので、余裕のある方は取得するといいでしょう。   まとめ ホテルスタッフから営業職への転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 営業職への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

営業

無形商材営業と有形商材営業の違いって?やりがいと選ぶポイントを紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「転職するなら自分には営業職が向いていそうだけど…無形商材と有形商材があるみたい!何がどう違うの?」 「営業としてキャリアアップしていきたいのだけど、どっちの方が有利なの?」 このようなお悩みはありませんか。 結論から申し上げますと、売るものの形があれば有形商材、無ければ無形商材です。しかし、いずれも同じ営業職であるもののそれぞれの特性が異なり、自分の志向が合っている方を選ばないと「なんか思ってたのと違う…」と転職を後悔することにもなりかねません。 そこで今回は、無形商材と有形商材それぞれの営業の違いと、どちらの方が自分に向いているのか、無形商材営業のやりがいについて解説します。営業職への転職を検討している人、営業職について知りたい人、無形商材営業と有形商材どちらにするか迷っている人はぜひ最後までお読みください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 有形商材と無形商材、それぞれの営業の違い 有形商材と無形商材の違いは、文字通り売るものの形があるかないかです。例えば、有形商材は下記のようなものを指します。 【有形商材】 ●テレビや冷蔵庫などの家電 ●医療機器 ●アパレル ●不動産 など これらは販売するものの『形』が存在します。しかし、次で挙げる無形商材は『形』として存在しません。 【無形商材】 ●人材関係 ●広告 ●コンサル ●セミナー(マナーセミナー等) ●ITソリューション ●保険 ●Webサイト作成 人材や広告、コンサル、セミナーや保険などは形がありませんね。労働力だったり、集客を目的とした広告だったりといった無形商材は、利用することで得られるものはベネフィットなのです。ちなみに、メリットとベネフィットの違いについてはこの次の章で解説しています。 営業力がより高まるのは無形商材 有形商材と無形商材を挙げたとき、営業としてのスキルアップにつながるのは無形商材でしょう。営業自身の提案で、いかに顧客が鮮明にサービス導入時のベネフィットをイメージできるかが成約の可否を決めるからです。 この『ベネフィットをイメージする』というところですが、ベネフィットの正しい意味をご存知でしょうか。そもそもメリットとベネフィットは一緒くたにされがちです。しかし、実際のところそれぞれは全く違うもの。 メリットは商品やサービスの利点のことで、特徴のことです。対し、ベネフィットは商品やサービスを利用することで得られる利益のことを指します。 例えば… 「この商品はとても軽量でお手入れが楽です」ならメリットになりますが、「とても軽量なため、この商品を使うことで掃除の度に疲れることがなくなります」は、顧客の体験にフォーカスした利益=ベネフィットとなるのです。 有形商材はものの形があるためベネフィットをイメージしやすく、無形商材よりも売りやすいです。しかし、無形商材はサービスの特徴を深く理解し、導入することで顧客が得られるベネフィットをいかにうまく伝えられるかが成約の鍵。 加えて、自分の提案をしっかり聞いてもらうには顧客とある程度の信頼関係を築かなければなりません。このように『顧客との信頼関係を築く』×『提案力』の2軸を強化しなければならないため、無形商材は難しいのです。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 無形商材営業と有形商材営業、自分にはどちらが向いてる? 「無形商材と有形商材の違いはわかったけど、自分はどちらが向いているのかわからない…」と言う方は、特別なこだわりがなければ『営業として長くキャリアを積んでいきたいかどうか』を基準として選ぶと良いでしょう。将来的に営業職として長くキャリアを築きたいなら圧倒的に無形商材がおすすめ。 一方で、好きなアパレルブランドがある、不動産販売をしてみたいなどのこだわりがある方や、営業未経験の方は有形商材営業から始めて見ると良いでしょう。 続いて、それぞれの内容を詳しく解説していきます! 営業として長くキャリアを積んでいきたいなら無形商材がおすすめ 営業として長くキャリアを積みたいなら、未経験でも無形商材を選ぶと良いでしょう。先ほどもお伝えした通り無形商材営業は『顧客との信頼関係を築く』×『提案力』の2軸で経験を積む必要があるため「長く営業として働きたい」と思うならできるだけ早く無形商材の営業にチャレンジした方が良いのです。 無形商材営業の中でも、保険や人材関係の営業は未経験者でも参入ハードルが低くチャレンジしやすいため、営業力を上げるという点で非常に有効。特に保険や人材関係の営業は向き不向きがはっきり分かれるため、人材不足に困る企業も多いもの。転職しやすいため、営業としてのステップを踏むには良い環境と言えるでしょう。 営業が初めてなら有形商材営業がおすすめ 営業が未経験だったり、好きなアパレルブランドがあったり、不動産を売ってみたい!などのこだわりがある方は有形商材営業がおすすめ。有形商材は営業自身が商材を好きであればあるほど熱意やメリットが伝わりやすく販売しやすいからです。 当然ですが、自社の商品を良いと思っている人と、そうでない人とでは、前者から商品を購入したいと思う人が多いでしょう。営業未経験もしくは好きな商材がある場合は有形商材の営業にチャレンジすることをおすすめします。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 無形商材営業のやりがい 無形商材営業のやりがいは主に次の3つです。 ●顧客との絆が強くなりやすい ●営業としてのスキルアップになる ●頑張りが収入に直結しやすい それぞれ詳しく解説しましょう。 顧客との絆が強くなりやすい 無形商材はただ売って終わりではなく、継続的なフォローアップが必要です。フォローアップの過程でコミュニケーション頻度が増えるため、必然的に顧客との絆が強くなりやすいのが特徴。関係性を深めるうちに業務外のことでも頼ってもらえることも多く、会社としてのつながりだけでなく個人同士での付き合いで担当者とつながることもあります。 営業だけでなく人として必要とされている実感が湧きやりがいにつながるでしょう。また、関係性を深めれば深めるほど受注につながりやすいため、無形商材の営業を続ければ続けるほど、売り上げを上げやすくなる傾向があります。 営業としてのスキルアップになる 顧客とのコミュニケーションを深め、同時に提案スキルを磨き上げていかなければ成約に繋がらないため、無形商材は営業としてのスキルアップにつながります。そのため、営業スキルが上がっていく過程で自身の成長と共にやりがいを感じるはず。 ちなみに営業スキルが必要とされる場面は『営業職として働いているとき』だけではありません。ゆくゆく違う職種に就いたとしても、社内の人や社外の人とうまく意見を調節するために身につけた営業スキルが役立ちますし、将来的に自営業を選択した際にも取引先の獲得で営業スキルを活かすことができるでしょう。 頑張りが収入に直結しやすい 自分が頑張れば頑張った分だけ収入に直結するのが営業職の醍醐味ですが、無形商材の場合はこの収入の上がり幅が大きいのが特徴です。例えば、サービスによっては1回の取引で100万円〜1000万円以上になることも。 有形商材だと1商品の単価が低い場合は100万円の売り上げを達成するのが難しい部分もありますが、無形商材の場合は提案次第でいくらでも売り上げを上げることができます。自分の頑張りが収入に直結しやすいため、やりがいにつながるでしょう。 無形商材営業を目指すならパスキャリがおすすめ 「無形商材営業として働きたい!」と思ったら、パスキャリがおすすめです。転職未経験でも専任のアドバイザーがスキルの棚おろしや自身の強みの分析、履歴書の添削などを行い、スムーズに転職活動が進められるようにサポートしてくれます。 また、アドバイザーに希望業界の「本当のところどうなの?」という面接では聞きづらい質問もすることができるので、実際に入社してみて思ったのと違った…というミスマッチを防ぐことも可能。転職に失敗したくない人は尚更利用すると良いでしょう。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) まとめ 無形商材営業は形のないもの(サービス)を販売する営業ですが、有形商材よりも難易度が高い分スキルアップや収入アップにつながるメリットがあります。営業として長くキャリアを積んでいきたいのなら、尚更無形商材の営業がおすすめ。 身につけた営業スキルは営業職だけでなく他の職種にも活かすことができ、自身の市場価値を上げることも可能。しかし、その分無形商材だからこその難しさがあるのも事実です。 今一度自分がどのようなキャリアを積んでいきたいのか、どのような働き方をしたいのかで無形商材営業と有形商材営業のどちらにするのか選んでみても良いかもしれません。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.11.18

営業

女性営業が多い業界はどこ?探し方のポイントと営業に転職する方法

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「人とお話するのが好きだから、営業職にチャレンジしてみたい!」このように思う女性は多いでしょう。女性はコミュニケーション能力に長けていて、営業職として活躍できる適性を持っている人も多いものです。 しかし、営業ならどの会社も女性営業が活躍していると言うわけではありません。 そこで今回は、 ・ 女性営業が多い業界についての説明 ・ 女性を歓迎する営業職求人の探し方のポイント ・ 女性が営業職に転職する方法 ・ まとめ 上記の3つの軸で女性営業が多い業界について解説しましょう。 「女性営業が多い業界で営業として働きたい!」と思う方は、この記事を最後まで読むことで女性営業が多い業界を知ることができ、具体的な転職方法まで理解することができます。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 女性営業が多い業界 女性を歓迎する営業の求人を探すポイント 女性営業が多い業界に転職する方法   女性営業が多い業界 女性営業が多い業界として、無形商材を扱う業界や福祉・医療系の業界が挙げられます。 ・ 広告営業 ・ MR ・ 人材関係営業 ・ 保険営業 広告営業は多忙な印象を持たれていますが、その反面とても華やかなイメージを持つ人も多いです。そのため、今でもまだどちらかと言えばきつい勤務体系にもかかわらず営業として志望する女性が多いのが特徴です。 他にもMR (薬品営業)や、人材関係営業も女性営業が多い業界です。保険営業も体力的な負荷はある方ですが、重たいものを持たなくて良い点や、個人を対象とした営業なので男性よりも比較的受け入れられやすいといった点から女性営業がたくさん活躍しています。 上記の内容踏まえると、女性営業が多い業界としては次のポイントが当てはまります。 ・ 商材が重たくない(もしくは無形商材) ・ 相手をよく観察し、理解する ・ 個人を対象とした営業 営業の中には取り扱う商材がものすごく重たいものもあります。女性だからといって重たいものが持てないわけではありませんが、男性に比べると働きづらいのが現状です。 女性が働きやすい職場を探す!パスキャリに転職相談する (無料) 企業が女性営業を雇うメリット 企業が女性を雇うメリットとしては、営業成績が上がりやすいと言う点です。物腰が柔らかく、人の懐にすっと入って行きやすい女性は、営業成績も上がりやすくなるのです。 また、女性のひとつの特性として、男性よりも周囲を観察する力を持っている場合が多いです。周囲をよく観察して、相手が感じていることを敏感に感じ取り、それに対応する行動を意識せずともできる場合も多いです。もちろん男性にも上記の行動が取れる人はいますが、男女差でどちらかと言うと女性の方が得意な場合が多いです。 そのため、企業側も営業職で女性を求めるケースはよく見受けられます。 女性は営業職に受かりやすい? 営業と言うと男性が多いイメージがありますが、業界によっては女性も営業職に受かりやすいです。上記でお伝えしたように、女性はその特性として営業職に向いている人が多いので、企業側も女性を営業職として歓迎するところが多いのです。 しかし、会社によっては女性が営業職として働くことを良しとしない会社もあります。男女雇用均等法が推進される中で、今でも営業職は男性、事務職は女性のような暗黙のルールを設けている会社もあります。しかしこれはその会社が長年かけて編み出した勝ちパターンなので、一概に古いとも言えないのですね。 女性を歓迎する営業の求人を探すポイント それでは、女性を歓迎する営業の求人を探すポイントとして具体的に求人票のどこを見れば良いのか解説しましょう。女性を歓迎する営業の求人を見分けるポイントとしては、主に次の3つに着目します。 ・ 求人票の写真に女性が写っていること ・ 産休・育休の取得実績があること ・ 女性の割合が多いこと それぞれ詳しく解説していきましょう。 ポイント①女性が写真に写っている 女性を歓迎する営業職の求人のポイントとして、求人票の写真に女性が写っていることが挙げられます。求人票の写真に女性を置くことでなごやかなイメージを持たれるからといった目的で使っている企業もありますが、基本的には求人票に使う写真がその時の採用ターゲットと言っても過言ではありません。 そのため、男性営業が欲しい時は実際に活躍している男性営業の写真を使って求人票を作成するはずです。反対に、女性が来て欲しい場合は女性の写真を求人票のトップに持ってくるはずです。営業職の求人票で写真に女性が写っていれば、ほとんどの場合女性を求めているのです。 ポイント②産休・育休の取得実績がある 女性を歓迎する営業職求人のポイントとして、産休育休中の取得実績があることが挙げられます。さらに、実際の取得から復帰までのパーセンテージが高ければ高いほど、女性にとって働きやすい環境が完備されていると言うことです。 実際に産休育休を取得して戻ってくる方が多いという事は、女性が比較的無理せず働ける環境が整っているということ。特にライフステージが変わっても働き続けたいと思っている女性は少なからず気にする部分ではあるので、企業側もそれを汲み取って求人票に打ち出すのです。そのため、女性を歓迎する求人票には産休・育休の取得実績が書かれていることが多いです。 ポイント③女性の割合が多い 純粋にその会社全体の従業員の男女比を見た時に女性が多い企業は、営業職として女性を歓迎してくれる場合が多いです。女性が働きやすい環境が整っているため、営業職として女性を迎え入れても問題ない環境が整備されているからです。 女性営業として入社した後に実際働きやすいのはこの女性の割合が多い企業だったりもします。 女性営業が多い業界に転職する方法 それでは続いて、実際に女性が多い業界に転職する方法を解説していきましょう。女性営業が多い業界に転職する方法は次の3つ。 ・ 人材紹介を使う ・ 自分で探す ・ 知人の紹介 それぞれ詳しく解説していきましょう。 ①人材紹介を使う 人材紹介を使うと効率的に女性営業が多い業界に転職することができます。 自分で求人票を見て判断し、応募する転職活動とはまた違い、人材紹介は専任のアドバイザーがついて適性があると思われる企業を紹介してくれます。そのため、求人票に書かれていない企業側のニーズを加味して転職をサポートしてくれるため企業側と転職をしたい求職者側でミスマッチが少ないのが特徴です。 女性営業が多い業界に転職をしたいなら、人材紹介を使うならパスキャリを利用するのがおすすめです。数ある人材紹介会社の中でもパスキャリは女性のアドバイザーのみが対応してくれるので、より女性目線での転職活動を叶えてくれるのです。 「女性営業が多い業界で営業として働きたい」ということを申し伝えれば、それに対応した企業を紹介いたします。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) ②自分で探す 求人票を自分で探して女性営業が多い業界に転職するのも一つの方法です。もし自分で探す場合は、先ほどお伝えした『女性を歓迎する営業の求人を探すポイント』でご紹介したポイントを押さえながら求人票を見るようにすると良いでしょう。 ただし、自分で求人票を見て探す場合は企業側が求めるものと自分のスキルや経験が見合わないケースもありますので、人材紹介を利用するよりも若干遠回りになることもあります。 ③知人の紹介 知人が勤めている会社に紹介で入社するのもまた一つの方法です。特に知人が実際に女性営業として活躍している場合は内情をよく知っているので、事前に入社に伴う疑問を解消することもできます。 ここで一点注意が必要なのは、企業によっては人材確保が難しく自社の営業員に勧誘のノルマを設けている場合があるということです。その方法自体悪ではないですし、紹介者も紹介される側も納得の上入社できるのであれば全く問題ないですが、半ば無理やり入社を決められてしまうことも。 ・ パーティーに招待され、その中で一緒に働かないかと持ちかけられる ・ 特別なスキルがないにも関わらずやけに高待遇で勧誘される などといったことがあったら、少し紹介者のメリットを探ってみても良いかもしれませんよ。 まとめ 女性営業が多い業界は無形商材を扱う業界や薬品系、人材系、保険営業が多いです。その他の営業に関しても女性だからできないということはあまりありませんが、向いていない、女性が実際に活躍していないため受け入れ体制ができていないという状況はあります。 そのため、女性営業として働いてみたいなら女性営業が多い業界に転職するのがおすすめ。今回紹介した女性を歓迎する求人のポイントなどを参考に、女性営業が多い職場を探してみてください。 自分で探すのはもちろんですが、もっと効率的に女性営業が多い職場を探したいのであれば人材紹介を活用すると良いでしょう。特にパスキャリは女性アドバイザーが担当してくれるので、女性営業として働きたい場合はミスマッチが起きないような職場を紹介してくれるはずです。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.11.18

営業

在宅ワークも可能?内勤営業の仕事内容や求められるスキルとは

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
求人票で「内勤営業」という文字を見ると、「内勤営業って具体的に何をするの?」「在宅ワークはできるの?」と疑問に思ったことはありませんか? 内勤営業とは、外回りをせず、会社や店舗の中で働く営業職のことです。 それに対して、外勤営業は、会社の外にでて、営業対象を訪問する営業職です。 内勤営業は、昨今のWEBツールの普及もあり、女性が取り組みやすい仕事として注目されています。 ここでは内勤営業の仕事内容や、求められるスキル、在宅ワークができるかなどについて紹介します。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 内勤営業の仕事内容とは? 内勤営業はリモートワークも可能? 内勤営業に向いているタイプと必要なスキル・資格 内勤営業として働くメリット・デメリット 内勤営業の給料・年収 内勤営業の求人登録ならパスキャリ 内勤営業の仕事内容とは? 内勤営業とは、外回りのない営業活動のことです。 顧客からのアクションに対応し、サービスや商品を提案し、販売、契約に結び付ける業務を行います。 カウンターセールス、電話やメールがメインの内勤営業、インサイドセールスといった内勤営業の営業手法についてくわしく紹介します。 カウンターセールスと呼ばれる内勤営業 店舗内で、来客者に対して商品やサービスを提案し、売り上げに繋がるように営業活動を行う業務は、カウンターセールスとも呼ばれています。 身近な例では、携帯電話のショップや保険代理店などがあります。 「お客様にはこのプランがお得ですよ」などと、店員さんに勧められた経験がある方も多いのではないでしょうか。 不動産、旅行代理店、ブライダル、自動車などの業種はカウンターセールスのある職種として知られています。 たくさんあるサービスプランや商品の中から、お客様にふさわしいものを提案し、契約に結びつけます。 内勤営業で、カウンターセールスのある主な業種は以下の通りです。 ・ 旅行代理店 ・ 保険代理店 ・ 自動車販売店 ・ 携帯ショップ ・ 不動産仲介業者 ・ ウェディングサロン など (参照:カウンターセールスとは?仕事内容と求められるスキルを徹底解説!) 電話やメールなどで行う内勤営業 来客の対応ではなく、社内でメールや電話を使って営業する業務も内勤営業と呼ばれています。 商品やサービスに興味がある顧客に対し、電話やメールで顧客の要望をヒアリングし、提案をしながら売り上げに結び付けます。 既存顧客からの問い合わせに対応する場合もあれば、広告や口コミで商品やサービスを知った方からの問い合わせに対応する場合もあります。 テレフォンアポインターも電話営業とみなし、内勤営業に含まれる場合もありますが、アポイントの数をたくさんとることだけを目的とするテレアポと、販売や契約につなげることを目的とする内勤営業とは区別される場合もあります。 (参照:テレマーケティングの仕事内容とは?魅力や活かせるスキルを解説) 注目されているインサイドセールス ITツールで多くのことができるようになった昨今、最近は訪問営業をしなくても、オンラインで商談できるような時代となりました。 最近の内勤営業は、電話営業、メール営業のほか、WEBツールなどを使ったオンライン営業という手法が加わり、内勤営業の基本のスタイルになりつつあります。 WEB会議ツールやWEBコンテンツ、チャットツールなどを使って、顧客と直接対面する以外の方法で行う営業手法は、「インサイドセールス」と呼ばれ、新しいタイプの内勤営業の手法として注目されています。 商材などにもよりますが、オンライン商談で契約まで行うケースもありますし、電話やメール、チャットツールなどで、見込み客にアプローチし、アポイントを取るところまでを担当し、訪問営業(フィールドセールス)への橋渡しの役割を担う場合もあります。 各企業や業種によって、インサイドセールスとしての業務はどの範囲かについては、求人票だけでわからない場合は、信頼できる転職エージェントに確認してみましょう。 内勤営業はリモートワークも可能? コロナ渦の影響で、電話・メールに加え、WEBツールを使い、遠方の顧客でもオンラインで対応できるしくみを導入する企業が増えています。 内勤営業のリモートワークについて紹介します。 在宅ワークはできるの? 本来営業の現場は、人と直接会うことが主流でした。 人と会うことで、その場の空気を読みながら話を進めることができ、距離感を縮められるというメリットがあるためです。 しかし、昨今のコロナ渦の影響で、直接対面での営業を控えなければならなくなり、WEB会議ツールで画面を繋げ、料金のシミュレーションや提案資料を顧客に見てもらうWEB商談といった営業方法が採用されるようになりました。 会社に出社をせずとも、リモートワークで遠方の顧客に対応できるしくみによって、内勤営業の在宅ワークが可能となり、導入企業は増加している傾向にあります。 リモートワークの導入企業はどれぐらいある? コロナ渦の影響で、リモートワークは一気に社会的ニーズが高まりました。 テレワークの普及率は、東京都産業労働局の調査では、東京都内では2021年2月後半の時点で58.7%という結果がでています。 (参照:テレワーク導入率調査結果(1737報)) これまで対面営業が主流だった営業職は、IT化、オンライン化が進み、商材によりますが、営業活動から、受注・契約などを、WEB会議システムやオンライン商談ツールなどを利用して、オンライン上でできるようになりました。 サイト上で「内勤営業 リモートワーク」というキーワードで検索をすると、インサイドセールスや在宅ワークという言葉が含まれている求人が多数見つかります。内勤営業を希望していて、在宅ワークやリモートワークに興味がある方は、求人サイトで確認してみましょう。 営業事務との違い 営業職は、内勤営業・外勤営業ともに売り上げに対しての目標やノルマがあり、顧客の希望をヒアリングし、商品やサービスを提案し、販売や契約を達成してゆく業務です。それに対して営業事務は、営業職をサポートする業務で、契約に対しての目標やノルマはありません。見積書を作成や受発注の入力業務、資料作成などを行い、営業担当を支えるデスクワークです。 「内勤営業と営業事務、どちらにも興味があるけれども迷っている」とお悩みの方は、転職エージェントのアドバイザーに相談することをおすすめします。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 内勤営業に向いているタイプと必要なスキル・資格 内勤営業はどんな人が向いているのでしょうか? 外回りをしなくてもいい業務という側面がイメージされがちですが、顧客の希望を聞き出し、商品やサービスを提案する能力が求められます。 内勤営業に必要なスキルや向いている性格やタイプについて紹介します。 内勤営業で向いている人は? 内勤営業では、顧客が何を要望しているのか、何を解決したいのかを聞きとって把握してから、その要望や問題解決を満たせるように、サービスや商品を提案しながら成約に結び付けます。 そのため、人の話をじっくり聞くことができて、親身に対応できる人が向いているといえるでしょう。 ・ 人の話を上手に聞ける ・ ・人から相談されてアドアイスをするのが得意 ・ 人が好きで気配りができる ・ 人のために何かしてあげたいという思いがある   あるとよいスキルや経験資格 内勤営業であるとよいスキルの例を紹介します。 ・ 相手の話を聞きだすスキル ・ 提案力 ・ 課題発見力 ・ 相手にわかりやすく説明するスキル 未経験から募集している内勤営業の求人はたくさんありますが、接客・販売の経験、テレフォンアポインターの経験、社内でのプレゼン担当の経験、営業職のお仕事の経験があれば、内勤営業の仕事により活かすことができるでしょう。 内勤営業として働くメリット・デメリット 営業職のなかでも、内勤営業は訪問型ではないため、体を使った達成感といったものがイメージしにくいかもしれませんが、未経験でもスキルを積める可能性が高い業務です。 内勤営業のやりがいやメリット、デメリットを紹介します。 内勤営業のやりがい 商品やサービスに関して興味を持っていただいた顧客に対して、商品やサービスを提案する営業スタイルとなるため、お客様のご要望やご相談内容をお伺いし、できるだけご要望に沿えるよう親身になって提案することになります。 提案した内容が顧客の要望にマッチし喜んで頂けて、「ありがとう」という声を聞くことで、顧客の喜びを身近に感じ、営業職としてのやりがいを感じます。 また、名前を覚えていただき、継続して担当する機会もあり、認められてもらえるという誇りも生まれ、仕事を続けるにあたってのモチベーションが高まります。 内勤営業のメリット 内勤営業は、外回りがないため、体力的な消耗が少ないことが大きなメリットです。 働く環境も、毎日違う場所に外出する必要はないので、社内で落ち着いて仕事をすることができます。 また、顧客の要望を聞きながら提案するという業務に集中できるため、商品の良さやサービスが顧客に伝わるように、自分なりに伝え方を工夫しているうちに、顧客に対しての提案力のスキルを伸ばすことができるというメリットがあります。 キャリアを積んで、将来的にエリアマネージャーやSVなどへキャリアアップしていける可能性も広がります。 女性が内勤営業に転職するメリット 内勤営業は女性の就業率が高いことで知られています。 外回り営業ではないため、女性の場合、ヒールで足が疲れたりむくんだりということはありません。 寒い日も暑い日も、空調の効いたオフィスや店舗で働くことができます。 電話などを使った内勤営業は、営業時間が終われば残業はほぼありませんので、子育てをする女性にとってはうれしいメリットといえます。 また、内勤営業は、受付を兼ねている場合もあり、女性の採用に対して積極的な業種もあります。 内勤営業のデメリット デメリットとしては、座りっぱなしの仕事や資料を見続けるデスクワークとなるため、同じ姿勢が続くことで肩こりや目の疲れが出る可能性があることです。 適度な休憩とストレッチなどでリフレッシュしながら、業務に集中できるように心がけましょう。 内勤営業の給料・年収 内勤営業の給与や年収について紹介します。実際の求人票を確認する際には、正社員か契約社員かなどによって給与や待遇が違うことや、営業職としてのインセンティブがどれぐらいあるか、チェックしておきましょう。 内勤営業の平均年収は平均366万円です。 (参照:マイナビエージェント) 内勤営業は、契約数によって、インセンティブがある場合が多いです。 インサイドセールスの平均年収は業種や手法によって差があり、インセンティブが高く、内勤営業の平均年収よりも高額な収入モデルがある求人もあります。 内勤営業ではなく、外回りがある外勤営業も含めた、営業職全体の平均年収は418万円です。 (参照:パーソル) 業種別の営業全体の平均収入を比較することで、就業を希望する業界の営業職の相場を把握することができます。 ・ 海外営業…507万円 ・ メディカル営業…489万円 ・ ソフトウェア業界…462万円 ・ 金融営業…441万円 ・ 不動産業界…431万円 ・ 商社…411万円 ・ 広告業界…397万円   求人に応募する際は、収入面をチェックすることも大切ですが、自分の専門性や興味がある業界であれば、自分の専門性が役に立ち、営業成績を伸ばせる可能性が広がります。   内勤営業は、顧客に対して親身になって提案できる情熱や姿勢が、仕事を続けていく上でのモチベーションに繋がります。 例えば、お部屋を探すのが好きな方は不動産業界の営業に向いている可能性がありますし、薬剤師の資格をもっていれば、メディカル営業で活躍できる可能性があります。 また、業界未経験でも、しっかりした研修制度があり、商品知識を身に着けて、自身をもって顧客に商品やサービスを提供できるように育ててくれる企業も少なくありません。 内勤営業の求人登録ならパスキャリ WEBツールの普及により内勤営業のリモートワーク、在宅ワーク可能な求人が増えています。業種によって、手法はそれぞれちがいますが、内勤営業は、広い意味でインサイドセールスとも呼ばれるようになってきており、コロナ渦以降、企業の導入ニーズが高まっている職種です。体力的にも時間的にも、女性にメリット多い仕事といえます。 パスキャリは女性のための転職エージェントで、非公開求人も多数あります。 サポートは完全無料で、アドバイザーが全員女性のため、女性ならではの悩みを相談できます。 「今までのキャリアを活かして内勤営業をやってみたい」「未経験でも、子育てをしながら続けられそうな内勤の営業職に興味がある」という方は、ぜひパスキャリに相談してみてください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.26

営業

営業を辞めたいと思う時の理由は?解決策を解説

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「営業職についたのはいいけれど、辛い、辞めたい」と思ったことはありませんか? または、今まさに辞めたいと思っているけれども、「どうしたらいいかわからない」「でもこのままでは辛すぎる」と悶々と悩んでいる最中の方もいらっしゃるかもしれません。 ここでは、営業職を辞めたいと思った時の理由と解決方法について、比較的多い事例を紹介し、解説します。 また、辞めて転職を希望した場合にやるべきことや、営業職から転職しやすい職業なども紹介します。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 営業を辞めたいと思ったときのセルフチェック 営業を辞めたいと感じる理由と対処方法 営業を辞めたいと思ったらやるべきこと 営業経験から転職しやすい業界・業種とは? 解決策は転職エージェントへの相談がおすすめ 営業を辞めたいと思ったらパスキャリへ相談しよう 営業を辞めたいと思ったときのセルフチェック 営業を辞めたいと思う時は、精神的に苦しい気持ちとなり、ストレスを抱えていることが多いです。 そんな時は、つらい気持ちに支配されてしまい、現状を打破できるような分析力を見失ってしまいがちになります。 まずは辞めたい理由と、メリット・デメリットをはっきりさせることで、問題解決へ道が開ける可能性があります。 リラックスして、簡単なセルフチェックをしてみましょう。 セルフチェック1:なぜ辞めたいのか理由を書きだしてみよう 現在の仕事を辞めたいと思う理由は様々です。 しかし、辞めたいと思うということは、つらい気持ちが伴っている場合が多いです。 冷静になぜ辞めたいと思っているのかについて正直な自分の気持ちを書きだしてみると、前向きに解決できる糸口が見つかる可能性があります。 営業という仕事自体が嫌なのか、営業は好きだけれども就業環境が嫌なのか、何が嫌なのかなど、自分の気持ちを確認しましょう。 例えば、営業は好きだけれども職場の人間関係が嫌だということであれば、配属の異動を申請できる企業もあります。 感情的なことが原因なのか、仕事内容が納得いかないのかなど、思い出してみましょう。 セルフチェック2:辞めることによるメリット・デメリット 仕事を辞めたいと思った時に、すぐに辞めてしまうと収入が絶たれてしまうというデメリットがあります。 また、もし転職がすぐに決まれば、もっといい条件の収入になるというメリットも考えられます。 辞めるタイミングも、ボーナスをもらってから辞めた方が収入面ではメリットがある可能性がありま。 キャリア形成を考えている方は、勤続年数によって、「今すぐやめることで経歴に響くデメリットがあるのではないか?」と心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。 営業の仕事を辞めたいと思った場合、辞めるタイミングも含めてメリット・デメリットについて考えることをおすすめします。 ただし、自己判断が難しい場合には、転職エージェントに相談することをおすすめします。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 営業を辞めたいと感じる理由と対処方法 営業をやめたいと感じる理由で、比較的多い事例と、対策の例を紹介します。 感じている理由と同じような理由があれば、対策を参考にしてみましょう。 飛び込みやアポ取りが辛い 外回りの営業は、飛び込みをしても、アポ取りをしても、すぐに断わられてしまう場合があります。 そのようなことが続くと、やる気を失ってしまい、「営業は辞めたい」と感じてしまうかもしれません。 対策:飛び込みについては、「ダメでもともと」の精神で挑むことをおすすめします。 断られたからといってへこんでいては、精神が持ちません。 何を言われても、あまり気にせず、数をこなしてみましょう。 また、顧客対象は、何を必要としているかを調べ、話題のきっかけをつかむように心がけます。 声をかける最初の一言二言で、相手に伝えるべきポイントが伝わるように、結論を端的に伝える工夫も大切です。 配布する資料を工夫ができる環境であれば、一目でアピールポイントや、お客様にとって何が必要かをおすすめすることができます。 ノルマがきつい どこの会社でも、ある程度の売り上げの目標やノルマはあるもの。 メリットがあるデザインになっているかなども見直してみることです。 しかし、営業職となると、個人の成績に関わることとなり、収入についての悩みが生じてくる場合があります。 収入アップが見込めないことや、ノルマを果たせないというプレッシャーで、精神的に辛くなり辞めたいと悩んでしまうのも無理はありません。 対策:ノルマを達成している先輩や同僚がいれば、そのような方と比べてみて「自分は何が足りないのか」を探ってみましょう。 売らなければらないというプレッシャーから、売り込みの姿勢が強くなってしまうことがあります。 顧客相手が必要としていることや困っていることに耳を傾ける姿勢を忘れてはいけません。 悩みや御困りごとを何度か聞いているうちに、信頼関係が生まれ、契約して頂ける可能性はあります。 一般的に営業成績のいい営業マンは、無理に売ろうとはせず、相手顧客が何を一番優先させたいかを察知します。 まだ実践していなければ、試みてみましょう。 話し方が上手いかもしれませんし、商品やサービスの説明が上手いかもしれません。 そもそも自分には適性がないのでは?と思う 営業職には就いたけれども「取引先の顧客と話すことや付き合い自体が苦になる」「断られるとすごく傷ついて、いつまでも引きずってしまう」という悩みを抱えていませんか? 「そもそも自分は営業に向いていないのかも?」と悩んでしまい、辞めたいという気持ちになることもあるのではないでしょうか。 対策:営業に向いている方の特徴として、「コミュニケーション力がある方」「ストレスに強い方」「負けず嫌いの方」などと言われることが多いです。 コミュニケーション力とは、気配りができる、聞き上手であることも含まれています。 積極的に話しかけることが苦手ということであれば、聞き上手になることに徹してみるのも一つの方法です。 また、ストレスを抱え込まない対策として、仕事とプライベートの気持ちをしっかり切り替えることをおすすめします。 プライベートで趣味などを充実させることで、気持ちの切り替えはしやすくなります。 自分でやりたいことを見つけて楽しむ時間を作ってみましょう。 扱う商品やサービスに興味や関心がない 営業で顧客にアピールする商品やサービスに、営業担当自らが魅力を感じていなかったり、自信をもっておすすめできないと、うしろめたい気持ちになったり、契約が成約しても喜びが得られなかったりする可能性があります。 対策:商品やサービスについて、見落としているアピールポイントがないか、調べ直してみましょう。 商材のメリットといわれるもの全てをアピールしなくても、この部分はアピールできるというポイントを絞って紹介してみましょう。 また、同じジャンルの他社製品と比べてみて、良いポイントを見つけてみましょう。 しかし、商材の全てにおいて「自分にはおすすめできない」と感じてしまうようであれば、自分の気持ちに正直になり、転職を検討するのもいいでしょう。 また、そもそも興味あるジャンルではなかったということであれば、この機会に、興味のある商材のある業界に絞って転職してみることをおすすめします。 営業を辞めたいと思ったらやるべきこと 今の仕事を辞めたいと思う時に、すぐに辞めたほうがいい場合と、そうでない場合があります。 また、辞めるとなったら踏まなければならない手順というものもあります。 状況に応じて判断することが大切で、適切な手続きの手順を把握しておきましょう。 精神的・身体的に辛くすぐにでも退職を希望する場合 営業を辞めたいと思った時点で、精神的、身体的にあまりにも辛いという状況であれば、 健康第一に考え、お休みをいただくか、即退職した方がいい場合があります。 心身共に、健康であってこそ、日々働けるというものです。 健康を害してまで我慢をすることはありません。 ストレスによって辛いのであれば、医師に相談するのもいいでしょう。診断書が出る場合もあります。 すぐに退職にするか、または休職を希望であれば休職の制度があるかは会社に確認しましょう。 その上で、即退職したいのであれば、上司に相談しましょう。 上司への伝え方は、会社の中で二人きりになれる場所で、退職の理由をはっきり伝えることが肝心です。 「なんとなく嫌だから」というあいまいな理由では、退職を認めてもらえません。 退職はやむを得ないと分かってもらえるように、明確な理由を伝えましょう。 即退職となれば、退職の手続きをとりましょう。 退職の手続き方法については、会社の人事の方に確認しましょう。 仕事をしながら転職活動をする場合 退職したいと考えた時、きちんとした退職の理由があるけれども「収入面で安定させるために、仕事をしながら転職活動をしたい」と思う方も多いのではないでしょうか。 その場合は、転職活動の時間を確保できるように、スケジュールを調整できる環境であれば、工夫しましょう。 また、現在の職場の待遇に、手当が出ないなどの不満がある場合、転職先の手当てなどの条件を確認し、同じ不満を抱くことのないように注意しながら転職活動をしましょう。 営業経験から転職しやすい業界・業種とは? 外勤営業の経験を活かせる業種は様々です。 営業経験は、コミュニケーション力やプレゼン力が経験値としてあるとみなされ、様々な業界で転職できる可能性はあります。 一部の例を紹介します。 流通業 流通業界は、商品を仕入れて物を販売する業界です。大きなビジネスを動かす可能性もあります。 コミュニケーション力と、売り上げへ繋げるための交渉力などの経験を活かすことができるでしょう。 サービス業 サービス業は、顧客のニーズに応えながら、対価を得る流れを含み、提供方法も、人対人を介するものや、インターネットなどのツールを介するものまで、様々な業態があります。 業種は、インターネットサービス業、宿泊・飲食サービス業、教育、福祉、広告業など、様々です。 例えば、飲食店やホテルなどの接客に関わるサービスは、営業で培ったコミュニケーション力が役立ちます。 また、例えばIT技術の営業に携わっていた方は、未経験の方比べると商品知識だけでもかなり精通している方と期待され、人と話す力やコミュニケーション力を活かし、インターネットの付随サービスの受付やサポート業務などへ転職できる可能性もあります。 広告業 メディアや広告業界は、商品やサービスの魅力をアピールする仕事のため、営業経験のプレゼン力が活かされる可能性があります。 クリエイティブな面にも興味がある方には向いている業種といえるでしょう。 その他の職種 その他に、営業スキルを活かせる職種としては、内勤営業、営業事務、商品企画、マーケティングなどがあります。 全く畑の違う業界に転職を希望したい場合には、年齢的なものや、業界独特の動向などがあるため、転職エージェントのアドバイザーに相談してみることをおすすめします。 解決策は転職エージェントへの相談がおすすめ 営業を辞めたいと思ったら、同じ営業職でも別の会社の営業職へ転職を希望する場合や、全く違う業種や職種に転職を希望する場合があります。 転職エージェントを利用すれば、確かな最新情報が手に入り、転職できる可能性のある企業を絞ってゆくのに無駄な時間をかけずにすみます。 働きながら転職活動を進める場合、時間も限られている為、希望する会社の情報をなるべく詳しく知りたいと思うものです。 また、「よりいい条件の求人はないか?」といった漠然とした要求にも、数ある求人の中からおすすめの求人を紹介してもらえる可能性もあります。 営業を辞めたいと思ったらパスキャリへ相談しよう パスキャリは、営業職から転職するためのお手伝いができる転職エージェントです。 特に女性の求人に強く、アドバイザーが皆女性のため、営業を経験した女性ならではの悩みも相談できます。 女性で営業経験ありの方から、今までの悩みを引きずらないような転職をしたいと悩んでいる方や、女性ならではの就業時間の相談や、給与面なども相談できます。 非公開求人も多数あり、土日祝日もカウンセリング可能なため、現在の営業職を続けながら、パスキャリのアドバイザーのサポートを受け、転職活動を行うことをおすすめします。ぜひ登録してみてください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.25

営業

個人営業の仕事内容は?向いている人や活かせるスキルについて解説

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
営業とは簡単に説明すると、商品やサービスをお客様のニーズに合わせて提案する仕事です。 営業職と一言でいっても、業界によりさまざまなスタイルの営業があります。 この記事では、「個人営業」について詳しく解説していきます。 具体的な仕事内容やメリットに加え、年収についても解説しているので、個人営業に興味があり転職を考えている人は、ぜひ最後までご覧くださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 個人営業とはどんな営業?主な仕事内容についても解説! 個人営業と法人営業の違いはなに?それぞれの特徴! 個人営業に向いている人は? あると良いスキルや資格も紹介! 個人営業として働くメリット・デメリットは? 個人営業の描くキャリアパスは?さまざまなポジションを目指せる! 個人営業の年収はどのくらい?ほかの営業職とも比較! まとめ 個人営業とはどんな営業?主な仕事内容についても解説! 個人営業とはそもそもどのような職種なのでしょうか? 具体的な仕事内容について解説します。転職後に「こんなはずじゃなかった」とならないように個人営業という仕事をしっかりと理解しておきましょう。 個人営業とは個人を相手に商品を売る仕事 個人営業とは、個人のお客様を相手に物やサービスを販売するお仕事です。 営業と聞くと、商品について上手に説明できる力があれば売れると思っている人もいるでしょう。 もちろん上手に説明できることも大切ですが、必要なのはそれだけではありません。 目の前にいるお客様一人ひとりのニーズを把握することが重要です。 商材を検討しているお客様は、年齢も性別も職業も購入目的も違います。相手の話をよく聞き、それぞれの希望に沿った提案をするスキルが個人営業には求められるのです。 個人営業の具体的な仕事内容 個人営業という仕事は、さまざまな業界に存在します。 例えば、生命保険や不動産販売、個人宅に必要なインターネット設備の販売などは個人営業のお仕事です。 販売方法は大きく分けて2つあります。 一つは興味のあるお客様からお申込みいただき、商品を案内する反響型。もう一つはテレアポや訪問でこちらから積極的に販売する新規開拓型です。 成約を取るためにはお客様との信頼関係が重要です。そのためにまずは、お客様のニーズをヒアリングしていくことから始まります。 個人営業と法人営業の違いはなに?それぞれの特徴! 個人営業のほかに法人営業という仕事があります。2つとも自社のサービスを売ることが主な仕事となりますが、いくつか違いがあります。 営業対象と扱う商材の違い 1番わかりやすいのは営業対象の違いです。個人営業は、一般消費者や家庭を対象としています。それに対して法人営業は企業が対象です。 扱う商材も異なります。個人営業は、保険や不動産など個人が使用する商材を扱うこと多いですが、それに加えて法人営業は広告やIT関連のシステムなどを扱う商材もあります。 決裁者とプロセスの違い 個人営業の決裁者は、基本的にお客様本人です。そのため、本人が購入する気になれば即成約となることも多くあります。 ただし、個人のお客様に対してはクーリングオフ制度があります。成約後でもクーリングオフ適用期間中であればキャンセルが可能なので、その期間が過ぎるまでは気が休まらないこともあるかもしれません。 それに対し法人営業は、組織で動いています。決裁者が対応してくれている人ではなく、成約までに複数の人間が関わることも多いので、成約までのプロセスが長い傾向にあります。 何人もの相手に納得してもらう必要があるので、そのような意味では個人営業より難しい部分があるかもしれません。 単価や規模の違い 個人営業は基本的に一般消費者がお客様なので、企業を相手にする法人営業とは単価も規模も異なります。 法人営業の方が動かす金額は大きいですが、販売した商品を利用する、すべての人を知ることはできません。 個人営業はひとつひとつの単価は法人営業に比べれば小さいですが、直接提案したお客様が購入し、使用してくれることが多いです。 どちらの方が自分にとってやりがいや喜びを感じるかによって、選ぶと良いでしょう。 個人営業に向いている人は? あると良いスキルや資格も紹介! 個人営業は人付き合いや数字が苦手だと、最初は辛いと思うことも多いかもしれません。しかし、挑戦したい気持ちがあれば未経験でも挑戦可能な仕事です。 あらかじめコミュニケーションスキルなどを学んでおくと良いでしょう。 一人ひとりのお客様と向き合いたい人 個人営業の仕事をしていると、本当にたくさんのお客様と関わることになります。あるお客様では通じた対応が、別のお客様では通じないことも。お客様のニーズをよく把握することが重要です。 一人ひとりのお客様と向き合い、適した対応を心がけることでやがて大きな成果を生むことでしょう。 身近な商材を取り扱いたい人 個人営業が取り扱う商材は、個人が消費する商材を取り扱うことが多い傾向にあります。 例えばインターネット回線や、住宅、生命保険やウォーターサーバーなどです。生活に身近な商材であれば、消費側のニーズも把握しやすく提案もしやすいでしょう。 個人営業を目指す場合は、これまで自分が使用していたものを取り扱っている企業で挑戦してみると仕事に慣れるのも早いかもしれません。 礼儀正しさやマナーを身に着けている人 どの職種でもそうですが、礼儀正しさや、一般的なマナーはとても大切なスキルです。これらを身に着けている人は、個人営業をするうえでの信頼関係構築に役立てることができます。 過去に販売経験や接客経験がある人は、これらを自然に身に着けている可能性が高いので、個人営業にも向いているといえるでしょう。 負けず嫌いな人 営業は、数字を追う仕事です。社内で競うことも少なくありません。そのため、「社内で1位になってやる!」、「前回よりも良い成績をだすぞ!」などと、上を目指そうと考える人は個人営業に向いています。 悔しさをバネにしてステップアップしようと仕事に取り組む人は、大きな成果を出すことができるでしょう。 個人営業に資格は必要なし!やっておくと良いこと 個人営業に特別な資格は必要ありません。やる気があれば、経歴や学歴関係なく挑戦できる職業です。 ただし、やっておくと良いことはあります。それは自分がどの業界で個人営業として活躍したいのかということを明確にすること。 明確にしたら、事前にその業界についてよく勉強しておくと良いでしょう。 関連する資格があれば、取得を目指すのも良いかもしれません。面接でアピールできますし、入社後もスムーズに業界に入っていくことができるでしょう。 もし、自分がどの業界に入りたいのかわからない場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。アドバイザーがこれまでの経歴やあなたの話を親身に聞き、一緒に考えてくれます。 個人営業として働くメリット・デメリットは? 個人営業には多くのメリットがありますが、デメリットももちろんあります。どちらも理解したうえで自分に合う営業スタイルを選びましょう。 いろんな人に出会える 営業はさまざまな人と話すチャンスがあります。長く営業を続けていれば、付き合いが深くなるお客様も増えますし、そこから新たな仕事の話に広がることもあるでしょう。 デジタル化が進む現代ですが、営業で大切なことはコミュニケーションと人脈です。コツコツと人脈を築いていくうちに、営業をやっていなければ出会えなかったような人に会えることもあるかもしれません。仕事で得た人脈は大切にするとよいでしょう。 頑張れば頑張っただけ給与に反映されやすい 事務職や販売職は、残業代を除けば固定給であることがほとんどです。しかし、営業は成果を出せば出した分だけ給与に反映されるインセンティブ制度があります。 すべての会社が導入しているわけではありませんが、インセンティブ制度がある会社で成績を出せば、大きく稼ぐことが可能です。頑張りが給与に反映されるのは嬉しいですし、次へのモチベーションも上がりますよね。 お客様から直接感謝の言葉をもらえることも! お客様とじかに関わる個人営業は、お客様から直接言葉をいただけることもメリットです。嬉しい言葉だけではなく、ときにはクレームも受けなければならないかもしれません。 しかし誠実に対応することで最後には「いつもありがとう」、「あなただから買うよ」という言葉になることもあります。がんばりをお客様に認められ、嬉しい言葉をいただいた時の達成感は個人営業ならではです。 クレームを受けることは決して楽なことではありませんが、サービスや商品を向上させるきっかけや、自分を成長させる糧にもなるでしょう。 ブラック的な待遇の会社も 個人営業の仕事は、労働時間がほかの職種よりも長い傾向にあります。商談もお客様の都合に合わせなければならないので、休暇が取れなくなる場合も。 働けば働くほど稼げるチャンスもありますが、なかには労働基準を超えた待遇の会社も少なからず存在します。しかし個人営業のすべてがそのような環境ではありません。 求人サイトでは見分けがつかない場合も多いでしょう。そのような場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。 パスキャリは、正社員を目指す女性のための転職エージェント。入社後のギャップがないように、職場の雰囲気や有休のとりやすさなど転職サイトでは知ることができないような情報も得ることができます。 また、パスキャリ独自の求人案件も多数。ほかの求人サイトでは出会えないような優良企業の案件もあるので、あなたに合う環境の個人営業がきっと見つかることでしょう。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 個人営業の描くキャリアパスは?さまざまなポジションを目指せる! 個人営業としてコツコツと実績や経験を積み上げていくと、さまざまなキャリアを描くことができます。 ここではキャリアパスの一例を紹介するので、今後の参考にしてみてくださいね。 管理職など社内で上のポジションに着く 個人営業を極めることで、社内で管理職などのポジションに着くことはいかがでしょうか。社内をまとめるためのリーダーシップや責任感など、これまで以上に必要なスキルは増えますが、その分やりがいや達成感も非常に大きなものとなるでしょう。 これまでの実績を活かして転職先で上のポジションを目指すのもよいですね。 企画や商品開発の部署で経験を活かす 個人営業をしていると、自然にコミュニケーション能力やフットワークの軽さが身に着くことが多いです。お客様から直接要望を聞くことも多いでしょう。 それらを活かして、企画や商品開発の部署へ異動するのも一つの道です。 直接お客様と関わることはなくなりますが、営業部門の戦略に携わったり、意見を活かした商品開発に携わったりするチャンスがあります。 さらなるステップアップのために独立 独立も夢ではありません。営業を長く続けていると、社内外問わずさまざまな人脈を作るチャンスがあります。 個人営業として信頼や実績を残していれば、独立後も企業やクライアントから仕事をもらえる場合もあります。独立すると、すべて自分でやらなければなりません。しかし、企業に所属していた時以上の年収を狙える可能性があります。 将来独立したいと思っている人は、独立している人を多く輩出している企業を選ぶとよいでしょう。転職エージェントであれば、将来のキャリアパスをヒアリングしたうえで、あなたに合う企業を探してくれます。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 個人営業の年収はどのくらい?ほかの営業職とも比較! がんばるほど給与にも反映されやすい営業の仕事ですが、個人営業は平均でどのくらいの年収なのでしょうか?あわせてほかの営業職の年収も調べました! 個人営業の平均年収は約424万円! 個人営業はがんばり次第で大きく稼ぐことが可能です。しかし、成績が出せなければ給与は満足いくものにはならないでしょう。 成績や実績によりかなり差が大きい個人営業の年収ですが、平均すると約424万円のようです。年代別にすると以下のようになります。 年代 平均年収 20代 397万円 30代 539万円 (参照:マイナビエージェント) 全体では424万円ですが、年代でかなり差があることがわかります。20代でキャリアや実績を積み、30代でそれが成果となってでてくることが多いようです。 上記はあくまで平均年収であり、年代関係なく実績を出せれば年収1,000万円を超える人もいます。 ほかの営業職の年収 営業職は個人営業のほかにも法人営業や内勤営業などがあります。それぞれの平均年収をまとめると以下のようになります。 職種 平均年収 法人営業 447万円 ルートセールス 403万円 内勤営業 366万円 平均すると、法人営業の年収が1番高いことがわかりました。個人営業は424万円なので2番目の高さです。法人営業のほうが、個人営業より年収が高い理由の一つとして、扱う商材の大きさや規模があるかもしれません。 どの営業職を選ぶかは、年収以外にも扱いたい商材や、なりたい営業像など人によって異なります。よく考えて自分に合う求人を選びましょう。 まとめ 個人営業は、経験や学歴関係なく未経験からチャレンジできる職業です。がんばるほど稼げるチャンスがあるので、人と関わることが好きな人にはおすすめの職業になります。 個人営業の求人はたくさんあるので、どれを選んで良いかわからない人もいると思います。そんなときは、「パスキャリ」にご相談ください。 パスキャリは、登録無料であなたの転職をサポートします。専任のキャリアアドバイザーがあなたの長所や強みを見つけてくれて、ぴったりな求人をご紹介! 個人営業の求人も多数扱いがあり、企業の裏情報も知ることができるのでギャップの少ない転職の実現が可能です。 パスキャリを利用して理想の転職を実現しましょう! カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.25

営業

未経験でも始めやすい?コールセンターの仕事内容と向いている人とは

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
コールセンターの仕事に興味がある方は「未経験だけれどもできるかしら?」「自分に向いているか不安」と思ったことはありませんか? コールセンターの求人は、未経験でも応募できる求人が比較的多く、女性が取り組みやすい仕事として注目されています。 ここではコールセンターの仕事内容や、メリット・デメリット、どんな人が向いているか、気になる収入などを紹介します。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) コールセンターの仕事内容は?コールセンター管理の仕事とは? コールセンターで働くメリット・デメリット コールセンターの給料・年収はどのくらい? コールセンター業務に向いている人は? コールセンターの仕事に必要なスキル・資格は? コールセンターの求人登録ならパスキャリ コールセンターの仕事内容は?コールセンター管理の仕事とは? コールセンターの業務には、かかってきた電話を受ける「インバウンド」という業務と、電話をかけて発信する「アウトバウンド」業務があります。 また、「コールセンター管理」という業務もあります。それぞれどのような業務なのかについて、詳しく説明します。 インバウンド業務とは コールセンター用語でのインバウンドとは、顧客からかかってきた電話を受ける業務のことで、受信業務とも呼ばれます。 インバウンド業務は、業務内容にもよりますが、主に次の3つの種類があります。 ・ テレフォンオペレーター ・ カスタマーサポートテクニカルサポート ・ テクニカルサポート テレフォンオペレーターは、商品の受注や、サービスの加入や注文に関してかかってきた電話を受け、対応する業務です。 カスタマーサポートは、商品やサービスに関する様々なお問い合わせに対応する窓口です。 テクニカルサポートは、パソコンやIT機器の使い方の問い合わせやトラブルを解決に導くための対応をする業務です。 問い合わせの内容は、電話を受けるまでわかりませんが、商品、サービスに関する知識や、お問い合わせに対する対応方法を研修で学び、研修が完了してから実際の現場の業務に就くことになります。 研修では、ロールプレイングという形で、受けた質問に対しての答え方の練習も盛り込まれている場合が多いため、安心して業務に就くことができます。 アウトバウンド業務とは アウトバウンドの業務は、顧客、見込み客へ電話を掛ける業務です。発信業務とも呼ばれます。 業務内容にもよりますが、次の2つの種類があります。 ・ テレフォンアポインター ・ テレマーケティング テレフォンアポインターは、顧客対象に電話をかけて商品やサービスを紹介する業務です。 いわゆるテレアポと呼ばれており、対面営業が詳しい説明をするためのアポイントメントを取る仕事が多いですが、興味のある顧客を契約担当へ繋ぐ場合もあります。 テレマーケティングは、既に対象商品やサービスを利用しているお客様に対して発信し、何か困りごとや要望はないかを聞き出し、自社の戦略に役立てたりします。 また、顧客の相談を受けながら、次の商品やサービスを案内し、その場で新しい商品やサービスの売り込みに繋げる場合もあり、何件契約をとるといったノルマや目標が設定されている場合もあります。 アウトバウンドの業務も、どのような内容を話すかについては、事前に研修で教えてもらえる場合がほとんどです。 業務知識や話す内容はトークスクリプトとして配られますので、発信の場合は、まずはスクリプト通りに話を進めることが基本となります。 コールセンター管理とは コールセンター管理の仕事内容は、各コールセンターによって違いはありますが、オペレーターの上に立つリーダーの仕事となります。 SV業務とも呼ばれる場合があります。 オペレーターの研修や教育、マニュアル作成、勤怠管理やシフト表の作成などを行います。 月ごとに受信発信のデータを分析し、クライアントに報告を上げ、業務改善の提案をすることもあります。 また、オペレーターが対応しきれなかったクレーム案件を対応する場合もあります。 コールセンターで働くメリット・デメリット どんな職場でも、電話を受ける、電話をかける、という業務は発生します。特に職場で新人の時期には、必ず電話の受け方、発信の仕方を教えられます。 コールセンターの仕事を経験すると、敬語が流暢となり、自然と社会人としての電話対応スキルが磨かれます。 メリット1:未経験でも研修制度があり経験を積める コールセンターの仕事は、研修制度がしっかりしているため、未経験の方でも応募できるチャンスがあり、就業できる確率が高いというメリットがあります。 研修を頑張って乗り切ると、あとは経験をどんどん積んでいくことができ、知識も自ずと深まりますのでキャリアを積んでいくことができます。 そして、電話対応マナーや敬語の使い方を習得できるだけでなく、トーク術を身に着けることができます。 メリット2:時間やシフトを選べる コールセンターは、運営時間が24時間対応しているところもあれば、夜遅くまで対応しているところもあります。 そのため、シフト制になっている場合が多く、昼希望、夜希望など、ある程度希望を出せる場合が多いです。 時短勤務ができるところもありますので、子育てや介護のため、自分の希望する時間帯に働けるチャンスがあるというメリットがあります。 ただし、コールセンターによっては、時間帯や休みの日は選ぶことができないところもあるため、確認しましょう。 メリット3:服装や髪型の規則が厳しくない コールセンターによって就業規則は異なるため、よく確認する必要はありますが、外回りの営業職などと違い、外部の方と接する機会が少ないせいか、一般的には服装や髪型などの規則が厳しくない職場が多いです。 おしゃれを楽しみたい方にはメリットとなるでしょう。 デメリット インバウンドにしても、アウトバウンドにしても、商品やサービスの内容など、覚えることがたくさんあります。覚えることが苦手な方にはデメリットとなるかもしれません。 ただし覚えることが多いのは業務を始める前の研修の時だけとなりますので、あとは慣れれば余裕をもってできるようになります。 コールセンターの給料・年収はどのくらい? コールセンターには様々な業種や仕事内容があり、単純な受付から、複雑なテクニカルサポートといった専門職まであります。 そのため、給与は仕事内容によってかなりの差がありますが、ここでは平均的な相場を紹介します。 オペレーターの収入 コールセンターは、派遣社員のオペレーターの求人が比較的多い職場です。 派遣社員の収入は時給制が原則で、コールセンターの業務内容によってかなり差がありますが、時給の平均は、1,000円から1,300円が相場です。 月収では17万円~23万円位となり、年収にすると約190万円~260万円ぐらいになります。 比較的長期の場合は、契約社員、アルバイトという直雇用で雇用される場合があります。 その場合も時給制がほとんどで、業務内容によって差はありますが、時給は1,100円~1,500円くらいが相場です。 月収では約20万円~25万円、年収にすると240万円~300万円ぐらいになります。 (参照:https://www.tensyoku-station.jp/info/4216/) コールセンター管理の収入 コールセンター管理の職種はリーダー職のため、正社員か契約社員として採用される場合が多いですが、たくさんのスタッフを管理する責任ある仕事の為正社員の求人が多い傾向にあります。 正社員の場合、平均年収はスタートの年の350万円、契約社員の場合時給1,600円程度となります。 転職の場合、入社するまでの経験にもより、年収600万円のスタートという相場の例もあります。 (参照:https://callcenternavi.jp/ccplus/howto/12927/#i-6) コールセンター業務に向いている人は? 女性で未経験でも求人の多いコールセンター業務ですが、興味があるけれども「引っ込み思案で、この仕事に向いているかわからない」と思う方もいるかもしれません。 コールセンター業務に向いている人の特徴を紹介します。 相手を思いやることのできる人 電話をしてくる顧客は、希望や要望を伝えてきますし、相談もしてきます。どんどん自分の要望を要求してくる方もいらっしゃいますし、なかなか要望を伝えられないご高齢者もいらっしゃいます。 あらゆる人の対応をしなければならない中で、相手の立場に立って物事を考えたり、相手のペースに合わせてあげたり、気持ちに寄り添った対応が求められます。 相手を思いやることのできる人ならば、自然に相手の気持ちを察しながら対応をこなしていけるでしょう。 状況に応じた対応ができる人 コールセンターの仕事は、トークスクリプトを基本として、顧客への対応の方針やルールは決められています。 しかし、相手は人間なので、マニュアルにはない相談など、予想外の状況が発生する場合があります。 例えば、「商品の交換対応してほしい」という要望があった場合、お客様はどのような事情で話しているのか察知して対応することが必要です。 お客様都合なのか、会社側がわるかったのかを聞き出し、ルールを守りながら状況に応じて対応を判断します。 時にはSVに相談しながら状況に応じて対応することが必要な場合もあります。 気持ちを切り替えて前向きになれる人 「商品が届かない」「不具合がある」など、受注だけではなくクレームの対応をしなければならない場合があります。 大変な対応をした後は、気分も落ち込むことがありますが、嫌な気分を引きずらないで、気持ちを切り替えて次の対応を前向きにできるかが長く続けられるコツです。 気持ちの切り替えができる人はコールセンターの仕事に向いています。 コールセンターの仕事に必要なスキル・資格は? コールセンターの仕事を始めるには、必要なスキルや資格があるのでしょうか?あると役立つ資格や経験を解説します。 未経験でも始められる コールセンターの業務を始めるにあたっては、特別なスキルや資格は必要ありません。 採用される時に、複数の人数での研修が用意されているため、商品知識やサービス内容を一から覚えて業務に就くことになります。 未経験でも始められる求人が多いので、前職が全く違うジャンルの方も、就業できる可能性があります。 あると役立つ経験や資格 コールセンター業界には、通販会社など商品を販売する物販系や、インターネットなどの通信サービス系、IT系、保険業界、旅行業界など様々な業種のコールセンターがあります。 例えば前職で販売接客や営業を経験していた方であれば、お客様に対する対応の姿勢というものは、経験値として役立ちますし、前職がIT系であればそこで培った知識は業務に活かせる可能性があります。 自分の興味のある業種のコールセンターの求人を探すと、興味が持続するため、長く続けることができるでしょう。 また、コールセンター管理の業務を目指している方は、前職でSV経験がある方はもちろん経験がキャリアアップにつながりますし、「スーパーバイザー資格」「オペレーションマネージメント資格」「コンタクトセンターアーキテクチャ資格」などの資格は役に立ちます。 コールセンター業務の適正があるのか、自分で判断できず迷っている場合は、転職エージェントのアドバイザーに相談してみましょう。 コールセンターの求人登録ならパスキャリ コールセンターの仕事は、未経験でも始められる、女性に人気が高い仕事です。 そして、お客様の気持ちに寄り添ったいい対応ができた場合には「ありがとう」と感謝されることも多く、やりがいを感じることができます。 パスキャリなら、カウンセリングで適性を見極めもらえるため、「コールセンターの仕事に興味があるけれどもできるかどうか心配」といった方や、「オペレーターから管理業務にキャリアアップしてみたい」というお悩みの相談もできます。 また、アドバイザーがみな女性のため、「子育てをしながらできる時短のコールセンターの仕事を探している」「お休みが取れるコールセンターはないか」といった女性ならではのご希望や悩みの相談もできます。 未経験OKの求人も多いので、ぜひパスキャリに相談してみてください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.25

営業

金融営業って何をするの?年収は?詳しい仕事内容と未経験から転職する方法を解説

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
「なんとなく収入が高いイメージがあるから金融営業を目指したい」 「今は異業種の営業をしているけど、よりステップアップするために金融営業に転職したい」 このように、金融業界は華やかで高収入な人が多い印象を持つ人も多いでしょう。 しかし、イメージだけで金融営業への転職を決めてしまうと「思ってたのと違う」と、せっかく踏み切った転職がミスマッチに終わることも。そうならないためにも、事前にどのような仕事か知っておく必要があります。 本記事では金融営業の仕事内容と、業種未経験から金融営業に転職する方法を解説します。合わせて金融営業の年収や向いている人も徹底解説! ・ 「未経験から金融営業を目指したい ・ 金融営業がどのような仕事か知り、転職活動に役立てたい! これらの要望をお持ちの方はぜひ最後までお読みください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 金融営業の種類と仕事内容 金融営業の年収 金融営業が向いている人 金融営業に転職する方法 金融営業への転職を成功させるポイント 金融営業に転職する際必要な資格 まとめ 金融営業の種類と仕事内容 金融営業と一口に言っても、2つの種類に分かれます。 ・ ホールセール(法人営業) ・ リテール(個人営業) ホールセールとリテールの違いは主に顧客の規模です。明確な基準があるわけではなく、会社によって分類は変わりますが、『法人相手=ホールセール』『個人相手=リテール』と理解しておくと良いでしょう。 それぞれの具体的な仕事内容を解説します。 ホールセール(法人営業) ホールセールとは、金融営業の中でも自治体や公共機関、大企業などの大口顧客を対象として自社の金融商品を提案する営業です。規模が大きい顧客に対して、下記の業務を行います。 ・ 資金調達の提案 ・ 貸付 ・ 決算のサポート ・ 資産運用 これらのような日本の金融商品だけでなく、海外の金融商品の取り扱いも行います。 ホールセールは自分の力量が顧客の経営に深く関わり、事業の命運を分けると言っても過言ではありません。 リテール(個人営業) リテールは規模の小さい顧客を対象にした金融営業のことです。一般の個人や個人事業主などを対象に、下記の商材を提案します。 ・ 住宅ローン ・ 投資信託 ・ 株式 ・ 債券 ・ 保険 他にも、銀行の窓口営業もリテールにあたります。 ホールセールよりもサービス業の特色が強く、未経験でもチャレンジしやすい分コミュニケーションスキルや人あたりの良さを求められることが多いです。 金融営業の年収 金融営業の年収はホールセールで平均400〜500万円、リテールで300〜400万円となっています。金融営業全体では440万円で、日本の平均年収433万円と比べると若干高めです。 (参照:令和2年分民間給与実態統計調査) これは金融営業全体の平均値で、銀行で勤めている営業は平均448万円、証券会社の営業は平均535万円、保険会社なら平均438万円と金融営業の中でもばらつきがあります。 (参照:マイナビ金融AGENT) それでも、いずれも日本人の平均年収を上回る水準を担保しているため将来性と安定がある業界と言えるでしょう。大手金融企業の営業職なら、平均年収1500万円オーバーも珍しくありません。 金融営業が向いている人 金融営業が向いているとは次の3つのポイントを持つ人です。 ・ コミュニケーションスキルが高い人 ・ 論理的思考を持っている人 ・ 物事に粘り強く取り組める人 それぞれ詳しく解説していきましょう。 コミュニケーションスキルが高い人 金融業界だけに限ったことではありませんが、ホールセールもリテールもお客様を相手に提案をします。そのため、円滑にコミュニケーションを取るスキルは必須。相手の気持ちを汲み取ろうとする方はなお活躍できるでしょう。 論理的思考を持っている人 金融営業に論理的思考は欠かせません。お客様の大事な資産をお預かりしたり、事業戦略を練る上では論理的に考え、その時々で最適な解を出す必要があるからです。 感情やその時の雰囲気に合わせて提案をするのはご法度、論理的に考えられる力が必須です。 物事に粘り強く取り組める人 金融営業には一定のノルマを課されているケースがほとんどです。また、ノルマに対しても他の業界に比べて厳しめの風土の企業が多いため、達成・未達成に関わらず物事に粘り強く取り組める人は金融営業に向いているでしょう。 金融営業に転職する方法 金融営業に転職する方法は主に次の2つ。 ・ エージェント(人材紹介)を利用する ・ 求人広告から応募する それぞれ詳しく解説しましょう。 人材紹介を利用する 金融営業に転職する場合、特に未経験から目指すなら、人材紹介を利用するのがおすすめです。代表的な金融業界の機関としては銀行や保険会社、証券会社などが挙げられますが、特に銀行や証券会社に関しては採用基準が高めに設定されていることがほとんどです。 そのため、これらの業界で営業職を目指すなら、人材紹介を利用した方が効率良く転職活動ができます。人材紹介を通すことで、条件では伝えきれない自分の強みを最大限に引き出して企業にアプローチをすることができるのです。 人材紹介を利用して金融営業に転職するなら、パスキャリがおすすめ。 パスキャリは経験豊富なアドバイザーが多数在籍しています。今までのキャリアを踏まえてアピールポイントの整理や履歴書の添削などを含め、金融営業への転職をトータルでサポートしてくれるのです。ミスマッチのない転職をしたいなら、ぜひ利用してみることをおすすめします。 求人広告から応募する 金融営業に転職する方法として、掲載中の求人広告から金融営業の求人を探して応募するという方法もあります。しかし、求人広告は日々膨大な量の求人が掲載されているため、本当に志望したい希望する求人を探すのは難しいことも。 募集要項から企業が求める人物像が分かりづらく、マッチングしない企業に応募をし続けてなかなか転職先が決まらない…と言うことも多々あります。 そのため、求人広告から金融営業の求人を探すなら、掲載中の求人をいくつか分析してみることが大切。どんな企業なら自分にマッチングしそうか考えて、その企業が求職者に対して何を求めているのかを理解した上で応募をした方が書類選考率が上がります。 数打ちゃ当たる方式で色々応募すると、途中から自分が本当に求めるものがわからなくなってしまうのでそういった方法はおすすめはしません。 金融営業への転職を成功させるポイント せっかく転職活動をするなら、金融営業への転職を成功させるポイントを押さえておきましょう。金融営業に転職する際は、下記の2点を押さえると希望する企業に入社しやすくなります。 ・ 金融営業に必要な資格を取得しておく ・ 早めに決断をする 金融営業は他の業界の営業職と比べて、お金や資産運用などの知識があった方が転職活動で有利になります。もちろん未経験資格なしでも大丈夫なことが多いですが、事前知識がある方が企業も教育しやすいためです。 また、金融営業への道を進むことを決めたなら、早めに転職を決断をするのもポイント。基本的には何歳からでも金融営業を目指すことができますが、やはり未経験から入社するのであれば、年齢が若い方が圧倒的に有利です。 「●歳になったら転職しよう」 「自分に合う良い求人があったら移動しようかな」 という受け身の体制でいると、いつまで経っても転職に踏み切ることができません。 こういった時間のロスは非常に勿体無いので、自分がどうしたいのかを良く考えて行動すると良いでしょう。 金融営業に転職する際必要な資格 金融営業に転職する際、持っていると有利な資格については次の通りです。 ・ プライベートバンカー ・ FP(ファイナンシャルプランナー) ・ 証券アナリスト ・ 証券外務員 ・ CFA®︎ ・ DCプランナー(企業年金総合プランナー) ・ 賃金業務取扱主任者 資格の中には実際に金融機関で勤めた経験がないと取得できない場合もありますが、独学&実務経験なしでも受験可能な資格があります。お金の知識はこれからの人生で役立つものでもあるので、取得できるものは取得しておいて損はありません。 まとめ 金融営業は顧客規模によってホールセールとリテールで分かれます。年収は平均400万円〜500万円台ほどで、外資系の金融営業や大手の金融機関を担当する金融営業であれば、より高収入を狙えるでしょう。 金融営業はコミュニケーションスキルが高く、論理的な思考を持っていて、粘り強く物事に取り組める方が向いています。業界的にも華やかな印象がありますが、自分のできること、特性を理解した上で転職を決めないとミスマッチに繋がる可能性があります。 そのため、金融営業を目指したいと思ったらエージェント(人材紹介)を活用して、効率よく転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。パスキャリなら自分の強みを活かして、失敗のない転職をすることができますよ。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.25

営業

営業事務の仕事内容とは?一般事務との違い、年収、スキルを解説

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
女性を中心に人気の事務職ですが、事務職には色々な種類があります。その中でも特に人気の高い事務職が営業事務です。 しかし具体的にどのような仕事内容なのかピンとこないために、求人への応募をためらっている人もいるのではないでしょうか。 今回の記事は営業事務の具体的な仕事内容や年収、求められるスキルについて徹底的に解説します。一般事務や混同しやすい職種との違いについても解説していますので、事務職選びの参考にしてください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 営業部門を支える重要な役割である営業事務 営業事務の具体的な仕事内容とは? 営業事務の年収はどのくらい? 営業事務に求められるスキルとは? まとめ 営業部門を支える重要な役割である営業事務 営業事務にはどのような役割があるのでしょうか。似ている内容である一般事務や営業アシスタントとの違いについても解説します。 営業部門を支える重要な役割である営業事務 営業事務とは、営業部門をサポートするのに必要不可欠な存在です。業界や扱う商品・サービスにより業務内容は異なる部分もありますが、受発注や見積もり、請求書の作成など営業活動を事務作業の面で支えます。 営業事務のサポートがあるからこそ、営業は商談や成約獲得などの営業活動に集中できます。つまり営業と営業事務の連携があってはじめて、大きな利益を目指せるのです。 営業事務の存在がなければ、営業部門は効率的に回らないといっても過言ではないでしょう。 一般事務との違い 似ている仕事に「一般事務」があります。営業部門に限定されている営業事務とは違い、幅広い部署で活躍の場があるのが一般事務です。 仕事内容は電話応対やファイリング、パソコンスキルを活かした文章作成などで、事務の基本ともいえる仕事が主となります。 ただし一般事務と営業事務の違いに明確な定義はありません。企業によっては区別されておらず、実際は営業事務の業務内容でも求人票では一般事務と表記されていることもあります。仕事を選ぶ際は求人欄の仕事内容をしっかりと確認するようにしましょう。 営業アシスタントとの違い 「営業アシスタント」という仕事もあります。こちらは営業のサポートという点では同じです。しかし一般的には営業アシスタントのほうが、仕事の幅は広い傾向にあります。 営業アシスタントの場合、事務作業に限らず営業活動全体のサポートに入ることが多い為、商談へ同行・同席や、成約を取るためのリサーチなどを行なうこともあるでしょう。 場合によっては一人で商談へ向かうこともあるかもしれません。実績を積むことで、営業アシスタントから営業に異動することもあります。 営業アシスタントという仕事も明確に定義されているわけではないので、営業事務と兼任の場合もあります。入社後のギャップを防ぐために、こちらも求人内容をしっかり確認しましょう。 営業事務の具体的な仕事内容とは? 営業部門にとって欠かせない存在である営業事務。ここでは、その具体的な仕事内容について詳しく解説します。 メール・電話応対 どの部門の事務でもメール・電話応対はありますが、営業部門では取引先や顧客など社外からの電話やメールが他の部署に比べて多い傾向にあります。 外出している営業の代わりに取引先とやり取りすることも多く、担当者への取り次ぎだけではなく、代わりに商品やサービスの説明をすることもあるでしょう。そのため自社の商品知識や価格などについても把握しておく必要があります。 来客応対 取引先や顧客が打ち合わせや商談で来社する機会もあるでしょう。そのような時に応接室や会議室へ案内するのも営業事務の仕事です。 待っていてもらう間にお茶出しや、雑談をすることもあります。会社の顔として愛想よく応対することが大切です。 書類作成・取り扱い 営業事務は、営業活動に関わる様々な書類の作成や取り扱いがあります。営業活動する上で取り扱う書類は、主に次のようなものです。 ・ 見積書 ・ 注文書(発注書) ・ 契約書 ・ 納品書 ・ 検収書 ・ 受領書 ・ 請求書 上記の書類以外にも会社によっては、社内外向けのプレゼンテーション資料を作成することもあるでしょう。 これらの書類は、取引を交わす上で非常に重要な証拠書類となるので、正確に作ることが求められます。 受注・出荷の手配と管理 受注・出荷の手配や管理はメーカーや製造業、販売業の営業事務に多い仕事です。顧客から注文が入ったら、期日までに希望の数を納品できるように工場や倉庫に手配します。会社によっては在庫の管理を任されることもあるでしょう。 注文数の一桁違いや納品先の番地間違いなど、少しのミスが重大なトラブルとなることもあるので、書類作成同様に正確さが重要です。時には急な出荷依頼や注文数変更もあるので、臨機応変な対応も求められます。 顧客管理 これまでに取引のあった顧客の住所や電話番号、担当者名、取引履歴、契約期間を管理する仕事です。この情報を元に書類発送はもちろん、年賀状や挨拶状を送ることもあります。 また取引で契約更新が必要な場合は、更新期限が近づいてきたら営業担当者に伝え、更新手続きを促すようにします。 取引先の担当者や担当部署名、役職は変更されることもあるので、相手方に失礼のないように変更連絡があったら、すぐに管理している情報も最新のものに更新しておくことが大切です。 社内の事務作業 郵便物の発送や仕分け、備品の管理や発注は一般事務や総務事務が担うことが多いですが、本社以外の支店などでは社内に営業事務しかいないことも多くあります。 そのような時には、それらの仕事を営業事務が担うこともあるでしょう。事務は業務が幅広く、会社によっても業務内容が異なるため、臨機応変に対応する姿勢が大切です。 営業事務の年収はどのくらい? どの事務を選ぶかにあたり、営業事務の年収はどのくらいなのか気になる人も多いと思います。ここでは平均年収を元に解説していくので、参考にしてください。 営業事務の平均年収は347万円 結論から言うと、営業事務の平均年収は347万円でした。この数値は一般事務と合算した平均年収となりますが、営業事務と一般事務を明確に分けていない会社もあり、2つの違いの定義もないことから合算となっていると考えられます。性別や年齢別の平均年収は次の通りです。 年齢 平均年収 男性平均年収 女性平均年収 20代 329万円 396万円 324万円 30代 430万円 538万円 397万円 (参照:マイナビAGENT) 年齢別に見ると20代よりも30代の平均年収が高くなっていることから、実績を積むことで年収アップを狙えることがわかります。 では男女別に見てみましょう。男性の平均年収の伸びのほうが大きくなっており、30代では男女で100万円以上も差が出ています。この差については女性の場合、結婚や出産、配偶者の転勤に合わせた転職や退職があり、男性に比べて勤続年数が少ない人が多いため低くなっていると考えられます。 しかし上記はあくまで平均年収です。営業事務は幅広い業界で活躍しているので、平均年収より高い年収の営業事務もあります。そのため実績を積んでから、平均年収より高い営業事務へ転職を狙うことも可能です。 年収が高い営業事務を狙うならパスキャリ 営業事務として、キャリアアップを目指した転職をしたいならば、転職エージェントを活用してみましょう。特に営業を目指す女性には、パスキャリがおすすめです。 パスキャリは女性向けの転職エージェントで、キャリアアドバイザーは全員女性となっています。女性のキャリアアップの相談にも親身に対応できる体制が整っており、安心して利用できるでしょう。 パスキャリだけの非公開求人も多数抱えており、平均相場よりも高い営業事務の求人に出会える可能性もあります。 営業事務に求められるスキルとは? 営業事務は特に資格も必要なく、未経験からチャレンジできる事務ですが、求められるスキルはあります。今から営業事務を目指すのであれば、次のスキルを身につけておくとよいでしょう。 ・ パソコンスキル ・ 正確性とスピード ・ コミュニケーションスキル ・ 臨機応変で冷静な対応 なぜこのようなスキルが必要になってくるのか、順番に解説していきます。 パソコンスキル 営業事務に限らずですが、事務として仕事をするならパソコンスキルは必須です。特に営業事務の場合は作成する書類も多いので、ExcelやWordなど基本的なソフトの扱い、タイピングなど最低限のパソコンスキルは身につけておくとよいでしょう。 可能であればPowerPointのソフトも扱えるようにしておくのがおすすめです。PowerPointが扱えると、プレゼンテーション資料の作成なども任せられると判断してもらいやすくなるので転職で有利になります。 正確性とスピード 具体的な仕事内容の章でも触れましたが、書類作成や受発注業務する上で日付が間違っている、注文数量が一桁違う、住所の番地が足りないなどのミスは大きなトラブルに繋がります。そのため営業事務では正確性が重要です。 またスムーズに取引するためにはスピードも求められます。なぜなら書類がないと取引は進まないからです。営業事務は、期日までに正確な書類を作るための正確性とスピードが求められます。 コミュニケーションスキル 事務はあまり人と関わらずに、コツコツと仕事するイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし営業事務は顧客や取引先など社外の人と関わることも多い仕事です。 担当者への取り次ぎだけではなく、注文を受けたり、営業の代わりに対応したりすることもあります。お客様はどのような要望を持っているのか、どうすればわかりやすく内容を伝えられるかなど、意識して対応していかなければなりません。 そのためには聞く力や、説明する力などのコミュニケーションスキルが求められます。社内のやりとりや営業との連携をスムーズに行うためにも役立つので、コミュニケーションスキルは磨いておくとよいでしょう。 臨機応変で冷静な対応 こちらも具体的な仕事内容の章で少し触れましたが、臨機応変で冷静な対応が営業事務には求められます。 納品が公共交通機関のマヒで遅れる、顧客から突然の注文変更の他に、こちらのミスでなくとも予期せぬトラブルが起こることはあります。 例えばA工場から出荷する予定が、大雪などの悪天候で出荷ができなくなってしまったということもあるでしょう。その際は在庫がある別の工場へ素早く手配しなければなりません。無理ならば、分かった段階で素早く取引先へ連絡して納期の相談をします。 どのような時も慌てずに対処することが大切です。時にはイレギュラーな対応を求められることもあるでしょう。 このような事態に冷静な対処ができるよう、仕事が慣れてきたら考えられるリスクや対策をまとめておき準備しておくのがおすすめです。 まとめ 営業事務の具体的な仕事内容や年収、求められるスキルについて解説しました。営業事務はデスクワークで安定して長く働けることから女性に人気の職種です。 業務を円滑に進め、大きな利益を目指すために必要不可欠な存在である営業事務は、求められるスキルも多くあります。しかしその分やりがいも多く、幅広い業界で活躍しているので、経験と実績を積めば年収アップも狙えるでしょう。 営業事務や正社員が初めてという人は、パスキャリをご活用ください。女性の正社員に特化した転職エージェントであるパスキャリは、営業事務としてキャリアを積みたい女性の転職を多方面でサポートします。 女性ならではの悩みにも親身に相談にのりながら、あなたにぴったりの求人探しや面接対策などのサポートをするので、スムーズな転職を実現できます。利用は無料なので、ぜひご活用ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.20

営業

カスタマーサクセスってなにするの?具体的な仕事内容と必要なスキル

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
近年カスタマーサクセスという仕事の需要が増えており、女性を中心に人気が高まっています。 しかし用語を聞いたことがあっても、具体的な仕事内容は知らないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、カスタマーサクセスという仕事についてフォーカスした内容となっています。 年収や求められるスキル、向いている人の特徴についても解説しますので、カスタマーサクセスに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。 カスタマーサクセスの仕事内容とは? カスタマーサクセスという仕事は、2000年頃にアメリカで導入され始めました。日本に入ってきたのは2005年頃ですが、一般的に浸透しはじめたのはここ最近の話です。 カスタマーサクセスは、簡単に言えば「顧客の課題を解決し、成長や成功に導く」役割を持つ仕事です。 これだけ聞いてもあまりピンとこないかもしれません。しかし、実は、私たちが日常生活で利用している身近なサービスで、カスタマーサクセスは女性が活躍していることもたくさんあります。 カスタマーサクセスの仕事内容 それでは具体的な仕事内容を見てみましょう。カスタマーサクセスの仕事の目的は「顧客を成長や成功に導く」ことです。 カスタマーサクセスは、サブスクリプション型ビジネスを展開している企業で多く活用されており、目的を達成するために顧客より先回りしてアクションを起こしていくことが求められます。 サブスクリプション型ビジネスとは、定額制サービスのことです。サブスクリプションについては、のちほどまた詳しく解説します。 例えば、顧客がサービスを契約した後、続けて利用してもらうためには、顧客にとって魅力的であったり、ニーズを満たしたりするものでなければなりません。反対に顧客に不満が溜まればサービスの継続はしてもらえないでしょう。 そこでカスタマーサクセスは、不満なくスムーズに利用できるようなサポートや、課題解決を行ない、顧客を成功へ導いていきます。 その方法は、サービスの利用を開始した顧客向けに利用方法の説明会を開催したり、コミュニティを作成し、顧客同士の交流の場を作ったりなど様々です。サービス継続率や解約率などのデータを分析し、そこから新たな課題の発見や、改善策を見つけていくこともします。 カスタマーサポートとの違い カスタマーサクセスと聞いて、カスタマーサポートを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。どちらも顧客をサポートするという点では同じですが、カスタマーサポートは、お客様からの問い合わせやクレームが発生したときにサポートをします。 先回りして、問題が発生する前に行動するカスタマーサクセスと違い、お客様が問題を抱えたときに解決へ導くのがカスタマーサポートの仕事です。 能動的なサポートがカスタマーサクセス、受動的なサポートがカスタマーサポートだと考えるとわかりやすいでしょう。 カスタマーサクセスが求められている理由 以前は、耳にすることがすくなかったカスタマーサクセスですが、なぜ近年需要が増えているのでしょうか。 ビジネスモデルの変化 一つ目の理由にビジネスモデルの変化が挙げられます。従来のビジネスモデルは買い切り型が主体でした。しかし現代は先ほども触れたサブスクリプション型が増えつつあります。 サブスクリプション型ビジネスとは、定額制サービスのことです。契約後、毎月決まった料金を支払っている間は、サービスを利用し続けられます。 代表的なサブスクリプション型ビジネスに動画配信サイトや音楽配信サイトがありますが、これらを利用している人も多いのではないでしょうか。 月額1,000円程度で動画が見放題というのは、1本3,000円のDVDを買うよりも安価で、配信されているものから好きなものを好きなだけ観られるのでかなりお得です。 しかし、すぐに解約されてしまっては、企業側は儲かりません。毎月継続して利用してもらう工夫をする必要があります。そこでカスタマーサクセスの登場です。 どうすれば顧客に継続して利用してもらえるか、ニーズや課題を把握して顧客に成功体験を与える必要があるサブスクリプション型ビジネスの拡大に伴い、カスタマーサクセスの需要も増えるようになりました。 他社・競合との差別化 二つ目の理由が、他社との差別化を図るためです。現代は同じような物やサービスが溢れています。例えば音楽配信サービスは、大手からベンチャーまで、多くの企業が展開しています。ただ音楽が聴けるだけでは、顧客は継続してくれません。競争が激化しているなかで勝ち抜くためには、他との差別化は必須です。 差別化を図るためには、顧客のニーズや課題に先回りして応える必要があります。どのような顧客がターゲットなのか、ターゲット顧客が求めているのはどのようなサービスかを分析し、ニーズを満たしたサービスを提供することで、顧客の利用率もアップするでしょう。 このような背景からもカスタマーサクセスを導入する企業が増えています。 上記の2つの理由から、今後も需要は増えていくと考えられるでしょう。カスタマーサクセスという仕事は、まだメジャーな仕事とまではいかないものの、非常に将来性のある仕事と言えます。 カスタマーサクセスに求められるスキルとは? カスタマーサクセスになるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。カスタマースキルの業務は多岐にわたるので、求められるスキルも様々です。ここでは特に必要なスキルを解説します。それが次の4つです。 ●ヒアリングスキル ●提案スキル ●コミュニケーションスキル ●問題発見スキルと課題解決スキル なぜこのようなスキルが求められるのでしょうか。順番に解説します。 ヒアリングスキル カスタマーサクセスは顧客から不満や問い合わせがくる前に、先回りして行動していく必要があります。そのためには、顧客の悩みや課題を引き出すための「聞く力」が必要です。 しかしただ聞くだけでは意味がありません。「最適な提案をする」という目的をもって聞くことが大切です。相手の立場に立ち、理解しようとする姿勢を持ちながら聞くことで、顧客の隠れた悩みやニーズを引き出すことができるでしょう。 提案スキル ヒアリングで顧客のニーズや悩みを引き出せたら、次はそれらを満たす、または解決に導くために最適な提案をしていきます。 「なぜこの提案なのか」「この提案で得られる効果は何か」などをわかりやすく伝え、顧客に受け入れてもらうために提案スキルは重要です。 わかりやすい提案のコツは、まず伝えたいゴールを決め、そこから内容を考えていくことです。例えば売りたい商品に対して「この顧客は商品を使うことにより何を得るのか」をゴールに決めて、得られる理由や具体例を組み立ててストーリーを作っていきます。 日頃から伝えたいことのゴールを決めて話す習慣をつけることで、より早く提案力を身につけられるでしょう。 コミュニケーションスキル 顧客との信頼関係を築くことが重要なカスタマーサクセスは、コミュニケーションスキルも求められます。 信頼関係を築けなければ、顧客の隠れた悩みやニーズを引き出すことはできません。顧客と密なコミュニケーションで信頼関係を築くことにより、はじめて本音を聞き出すことができます。 コミュニケーションスキルは、営業や事務など他の仕事はもちろん、プライベートでも役立つスキルなので、身につけて損はないでしょう。 課題発見スキルと問題解決スキル 顧客の何気ない一言や言動の中に、問題や課題が隠れていることがあります。それはまだ顧客自身も気づいていないことかもしれません。 カスタマーサクセスはこれをいち早く発見し、最適な解決を図ることが求められます。そのためには、発生する可能性がある問題をあらゆる面から予測し解決法を準備しておく、または事前に対処しておくことが必要です。そのために求められるのが課題発見スキルと問題解決スキルです。 これらのスキルを磨くためには、常に常識や前提に疑問を持つ考え方である「ゼロベース思考」を持つとよいでしょう。 常識にとらわれずに物事を考えることで、柔軟な物の見方ができるようになり、新たな課題発見やアイディアが思いつきやすくなります。 カスタマーサクセスの年収ってどのくらい? カスタマーサクセスの年収がどのくらいなのか気になる人も多いと思います。 年収については、350万~900万円と企業や業界によってかなりばらつきがありました。 (参照:indeed 東京都のカスタマーサクセスの平均年収・給与) なかには年収1,000万円を超えるものもあります。カスタマーサクセスは特に必要な資格はなく学歴も関係なく挑戦できる仕事です。 インセンティブ制度を導入している企業もあるので、結果を出せば大きく稼ぐチャンスがあるでしょう。 もしカスタマーサクセスへの転職を考えていて、自分にぴったりな企業を見つけたいと思っているならば、転職エージェントの活用がおすすめです。 キャリアアドバイザーがあなたの要望や経歴をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれます。通常の転職サイトには載っていない非公開求人も扱っているので、思わぬ企業の求人に出会えることもあるでしょう。 特に女性でカスタマーサクセスへの転職を目指すならば、パスキャリがおすすめ。パスキャリは女性に特化した転職エージェントで、キャリアアドバイザーは全員女性です。 女性ならではの悩みも気軽に相談でき、面接対策や書類添削などについても優しくサポートしてくれます。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) カスタマーサクセスが向いている人の特徴 カスタマーサクセスの仕事は、未経験でもチャレンジできる仕事ですが、向き不向きはあります。ここではカスタマーサクセスが向いている人の特徴を解説します。 相手の成功を喜べる人 カスタマーサクセスは顧客を成長・成功へ導く仕事です。契約したら終わりではなく、契約後からカスタマーサクセスの本当の仕事の始まりです。 相手の気持ちに寄り添い共感し、どうしたらさらに喜んでもらえるか、相手にとって利益になるのかを考えられる気持ちがある人は、カスタマーサクセスに向いていると言えます。 感情的じゃない人 カスタマーサクセスは顧客から集めたデータを分析して、課題発見や問題解決を行ないます。成功のためには、データから論理的に答えを導き出す作業は欠かせません。 そのため、感情や相手の気持ちに共感しすぎて、それだけで意思決定してしまう人は向いていません。お客様に寄り添い共感しながらも、論理に基づいた意思決定が求められます。そのため感情に振り回されず、冷静に分析・対処できる人は向いているでしょう。 積極的な人 積極的に動くのが好きな人は、カスタマーサクセスに向いていると言えます。カスタマーサクセスは、顧客よりも先回りしてアクションを起こしていくことが仕事です。受け身の仕事ではないので積極性がない人は、ストレスになってしまう可能性もあります。 お客様からのアクションで、そのお客様に合う対応をしたいと考える人は、カスタマーサポートの仕事が向いているでしょう。 まとめ カスタマーサクセスはビジネスモデルの変化や、競合との差別化を図るために注目が集まっている仕事です。 サブスクリプション型ビジネスも、様々な業界で広がっているので、今後もカスタマーサクセスの仕事の需要は増えていくと考えられるでしょう。 まだまだメジャーな仕事ではないかもしれませんが、私たちが利用している身近なサービスで、カスタマーサクセスは活躍しています。 「相手を喜ばせることが好き」「積極的に動くことが好き」という人は、カスタマーサクセスに挑戦してみてはいかがでしょうか。 転職を効率的に進めたい場合は、パスキャリをご活用ください。 アドバイザーはすべて女性なので、女性ならではの悩みも気軽に相談できます。「転職がはじめてで不安」「子育てと両立したいから残業少ないほうが良いなんて希望したら怒られるかな」などの心配は不要なので、安心してご活用ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2022.07.20

LINE

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須

  • 生年月日*必須