Loading…
  • HOME
  • 転職コラム
  • エステティシャンになりたいと思ったきっかけは?面接で失敗しない志望動機とは

2022.07.20

美容

エステティシャンになりたいと思ったきっかけは?面接で失敗しない志望動機とは

エステティシャンになりたいと思っている人の中には、「面接が苦手」「志望動機をどう答えればいいのかわからない」と感じている人もいるかもしれません。

美容業界未経験の場合は、余計に難しく考えてしまいますよね。
そこでこの記事では、面接で役立つ志望動機の答え方をご紹介します。

迷った時は「なぜ自分はエステティシャンになりたいのか」を考えましょう。

エステティシャンを目指そうと思ったきっかけをはっきりさせれば、面接で自信を持って志望動機を伝えられますよ。

  • エステティシャンになりたいと思ったきっかけ
  • エステティシャンになりたいきっかけは志望動機に生かそう
  • エステティシャンの志望動機の例文
  • エステティシャンの志望動機のNG例
  • エステティシャンの面接のポイント
  • エステティシャンになりたいならパスキャリに会員登録!

エステティシャンになりたいと思ったきっかけ


エステティシャンを目指すきっかけはひと様々。
中でも、実際に活躍している人はどんな理由でエステティシャンになったのか気になりますよね。

そこで、ここではエステティシャンを目指したきっかけを現役エステティシャンの経験から紹介します。

自分にコンプレックスをもっていたから

お肌や体型など、自分に何らかのコンプレックスを持っている人は多いものです。
コンプレックスを解消するためにエステに行き、実際に解消できたという経験をしたかもしれません。

自分のコンプレックスを解消したことがきっかけで、エステティシャンになろうと決意した人もいます。

「エステ技術を活かしてお客様の役に立ちたい」という思いは強い志望動機になるでしょう。

おしゃれや美容に興味があるから

ファッションやメイクなど、おしゃれ・美容への興味が高ければそれらも志望動機になります。

「ファッションのトレンドは見逃せない」「コスメやメイクの研究が好き」という人もいるでしょう。
おしゃれや美容に対する興味の高さは、エステティシャンとして働く上で役立ちます。

エステティシャンはお客様にメイク技術や美肌のコツをアドバイスしたり、簡単で効果の高いセルフケア方法を教えたりしますよね。

美容への興味が高く、それを活かした職業に就こうと思ってエステティシャンを目指す人もいるんですよ。

過去のエステ体験が素晴らしかったから

自分が実際にエステに行き、そこで受けた施術が素晴らしかったことがきっかけになった人もいるでしょう。

素晴らしいエステ体験をすれば、「こんな施術をお客様に提供できるエステティシャンになりたい」と思うことがあるかもしれません。

エステに行ったことで美しくなれたという経験は、エステティシャンを目指す強い動機になります。

「エステの素晴らしさをお客様にも味わってほしい」と感じたなら、エステ業界に踏み込んでみてもいいかもしれませんね。

エステティシャンになりたいきっかけは志望動機に活かそう


エステティシャンになりたいと感じたきっかけをはっきりさせたら、そのポイントを志望動機に活かしましょう。

エステティシャンになりたいと思ったきっかけを、熱意とともにアピールすればインパクトある志望動機になりますよ。

自分自身の体験を志望動機に練り込もう

インパクトのある志望動機にするためには、自分自身の体験を盛り込むことが効果的ですよ。

自分がエステでどれだけ素晴らしい体験ができたかを盛り込むだけでなく、エステを体験したことでエステや美容に対する関心が高まったこともアピールするといいでしょう。

自分自身の体験を盛り込まず、「華やかなイメージがある」「エステを通してお客様を美容面でサポートしたい」という一般的なイメージで志望動機を考えると漠然としがちです。

採用する側にとって、漠然とした志望動機より自分自身の経験が明確に盛り込まれた志望動機のほうがいい印象になりますよ。

好印象な志望動機を作るためには、「自分がどのようなエステを受けたことがあるか」「その結果どう感じたのか」「どんなメリットがあったか」を明確にするといいでしょう。

それらに、さらにエステティシャンへの熱意を交えて伝える方法がおすすめです。

働きたいという熱意もしっかり伝える

エステティシャンとして就職するためには、自分自身のエステ体験やそれを活かしたいことを伝えるだけでは不十分かもしれません。

「なぜそのサロンで働きたいと思ったのか」を忘れずに伝えることが大切です。

エステティシャンは人気の職業である反面、離職率や転職率が高くなっています。
そのため、サロン側としてはできるだけ長く働いてくれるかどうかを重視しているんです。

応募したサロンに対して「絶対にここで働きたい」という強い熱意をアピールすると、好印象になります。

応募したサロンの魅力ポイントや好感もてるサービスや、お店で貢献したいことを伝えるのもいいかもしれません。

エステティシャンの志望動機の例文


志望動機はまとまったけれど、実際にどう書けばいいのか分からない人もいるでしょう。

効果的にアピールできる志望動機を書くためには、例文を参考にする方法がおすすめです。

就活用だけでなく、専門学校に入学するときに役立つ例文も紹介するので参考にしてくださいね。

新卒の志望動機

新卒からエステティシャンを目指す場合の志望動機の具体例をみていきましょう。

ここでいう「新卒」とは、美容系の専門学校を卒業する場合です。

例文1

私は以前から美容に興味があり、エステティシャンとしての技術や知識を学ぶために専門学校に通う道を選びました。

専門学校で学んで資格を取得しており、それを活かして働きたいと考えております。

 

実務経験はありませんが、お客様を美しくしたいという強い気持ちは誰にも負けないつもりです。

お客様の悩みを解決するために学んだ知識や技術を活かしながら一生懸命働かせていただきます。

例文2

私は以前から肌トラブルを抱えており、それを解決するためにエステサロンに通っていました。

エステサロンで継続的に施術を受け、ホームケアのアドバイスを頂いた結果悩みを解決でき、感動したことを覚えております。

 

今度は自分がお客様の悩みを解決する側に回りたいと思い、美容学校でエステティシャンの技術を学ぶ道を選択しました。

学んだ知識や技術を活かしてサロンに貢献したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

未経験の志望動機

美容業界の経験はないものの、エステティシャンに転職したいと考えている人に役立つ例文も見ていきましょう。

例文1

前職は小売店で接客を行っておりました。

美容業界で働いた経験やエステティシャンとしての資格はありませんが、接客を通して培ったヒューマンスキルや明るさを活かして働かせていただきます。

 

普段からメイクやコスメなどに興味があり、その知識を活かして誰かの役に立つことが願いです。

エステティシャンはピッタリの道だと感じており、この度応募させていただきました。

不足している知識や技術は積極的に学びますので、どうぞよろしくお願いいたします。

例文2

前職は事務職でエステ業界は未経験です。

肌荒れを解決するためにエステサロンに通ったことがきっかけで、エステ業界に興味を持つようになりました。

 

トラブルが徐々に改善していくことを実感することは素晴らしいと感じており、その素晴らしさを多くの人に味わって欲しいと思い、応募させていただきました。

未経験なので知識や技術など不足している面が多々ありますが、意欲的に勉強する所存です。

エステを通して人を美しくしたい、抱えている悩みを解決したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

転職の志望動機

すでに美容業界の経験がある人の場合、これまでの経験を積極的にアピールするのがいいですよ。

2つの例文を紹介しましょう。

例文1

美容学校を卒業後、エステサロンで5年間勤務した経験があります。

トータルエステサロンだったのでさまざまな施術を経験しましたが、その中でフェイシャルエステへの興味・関心が高くなりました。

 

これまでの経験を活かしながらフェイシャルエステの技術をさらに磨きたいと考えていたところ、フェイシャルエステ専門の求人を見つけたので応募した次第です。

より高度な技術を意欲的に学び、サロンに貢献したいと考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

例文2

痩身エステで3年半の実務経験を積み、認定エステティシャンの資格を取得いたしました。

資格取得後も痩身エステで勤務しておりましたが、お客様の悩みを総合的に解決したいと思うようになり、トータルエステサロンへの転職を考えました。

 

より技術を磨いて貢献できるサロンを探していたところ、御社の求人が目に留まったので応募させていただきました。

日々進歩する技術を積極的に取り入れ、サロンに貢献したいと考えております。

専門学校の志望動機

就職前に技術を身につけようと思い、専門学校への進学を選ぶ人もいますよね。

専門学校の入学試験でも面接が行われることがあります。

その場合は以下の例文を参考にしましょう。

例文1

貴校を志望した理由は、現役のエステティシャンから必要な技術を教えてもらえることに魅力を感じたからです。

エステティシャンを生涯の仕事にするために必要な技術を総合的に身につけたいと思っております。

 

実習の時間も多く、より実用的な学習ができることに魅力を感じました。

エステティシャンとして働くために必要な知識や技術をトータルで学習したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

例文2

貴校のカリキュラムを確認したところ、非常に充実していてより深い知識や技術が身につけられることに魅力を感じました。

エステティシャンはお客様の悩みを解決するために非常に高い技術を求められます。

 

貴校でなら必要な知識や技術を安心して学べると感じ、この度志望させていただきました。

資格取得も目指していきたいと考えています。

お客様の悩みを解決して笑顔にできるエステティシャンを目指して成長していきたいです。

エステティシャンの志望動機のNG例

エステティシャンの求人に応募したときに、あまりいい印象ではない志望動機もあります。
うっかりそのような志望動機を書いてしまわないためにもNG例についてチェックしておきましょう。

・自分の技術を猛烈アピール
・苦手分野を主張する
・独立をアピールする

まずひとつ目のNGは、自分の技術を過度にアピールすることです。

美容学校でエステティシャンとしての技術を学んだことや、複数の資格を取得したことを主張しすぎるとサロン側は不愉快にさせてしまう可能があります。

自分の技術は、就職後にパフォーマンスで見せるようにしましょう。
次に、苦手分野を主張することもNGです。

苦手分野を話す時点で、課題を乗り越えようという前向きな姿勢が伝わりません。

また、将来的に独立したいことをアピールすることも避けましょう。
将来ビジョンがあることはいいことですが、志望動機としてアピールすると「技術を盗まれるのではないか」「長く働いてくれないのではないか」とサロン側を不安にさせてしまいます。

サロン側は、意欲的に新しいことを学びつつ長く働いてくれるエステティシャンを募集していることを覚えておきましょうね。

エステティシャンの面接のポイント


サロン側は、面接で応募者がどんな態度を取るか、どんな印象なのかお客様目線になって評価しています。
ここでは、覚えておくと面接の突破口になるポイントを4つ紹介しますね。

重要なポイントを押さえておけば、チャンスに一歩近づけますよ。

エステティシャンは面接がとても重要

エステティシャンは技術職でありながら接客業です。

お客様の悩みをヒアリングしたり、ホームケアの方法を教えたりするのも重要な業務となります。
そのため、採用するサロン側は面接での態度や印象、明るさを重要視しているんです。

ほかにも、「このサロンで働きたいという熱意があるか」という点もチェックされますよ。

グループ面接の型式で行われることもあるため、インパクトと説得力のある志望動機になるよう工夫しましょう。

面接で想定される質問の答えを用意

面接で想定される質問の答えを事前に用意しておくことも、面接を突破するためのコツです。

よくある質問には、「自分が受けたエステの種類と感想」「応募したサロンの施術内容についての考え」などがあります。

自分が受けたエステについて聞かれた場合は、内容と効果を詳しく伝えるといいですよ。

たとえば、「肌荒れに悩んでエステに通ったところ、適切な施術とアドバイスのおかげで肌荒れを解消できた」などと伝えます。

応募先のサロンが行っている施術内容について聞かれたときは、事前に調査した内容とそれに対する感想を述べましょう。
そのため、事前にきちんとサロンについてリサーチすることが大切ですよ。

明るい印象を与える身だしなみ

エステティシャンの面接では、身だしなみも重要な判断材料になります。

エステティシャンは華やかなイメージの職業ですが、派手すぎるファッションは避けましょう。

基本的に、スーツを始めとする落ち着いた印象のファッションで望むことがおすすめです。

メイクは、自分の顔やお肌をより美しく見せられるようつくります。
接客業かつ、美を追求する職業であることを意識しましょう。

全体として明るい印象を与えられるか、派手すぎたり地味過ぎたりしないか、客観的に見て好印象を与えられるかどうかを意識することが大切ですよ。

自己PRの内容

面接に自己PRはつきものなので、事前にきちんと対策しましょう。

「自己PRをしてください」といわれて、しどろもどろにならないようにすることはとても大切です。

美容学校などでスキルを学んでいる場合は、よりスキルアップしてサロンに貢献したいことをアピールしましょう。
経験者の場合は、得意とするエステの分野や実績などを自己PRに含められますね。

未経験から転職を目指している場合は、接客に役立つヒューマンスキルを盛り込みましょう。

明るさや笑顔などをアピールできると好印象ですよ。

エステティシャンは、採用の際に「信頼性のある人か」「身体や肌に直接触れる施術を任せられるか」なども重要視されます。

エステティシャンになりたいならパスキャリに会員登録!


エステティシャンは資格が必要ないので、未経験でも挑戦しやすい職業です。

エステティシャンを目指すきっかけとなる出来事をうまく志望動機に盛り込むことで、より印象的になりますよ。

でも中には、志望動機をまとめるのが苦手な人や、面接が苦手な人もいますよね。
そんな人は、ぜひパスキャリにご相談ください。

パスキャリでは、面接でよく聞かれる定番の質問についてもしっかりサポートしています。

未経験者OKの求人も多数掲載していて、自分にピッタリの求人を見つけられますよ。

就職後のサポートも全力で行っているので、新たな一歩を踏み出すのに不安を感じている人でも安心してご利用いただけます。

未経験からエステティシャンを目指している人、転職を成功させるために信頼できるアドバイスをもらいたい人、転職に不安を感じている人はぜひパスキャリにご登録ください。

LINE

Recommend

美容のおすすめコラム

美容

美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事が楽しいと思う瞬間を紹介

美容カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
美容クリニック受付の仕事って大変そう…。 楽しいと思う瞬間ってあるの? このような疑問にお答えします。 この記事では、「美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間」をランキング形式でご紹介していきます。記事の後半では「仕事を楽しいと感じるコツ」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事が楽しいと思う瞬間を紹介 美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ まとめ カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事が楽しいと思う瞬間を紹介 では早速、「美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間」をランキング形式でご紹介していきますね。 なお、美容クリニックで働いている方の率直な感想について知りたい方は「【実際の口コミ】美容外科の受付で働いていた経験から感じたこと」や「夜職から美容外科サロン受付の昼職に就職」をご覧ください。   【美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間|第1位】感謝されたとき 美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間・第1位は『感謝されたとき』です。 美容クリニックでは、コンプレックスを抱えて来院されたお客様が“施術”を受けることで美しくなり、笑顔になってお帰りになります。 そのため、多くのお客様から「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられます。 感謝の言葉をもらったり、お客様の笑顔を見たりすると、こちら側まで嬉しい気持ちになりますので、前向きな気持ちで働くことができますよ。 「美容クリニック受付の仕事について解説しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間|第2位】お客様と関わっているとき 美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間・第2位は『お客様と関わっているとき』です。 美容クリニック受付は「来院受付」や「電話予約対応」だけが仕事ではありません。 お客様の不安や期待をくみ取ったり、より美しくなれるように一緒に考えたりなど、お客様の希望に寄り添うことができる仕事です。 そのため、やりがいを感じながら仕事をすることができますよ。 お客様一人一人と丁寧に関わり「楽しく働きたい!」という方は、美容クリニックに転職するといいでしょう。「美容外科の受付採用情報」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間|第3位】仕事がうまくいったとき 美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間・第3位は『仕事がうまくいったとき』です。 「自分の思いどおりに仕事が進んだとき」や「営業目標を達成したとき」、達成感とともに「仕事が楽しい!」という気持ちになる方が多くいました。 たしかに、仕事がうまくいくと自信がつきますので、どんどん楽しくなりそうですね。   【美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間|第4位】仕事の幅が広がったとき 美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間・第4位は『仕事の幅が広がったとき』です。 上述した通り、美容クリニック受付は、「来院受付」や「電話予約対応」だけが仕事ではありません。 「カウンセリング業務」や「会計・レジ業務」など幅広い業務があります。 そのため、経験を積むと任される仕事が多くなり、どんどん仕事の幅が広がりますよ。 なお、美容クリニック受付の仕事内容についてしりたい方は「美容クリニック受付の仕事内容はきつい?未経験でも大丈夫?求人を探すコツも紹介!」や「受付カウンセラー転職してよかったと思う瞬間!トップ5を公開!」をご覧ください。   【美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間|第5位】最新の医療機器に触れたとき 美容クリニック受付の仕事が楽しいと思う瞬間・第5位は『仕事の幅が広がったとき』です。 美容クリニックでは最新の医療機器に、いち早く触れることができます。 そのため、「最新の技術と知識を取り入れて成長したい!」と考えている方は、非常に楽しめると思いますよ。 常に進歩していく医療の知識や技術を取り入れ、美容のプロとして活躍したい方は、美容クリニックに転職するといいでしょう。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ ここからは、転職をためらっている方に向けて「仕事を楽しいと感じるコツ」をご紹介していきます。 仕事を楽しむことが苦手な方は、ぜひこの内容を参考にしてくださいね。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ1】プライベートと仕事のバランスをとる 仕事を楽しいと感じるコツ1つ目は『プライベートと仕事のバランスをとる』です。 仕事を楽しむ人はプライベートと仕事のバランスをとるのが上手です。 一方、仕事を楽しいと思えない人はバランスが悪いことが多い。 ですので、仕事を楽しいと思えない人はプライベートと仕事のバランスを見つめ直すといいでしょう。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ2】具体的な目標をもつこと 仕事を楽しいと感じるコツ2つ目は『具体的な目標をもつこと』です。 仕事に対して目標を持つとやる気が湧き上がります。 そのため同じ仕事でも、以前より楽しみながら業務に取り組めるかもしれません。 仕事を楽しみたい方は、具体的な目標を持つといいでしょう。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ3】自分を褒めること 仕事を楽しいと感じるコツ3つ目は『自分を褒めること』です。 仕事を楽しいと思えない人の中には、自分に厳しすぎるあまり、楽しめていない可能性があります。 自分に厳しいことはいいことですが、度が過ぎると仕事が嫌いになります。 仕事を楽しいと思えない人は、適度に自分を褒めて心を満たしてあげてください。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ4】仕事を楽しんでない人と関わらないこと 仕事を楽しいと感じるコツ4つ目は『仕事を楽しんでない人と関わらないこと』です。 仕事を楽しんでない人は頻繁に不平不満を口にします。 関わっても何一ついいことはありません。 常に不平不満を漏らすような人と一緒にいると、知らないうちに悪影響を受けますので、距離を取りましょう。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ5】職場でのコミュニケーションを増やす 仕事を楽しいと感じるコツ5つ目は『職場でのコミュニケーションを増やす』です。 職場の人間関係が良好だと会社に行くことが楽しくなります。 逆に、人間関係がギクシャクしていると、どれだけ仕事が楽しくても出社が嫌になるでしょう。 仕事を楽しいと思えない方は、まずは職場の人間関係を見直してみてはいかがでしょうか。 職場の人間関係が良くなるだけで、毎日が楽しくなるかもしれませんよ。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ6】自己有用感に意識を向ける 仕事を楽しいと感じるコツ6つ目は『自己有用感に意識を向ける』です。 自己有用感とは、自分が人の役に立っているという気持ち。 「自らに存在価値を感じる」ということです。 仕事を通じて、自分が人の(世の中の)役に立っていると思えば、仕事にやりがいを感じ、楽しくなるかもしれません。 ですので、仕事を楽しいと思えない人は自己有用感に意識を向けるといいでしょう。 「美容関連の仕事に転職した方のインタビュー記事」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の仕事は楽しい?仕事を楽しいと感じるコツ7】他人と比べないこと 仕事を楽しいと感じるコツ7つ目は『他人と比べないこと』です。 他人と自分を比べることが、仕事のモチベーションアップにつながるというのは事実です。 しかし、人によっては周囲と比べるあまり、毎日の仕事が嫌になることもあり得ます。 ですので、仕事をする際はなるべく他人と比較しないほうがいいでしょう。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   まとめ 美容クリニック受付への転職に不安を抱えている方は、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。 転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 美容クリニックへの転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

美容

美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?髪色・ネイルはどこまでOK?

美容カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
来週、美容クリニックの面接があるけど…。 どんな服装で行けばいいのかわからない。 このような疑問にお答えします。 この記事では、美容クリニック受付への転職を考えている方に向けて「面接にベストな服装」をご紹介します。 後半部分では、「身だしなみで注意すべきポイント」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 なお、美容クリニックの面接でよく聞かれる質問について知りたい方は「美容クリニック面接でよくきかれる質問9選」や「美容クリニックの受付カウンセラーの面接で必ず聞かれる質問5選」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   【目次】 美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?スーツを着用するのが基本 美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?服装自由の場合はどうする? 美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?服装選びのポイント6つ 美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?身だしなみで注意すべきポイント6つ まとめ     美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?スーツを着用するのが基本 面接はスーツで行くのが一般的です。 なぜなら、面接はビジネスシーンの一つ。遊びの場ではありません。 そのため、採用担当者に失礼な印象を与えないようスーツを着用するのが基本です。 面接の服装に迷ったらカジュアルな服装ではなく、きっちりした雰囲気を演出できる「スーツスタイル」で臨みましょう。 なお、スーツに関して特に規定はありません。 パンツスタイル・スカートどちらでも大丈夫ですよ。 「美容外科の受付の面接にベストな服装」でも同様のことを伝えています。     美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?服装自由の場合はどうする? 結論を申し上げますと、「お好きな服装でご来社ください」と記載してあってもスーツで行くことをおすすめします。 美容クリニックは一般的なクリニックと比べて華やかなイメージがあるため、「華やかな身なりで行くべきなのか」と迷ってしまうこともあると思いますが、その必要はありません。 美容クリニックでは華やかさではなく、医療従事者として清潔感や常識が重視されます。 したがって「面接の服装は自由」と記載してあってもスーツで行くことをおすすめします。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?服装選びのポイント6つ 上述した通り、面接では採用担当者に対して失礼な印象を与えないようスーツを着用することが基本です。 ただし、スーツなら何でもOKというわけではありません。 スーツを選ぶ際には、以下の点に注意してください。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント1】シャツの色 いくらスーツを着用していてもシャツの色が明るいと印象が悪くなります。 ですので、シャツを選ぶ際に派手な色は避けましょう。 なお、シャツ(ブラウス)は、白か淡いパステルカラーがベスト。 できるだけ、透け感が少ないものをおすすめします。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント2】スーツの柄 スーツの柄はシャツの色と同様で派手なものはNG。 スーツを選ぶ際は、無地、もしくはそれに近いものにしましょう。 くれぐれも太いストライプやチェック柄などは避けてくださいね。 それだけでド派手に見えてしまい印象が悪くなりますよ。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント3】スーツの素材 スーツの素材は、ポリエステルなどのスタンダードなものがおすすめ。 なるべく素材に凹凸がないものを選びましょう。 ツイードやコーデュロイなどの厚手の生地、光沢のあるベロアなどのスーツは絶対にやめてくださいね。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント4】スカート丈 面接にスカートスーツで行くことは問題ありません。 しかし短い丈のスカートはNGです。 スカート丈が短いと、社会人としてマナーがない人だと思われてしまいます。 ですので、スカートスーツで面接に臨む際は、丈の長さに注意しましょう。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント5】ストッキングの種類 ストッキングの種類は、ナチュラルストッキングがおすすめです。 最近は秋冬なら黒タイツを気にしない企業が増えてはいますが、あまりおすすめしません。 というのも、タイツはカジュアル度の強いアイテム。 スーツに合わせるとバランスが悪くなってしまいます。 ですので、秋冬でもストッキングはナチュラルがいいでしょう。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?ポイント6】靴の種類 靴の種類はシンプルな黒のパンプスがベスト。 スーツとのバランスを考えると、ヒールの高さは5~7cmくらいを選ぶといいでしょう。 そうすると、スーツに合ってきれいに見えますよ。 「美容業界の“合格率アップ”の面接マニュアル」でも同様のことを伝えていますよ。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?身だしなみで注意すべきポイント6つ ここでは、「身だしなみで注意すべきポイント」をお伝えします。 面接に臨む際は、以下のポイントに注意してくださいね。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント1】髪色 面接で明るい髪色はNG。 美容クリニックは華やかなイメージがあるため、髪色は明るくてもOKと思われる方もいますが、絶対にいけません。 髪色はあなたの印象を大きく左右しますので、極力暗めの髪色にしてください。 もちろん、真っ黒にする必要はありませんが、極端に明るい色は絶対に避けてくださいね。 なお髪型に関しては、肩より長い髪であれば一つに結んで行くことをおすすめします。 「美容クリニックの面接にベストな服装・身だしなみ」や「【採用担当が語る】知らないとヤバイ!美容のWEB面接でのマナー・やり方」でも同様のことを伝えていますよ。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント2】ネイル ネイルに関しては、アートなどはしないのが基本です。 マニキュアを塗る場合は透明色か薄いピンク、ベージュ系など、目立ちづらい色を選ぶようにしましょう。 派手なネイルをしていると、それだけで採用担当者の心証を損ねる可能性がありますので、注意してくださいね。 「美容クリニックは容姿や年齢だけで判断しない」や「面接の服装・メイク・身だしなみについて解説している記事」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント3】カラコン 面接でカラコンをつけることはNGです。 一般的な転職の面接では、カラコンはつけないほうが無難。 カラコンはビジネスの場に適しておりませんので、つけないことをおすすめします。 もちろん、「面接でカラコンを付けることはNG!」と決められてはいないので、マナー違反にはなりません。 しかし面接官によっては、カラコンによって「面接のマナーが身に付いていない」と判断し、マイナス評価をつける可能性もあります。 ですので面接では、カラコンをつけないほうがいいでしょう。 面接にカラコンをつけて行くと、マイナス評価になる可能性はあっても、プラスになることはありませんよ。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント4】メイクの濃さ 一般的に面接では、派手なメイクはNG。 派手なメイクをしてしまうと、清潔感が損なわれる上、ビジネスマナーができていないと思われ、信頼を得ることが難しくなってしまいます。 ですので、メイクはナチュラルを心掛けてください。 なお、ノーメイクもNGですよ。 メイクは最低限の身だしなみになりますので、ノーメイクで面接に臨むと、悪印象を与えてしまう可能性があります。 美容クリニックでは、面接時から美に対する意識をチェックされますので注意してくださいね。 「美容クリニックの面接・髪色ネイルはどこまでOK?身だしなみのポイント」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント5】全身のバランス 面接官は一つひとつのアイテムに目を光らせているわけではありません。全体で見ております。 なので、いくら綺麗なスーツを着ていても、靴だけカジュアルだったりするとバランスが崩れ、そこだけ目に付きます。 服装を選ぶ際は、悪目立ちする箇所がないように意識しましょう。   【美容クリニック受付の面接にベストな服装とは?注意すべきポイント6】清潔感 清潔感は相手にいい印象を与えるため必要不可欠。 清潔感があるだけで第一印象がよくなります。 なので、服装を選ぶ際は色やデザインも大事ですが、汚れやシワがないかも確認してくださいね。 「受付面接で好印象を与える身だしなみをチェック【服装・メイク・髪型】」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   まとめ 面接の服装についてお悩みの方は、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。 転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。 転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 美容クリニックへの転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

美容

美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?

美容カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
美容クリニックの面接に落ちた…。どうしよう。 もう何をすればいいのかわからない。 このような悩みを解決します。 この記事では、「美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動」をご紹介していきます。記事の後半では「転職の成功率を上げるコツ」を紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   【目次】 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?まずは気持ちの切り替え! 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動3選 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?成功率を上げるコツ5つ 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?面接に落ちる人の特徴3選 まとめ     美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?まずは気持ちの切り替え! 面接に落ちた時、まずやるべきことは気持ちの切り替えです。 面接に落ちたのは、美容クリニックが仕事をしていく仲間として「合う、合わない」の判断をしただけ。 あなた自身の人格を否定しているわけではありません。 ですから、あまり悩みすぎないようにしてください。 面接に落ちた時は、質疑応答の内容を振り返り、次回の面接に向けた反省材料として、前向きに考えることが大切ですよ。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動3選 ここからは、「美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動」をご紹介していきます。 この内容を参考にして、ぜひ転職活動に励んでくださいね。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動1】引き続き転職活動をする 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動1つ目は『引き続き転職活動をする』です。 転職活動には、縁やタイミングが大きく関わります。 ですので、落ち込んでいる場合ではありません。 縁やタイミングが合えば自分にぴったりの企業と出会える可能性がありますので、諦めずに転職活動を継続しましょう。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動2】面接に落ちた理由を聞く 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動2つ目は『面接に落ちた理由を聞く』です。 企業の中には、不採用の理由を教えてくれる場合があります。 ですので、一度、企業に問い合わせ、「面接に落ちた理由」を聞いてみるといいでしょう。 なお、面接や書類選考で落ちた理由を企業に聞くこと自体に問題はありません。 ただし、連絡する際はビジネスマナーを守ることが大切。 不採用と通知されたら、なるべく早いタイミングで聞いてくださいね。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動3】転職エージェントに相談する 美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動3つ目は『転職エージェントに相談する』です。 転職エージェントとは、求人の紹介から入職に至るまでのあらゆる場面においてサポートをしてくれるサービスのこと。 転職エージェントを活用すると、「応募書類の添削」や「面接対策」を受けることができます。そのため、選考の通過率が格段にアップします。 さらに転職エージェントのキャリアアドバイザーは、人事担当者のみならず、現場の担当者やトップともパイプを持っていることが多いため、美容クリニックの様子や雰囲気について聞くことができますよ。 転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 「美容クリニックの面接に落ちた場合の対処法について解説しているサイト」や「東京中央美容外科の面接落ちた!受付で不採用なら見直したいこと」でも同様のことを伝えています。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?成功率を上げるコツ5つ 続きましては、「転職の成功率を上げるコツ」をご紹介していきます。ぜひこの内容を参考にして転職活動に励んでくださいね。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|成功率を上げるコツ1】よくある質問を把握しておく 転職の成功率を上げるコツ1つ目は『よくある質問を把握しておく』です。 転職するときは面接対策が重要。なかでも、よく聞かれる質問に対して、しっかりと対策しておくことが大切です。 よくある質問を把握しておくと、面接での「パフォーマンス」が向上しますので、必ずチェックしておきましょう。 美容クリニック面接でよくきかれる質問については「美容クリニック面接でよくきかれる質問9選!対策と回答例文もあわせて紹介」や「美容クリニック面接でよく聞かれる質問15選!」、もしくは「美容面接のプロ解説!美容クリニック面接で聞かれる質問12選と回答例」をご覧ください。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|成功率を上げるコツ2】徹底的に企業研究を行う 転職の成功率を上げるコツ2つ目は『徹底的に企業研究を行う』です。 企業研究は転職を成功させる上で重要。 なぜなら企業研究を行うと、企業が求める人物像がわかり、「志望動機」や「自己PR」のクオリティがアップするからです。 転職を成功させたい方は徹底して企業研究を行いましょう。 「美容クリニックの面接のリアルや内定者の志望動機がわかる内定者セミナー」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|成功率を上げるコツ3】資格を取得する 転職の成功率を上げるコツ3つ目は『資格を取得する』です。 「日本化粧品検定」や「スキンケアアドバイザー」などの資格を取得しておくと、美容クリニッへの転職に有利。 「美容の知識」や「スキル」の証明になるため、面接の通過率が上がりますよ。 転職の成功率を上げたい方は、美容関係の資格を取得するといいでしょう。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|成功率を上げるコツ4】人手不足の美容クリニックを狙う 転職の成功率を上げるコツ4つ目は『人手不足の美容クリニックを狙う』です。 「人手不足のため積極採用中!」や「急募!」と掲載している美容クリニックは積極的に採用を行っています。 そのため、人手不足の美容クリニックは狙い目です。 転職の成功率を上げたい方は、人手不足の美容クリニックに応募するといいでしょう。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|成功率を上げるコツ5】模擬面接で練習を積む 転職の成功率を上げるコツ5つ目は『模擬面接で練習を積む』です。 面接は練習をすればするほど上手くなります。 ですので、面接で不採用になるという方は、模擬面接で徹底的に練習を積んでください。 「自己紹介」や「志望動機」といった回答の練習はもちろんのこと、「髪型」や「服装」、「立ち振る舞い」など、面接マナーまで改めてチェックしましょう。 なお、模擬面接は家族や友人に頼むのではなく、転職エージェントの「模擬面接サービス」を活用してくださいね。 転職エージェントには面接ノウハウの蓄積がある上、応募企業の特徴も把握しています。 ですので、より実践的な模擬面接を受けることができますよ。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する   美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動とは?面接に落ちる人の特徴3選 ここでは、「面接に落ちやすい人の特徴」をご紹介していきます。ご自身に該当する項目がないかチェックしてみてくださいね。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|面接に落ちる人の特徴1】清潔感がない 美容クリニック受付の面接に落ちる人の特徴1つ目は『清潔感がない』です。 美容クリニックは、美を提供する場所。美に対する意識はもちろん、医療従事者としての「清潔感」や「常識」が重視されます。 そのため清潔感がない方は、まず受かりません。 美容クリニックでは、身だしなみを厳しくチェックされますので、十分に注意してくださいね。 「東京中央美容外科の面接に落ちた際の対処法!」や「美容クリニックの面接に落ちた場合の対処法について解説しているサイト」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|面接に落ちる人の特徴2】目を見て話さない 美容クリニック受付の面接に落ちる人の特徴2つ目は『目を見て話さない』です。 相手の目を見て話すことは、コミュニケーションの基本。 受付業務を行う上で欠かせない要素です。 そのため、きちんと目を見て話せないと大きな減点対象になります。 面接では、緊張したり自信がなかったりすると、つい目をそらせてしまうこともあると思います。 相手の目を見て話す自信のない方は、模擬面接でしっかりと練習しておきましょう。 「美容クリニック面接で落ちた看護師の失敗談【対策もあり】」でも同様のことを伝えています。   【美容クリニック受付の面接に落ちた方が取るべき行動|面接に落ちる人の特徴3】会話のキャッチボールができない 美容クリニック受付の面接に落ちる人の特徴3つ目は『会話のキャッチボールができない』です。 受付業務の基本は、お客様と会話のキャッチボール。 ご要望をお伺いしたり、お支払方法を確認したりすることです。 そのため、会話のキャッチボールができない人は受付業務が勤まらないと判断され、不採用となります。 会話のキャッチボールは模擬面接を積み重ねることで上達しますので、自信のない方は繰り返し練習してくださいね。 「美容クリニックの面接に落ちた場合の対処法について解説しているサイト」や「美容クリニックに落ちた看護師によくある40の不採用理由」でも同様のことを伝えています。     まとめ 美容クリニックへの転職を考えている方には、転職エージェントの活用をおすすめします。 上述した通り、転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。 また、転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。 美容クリニックへの転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。 なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。 希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。 企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談ください。 カンタン30秒パスキャリのエージェントに相談する

2023.01.25

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須

  • 生年月日*必須