Loading…
  • HOME
  • 転職コラム
  • 「女性の転職のタイミングのいい年齢は?」20代・30代の転職対策を紹介

2022.07.25

お役立ち情報

「女性の転職のタイミングのいい年齢は?」20代・30代の転職対策を紹介

女性が転職を考えた時に、年齢が気になる方も多いのではないでしょうか?「転職したい」と思うタイミングは人それぞれです。
「転職は結婚してからでは遅いのでは?」「年齢的に早すぎるのでは?」など、年齢によって悩みも違います。
ここでは、女性の転職と年齢との関係と、年齢に応じた転職の成功方法のコツを紹介します。

  • 女性の転職に年齢制限はあるの?
  • 女性の転職で年齢が20代の場合の対策
  • 女性の転職で年齢が30代の場合の対策
  • 女性が年齢に関係なく転職するには?
  • 女性の転職の年齢のタイミングで気を付けること
  • パスキャリなら女性の転職をライフプランも視野に入れ相談できる

女性の転職に年齢制限はあるの?

女性の転職に年齢制限はあるの?
女性の転職で、「転職は28歳まで」や「35歳を超えたら転職はむずかしい」という説を聞いたことはありませんか?
この説はあくまでも目安であり、厳格な決まりごとというのはありません。

人によっては、会社の都合で、突然転職を余儀なくされる場合もあることでしょう。
〇歳までだから転職ができる、できないと考えるよりは、どのような経験や能力があるかが大切です。

20代、30代でも、年齢に応じて、転職で気を付けるべきことなどが違ってきます。
また、企業によって、採用する年齢の制限や目安はあるのは事実です。
職種や雇用形態によってある年齢を過ぎれば、転職は難しくなる場合もあります。

28歳までに転職したほうがいいという説は多いですが、それは28歳以降に転職できないという意味ではありません。
社会人として適度に仕事の経験はあるけれども、前職の会社に染まり切っていない「転職にふさわしい年齢」とみられている側面があります。
28歳の女性は、転職先での教育でも伸びるであろうと見込まれる年齢と採用側からは見られるため、転職採用の需要が高い年齢といえるでしょう。

また、「転職は35歳までが限界」という説については、企業にもよりますが、一般的には35歳を境に転職の成功率が下がるという意味があります。

企業は、若手の人材を多く採用する傾向にあります。給与を低く抑えられることや、新しいことを吸収しやすいことから、35歳以上の採用は、企業側は慎重になる傾向があります。

ただし、人手不足の業界では、スキルがなくても、やる気があれば採用したいという企業もあります。
スキルや経験を重視する職種であれば、あまり年齢にこだわらず転職できる可能性もあります。

女性の転職で年齢が20代の場合の対策

女性の転職で年齢が20代の場合の対策
女性の転職で20代は転職の求人が一番多い時期です。転職するには一番チャンスの多い年代です。
ただし、20代の前半、中盤、後半では、企業から求められるものは違います。年齢に応じて、面接の対策は考えておいたほうがいいでしょう。

20代前半の転職で求められるもの

新卒で就職してから3年ほどで転職を目指す方は、「第二新卒」と呼ばれています。
専門知識などはあまり求められず、社会人としての基本的なビジネスマナーがあるかを見られる傾向があります。
採用側は入社後に業務知識を覚えてもらいたいと考えています。

20代中盤の転職で求められるもの

20代中盤は、ビジネスマナーだけではなく、任せられた業務の進捗を、自分で考えながら進められるかというスキルを見られる傾向があります。

職種によりますが、例えば、「毎月、資料作成を期限までに作成する業務を行っておりました」というような業務内容の説明だけではアピールが足りません。

「その仕事に対して、進捗情報がわかるように、どのような工夫をしてきましたか?」などと聞かれる可能性があります。
スケジュールをどのように管理していたか、情報を共有はどのように行っていたかなど、業務を遂行するために、工夫した点を述べられるように面接対策をしておきましょう。

20代後半の転職で求められるもの

29歳ともなれば、即戦力になるスキルと経験を持ちあわせているかを求められます。
また既にリーダーとして活躍したり、専門知識を活かして活躍したりできる年齢のため、専門知識や率先力があるか、問われる場合があります。
どれだけ責任のある仕事を任せられてきたかをアピールすると同時に、転職先でこういうことをしてみたいというキャリアのビジョンを伝えましょう。

女性の転職で年齢が30代の場合の対策

女性の転職で年齢が30代の場合の対策
女性の30代の転職は、30代前半と後半では求人の数が違ってきます。
そして、出産や育児を迎えるピークの年代でもあるため、採用する側も慎重になる可能性があります。
ここでは、特に門戸が狭くなる、30代後半での転職を成功させるためのコツを紹介します。

30代の転職は難しいの?

30代の転職では、求人の選択肢が多いのは30代前半までです。
30代後半になると、ぐんと採用枠は少なくなり、未経験の業種への転職も厳しくなる可能性があります。

また、30代の女性の転職が難しいと言われる理由としては、独身の方は特に、結婚、出産、育児に関わっていく可能性があるためです。
独身の女性は、採用側からは、「採用してもすぐに結婚して離職するかもしれない」と思われる可能性もあります。

30代後半の転職を成功させるための7つの方法

就職の求人率が急に少なくなる35歳以上の転職ですが、成功せるために秘訣がいくつかあります。
30代の転職は、すぐに決まるというスタンスではなく、仕事を続けながら粘り強く転職活動を進めることをおすすめします。

転職を成功させるためにおすすめの方法を7つ紹介します。
できることを転職活動に取り入れてみてください。

  • • 今までのキャリアを活かすことができ、即戦力になる職場を探す。
  • • スキルと経験重視の職場を探す。
  • • やりたい仕事を探すのではなく、出来る仕事を探す。
  • • 35歳以上でも採用する企業を探す。
  • • 仕事を続けながら粘り強く転職活動をする。
  • • 限定した希望を履歴書には書かない。
  • • 30代の転職が相談できる転職エージェントに相談する。

今までのキャリアを活かせるような仕事を選ぶことで、即戦力をアピールでき、転職率は高くなります。

しかし、違う業界や職種に転職したいということであれば、資格やスキルを活かした仕事を選ぶ方法がおすすめです。
その中でも、福祉、介護、医療、営業に関する仕事は30歳代でも転職することができる可能性のある仕事といえるでしょう。

また、応募の際、履歴書に、勤務時間の希望や勤務地の希望などを事細かに本人希望欄に書き込んでしまうと、書類選考で落とされてしまう可能性が高くなります。
「貴社の規定に従います」と書き、企業側の要求に柔軟に対応できる姿勢を示しましょう。

女性が年齢に関係なく転職するには?

女性が年齢に関係なく転職するには?
20代、30代の早めの時期に、10年先、20年先も仕事をしたいというビジョンを考えているならば、興味のある職種で、ずっと働けるような転職先を探しましょう。

どのような年齢の方でもいえることは、年齢にあまり関係なく転職できる武器となるのは、「スキルを持つこと」です。

女性がいくつになっても働ける、手に職をつけることができる職種の例を紹介します。
興味がある職種であれば参考にしてみてください。

介護職員

介護業界は常に人手が不足しているため、幅広い年齢で応募できる可能性が高いです。
利用者の体に触れる介護業務は資格が必要ですが、未経験OKの「介護助手」の募集には、未経験、無資格で応募できる場合が多いです。

介護助手は、掃除洗濯、食事サポート、レクレーションの手伝いなどを行います。
資質がマッチしていれば、やりがいを感じることもでき、働きながら資格をとり、キャリアアップしていくこともできます。

資格は介護職員初任者研修が入門資格となり、20代、30代の時期に早めに取得をすると、一生使えるスキルとなります。

コールセンターの仕事

販売接客、コールセンターの仕事は、女性の求人数が比較的多い職種です。
ただ、正社員となると求人数が少ないため、例えば、紹介予定派遣で就業し、一定期間でスキルをつけたら直雇用として採用される枠に応募する方法があります。
ただし、一定期間後、契約社員となるか、それとも正社員となるかは求人をよく確認しましょう。

営業職

営業職は、業種はさまざまあります。
中でも、20代の若いうちからキャリアを積むことができ、30代を過ぎても活躍できる2つの業界があります。

  • • 保険営業
  • • 不動産営業

この2つの業界は、女性の人生経験や知識によって、カスタマーの要望をくみ取り、提案でき、女性の人生経験を強みとして活かせる仕事としておすすめです。

セラピスト

セラピストは、女性で未経験の求人が多い職種です。
未経験で応募する際は、入ってからしっかりとした研修制度があるか確認しましょう。
給与体系や、店やスタッフの雰囲気を確認することも大切です。

セラピストに向いている人は、人の気持ちを汲み取り、人を癒すことに興味がある人です。ボディーのリラグゼーションなどは、体を使う仕事になります。
そのため、お客様の疲れや悩みを受け止められるような、心も体も元気な人で、常にスキルアップに向けて努力や勉強を惜しまない人が向いています。

ボディー系のセラピストの中にも、アロマテラピーや、リンパマッサージ、リフレクソロジーなどの種類があります。

腕を磨くほど、お客様に喜ばれ、収入に反映する実力次第の世界なので、本当に興味がマッチしていれば、やりがいをもって取り組むことができるでしょう。
20代に手に職をつけることで、結婚、出産後も一生活かせるスキルとなります。

女性の転職の年齢のタイミングで気を付けること

女性の転職の年齢のタイミングで気を付けること
女性の転職を考える時、結婚前の転職か、結婚後の転職か迷うことがあるのではないでしょうか。

結婚前の転職のメリットとしては、結婚後に出産となった場合に、産休、育休、時短の制度を利用できる可能性があるということです。
20代の転職であればこのようなプランは実現できる可能性があります。

また、求人票には「産休・育休取得可能」とあっても、産休・育休を利用して復職している女性社員がちゃんといる企業なのかどうかなどの確認をしたほうが安心です。

結婚後の転職のメリットとしては、結婚生活の生活リズムに合わせて転職先を選択できるということです。
「家族のために残業がない職場をあえて選びたい」といった希望もあることでしょう。
そのような事情を受け入れる企業はあまり多くないため、転職エージェントに相談することが一番の近道です。

パスキャリなら女性の転職をライフプランも視野に入れ相談できる

パスキャリは転職エージェントの中でも女性の正社員に特化したエージェント
女性の転職と年齢の関係性や、女性の年齢ごとの転職事情について説明しました。

女性の転職は、結婚、出産も視野に入れて考えたいといった希望がある場合、企業の産休制度があるかなどの情報を確認する必要があります。
また、採用の年齢制限が、実際にはどれぐらいあるかなどもリサーチしなければなりません。

そういった点では、自分一人でのリサーチには限界があるため、相談できる転職エージェントを探し、登録し、キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動をすることをおすすめします。

パスキャリなら、キャリアアドバイザーが全員女性のため、女性のライフプランの悩みを親身に聞いてもらえます。
土日も行っている為、仕事をしながらも登録し、相談できます。
ぜひ登録してみてください。

LINE

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須

  • 生年月日*必須