Loading…
  • HOME
  • 転職コラム
  • カウンターセールスとは?仕事内容と求められるスキルを徹底解説!

2022.07.20

営業

カウンターセールスとは?仕事内容と求められるスキルを徹底解説!

「カウンターセールス」という言葉をご存知でしょうか?
誰もが利用したことがある携帯ショップを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
店舗でカウンター越しに、来客に対して行う営業のことです。

カウンターセールスは、外回りをしない内勤営業職のため、業界にもよりますが女性が応募できる求人が多い傾向にあり、女性に人気がある職種です。
ここではカウンターセールスの仕事内容、気になる年収、適性、求められるスキルなどを、詳しく解説します。

  • カウンターセールスとは?その仕事内容は?
  • カウンターセールスとして働くメリットデメリット
  • カウンターセールスの給与年収はどのくらい?
  • カウンターセールスに向いている人は?
  • カウンターセールスに必要なスキル資格は?
  • カウンターセールスの求人登録ならパスキャリ

カウンターセールスとは?その仕事内容は?

カウンターセールスとは?その仕事内容は?

カウンターセールスは、外回りのない内勤営業の形態の一つで、店舗の中で、訪ねてきた顧客に対して商品者サービスを提案し、売る、といった営業活動のことです。
カウンターセールスの職種がある業界は、携帯ショップだけではなく、不動産、保険、車、ブライダル、旅行などです。

顧客として利用したことがある方はイメージしやすいかもしれませんが、カウンターセールスは、来店する目的の限られた顧客を相手に対応するため、扱う商品やサービスに対する豊富な知識や話術のスキルが必要となります。
ノルマはある店舗もあれば、ない店舗もあります。求人要項を確認しましょう。
また、最近はコロナ渦の影響で、オンラインでの相談もできる窓口が増えている傾向にあります。
それぞれの業界のカウンターセールスの仕事内容をチェックしてみましょう。

携帯電話

顧客の具体的な希望を聞き、料金プランの提案をし、契約に結び付けます。端末や周辺機器の販売や、故障トラブルの対応やアフターフォローも行うことがあります。

不動産

顧客の希望を聞き、物件を紹介します。アパートマンションや土地、駐車場などの賃貸や売買に対応します。

保険

保険のカウンターセールスは、来店型保険ショップでの対応となります。来店者の相談を聞き、ご要望に合った保険を提案し、契約に結び付けます。既存顧客へのフォローも含まれます。

車、バイク

ディーラーに来店する、車を買い替えたいと考えている方や、車の保険やアフターサービスを求めている方、車の見積もりをご希望されている方に、新車、または中古車をご提案し、販売に繋げます。

ブライダル

相談カウンターで、結婚式の会場や、二次会会場を探している来客者の相談に乗り、希望や条件に合った会場探しや、結婚式決定までの様々な手配を代行して行います。

旅行

旅行会社のカウンターで、来店者のご要望に合ったツアーやプランを提案販売する仕事です。申込書の作成や旅行の手配といった業務も含まれます。
プロとしてのアドバイスも求められるため、お客様のご心配ごとを素早く読み取り、対応します。シーズンや時期によってのおすすめプランや、キャンペーンも含め、提案する内容も変わってきます。

カウンターセールスは、いずれの業界も、来店する顧客の要望を聞き、商品を提案し、契約に結び付けるという流れとなります。
商品やサービスを提案し、契約に結び付けるだけではなく、カウンターセールスの多くは、顧客の相談に乗ったり、ご要望やお悩みを伺ったり、対面だけではなく、電話やメールでの対応も行います。

「インサイドセールス」との違い

外回りのない内勤営業の形態には「インサイドセールス」と呼ばれる営業手法もあり、今注目を集めています。
カウンターセールスは、訪ねて来る顧客に対応するという側面がありますが、インサイドセールスは、メールやオンラインツールを使い、離れた場所でも顧客と直接対面することなく営業活動を行います。

最近はZOOMなどのWEB会議ツールが普及し、メールや電話に加えてオンライン営業という新しい形が加わり、扱う商材にもよりますが、オンラインで商談や契約まで行うことができるようになりました。
コロナ渦の影響で、カウンターセールスの店舗でも、オンラインを通して相談を受けたり、契約に結び付けたりするというインサイドセールスの営業手法を採用する企業が増えています。

カウンターセールスとして働くメリットデメリット

カウンターセールスとして働くメリットデメリット
カウンターセールスは内勤営業の中でも顧客と対面する仕事となります。メリットややりがいはどんな点にあるのでしょうか?

メリット1:残業があまりない

店舗の窓口業務となるため、開店、閉店の時間が決まっており、あまり極端な残業がないというメリットがあります。
女性の就業者が多い業界もあり、お子様のお迎えの時間や家事の時間をしっかり確保したいという女性には大きなメリットといえるでしょう。

メリット2:提案がしやすい営業職

カウンターセールスの場合、外回りの営業のように飛び込みはなく、来店した顧客の相談に乗るというスタンスとなります。
商品知識はしっかりと学ぶ必要はありますが、その分提案がしやすく、お客様に満足していただけたという達成感を感じることができるというメリットがあります。

メリット3:正しい敬語やビジネスマナーが身に付く

日々来店する顧客に対して、明るい笑顔で対応を心がけることで、顧客との接し方のマナーが身に付くため、身のこなしが美しくなり、商品のプレゼンテーション力も身に付きます。
基本的な営業スキルが身に付くため、他の営業職へのキャリアアップにもつながります。

デメリット

商品のターゲットが絞られている分、幅広く、尚且つ深く商品知識を身に着ける必要があります。
例えば携帯ショップ一つを例にとっても、どれだけの数のスマホが店舗に並んでいるかを想像するとわかる通り、その機種に関する商品知識をインプットし提案することになります。

商品知識を常に学ぶ必要があり、覚えることが多いのが嫌いな方にとってはデメリットとなりますが、商品知識に興味がある方であれば、逆にやりがいをもって取り組むことができるでしょう。

カウンターセールスの給与年収はどのくらい?

カウンターセールスの給与年収はどのくらい?
気になるカウンターセールスの正社員の収入について、チェックしましょう。
カウンターセールスの年収の平均は約366万円です。
(参照:マイナビエージェント:『内勤営業/カウンターセールスの平均年収給料(給与)』)

内勤営業の平均年収は約365万円なので、この相場とはほぼ同等といえます。
(参照:第二新卒エージェントNeo:『内勤営業の仕事内容とは?平均年収や活かせるスキル、向いている人を調査!』

外回りを含めた営業職全体の平均年収は480~560万円です。
(参照:パーソル:『営業の給料はどれくらい?職種別・世代別で平均年収を公開』

このことからカウンターセールスは、外勤営業の収入と比べると低めの収入といえます。

業界別の営業職の平均年収と比較してすると、カウンターセールスの営業職は低めの収入といえます。

  • 海外営業…507万円
  • メディカル営業…489万円
  • ソフトウェア業界…462万円
  • 金融営業…441万円
  • 不動産業界…431万円
  • 商社…411万円
  • 広告業界…397万円

カウンターセールスの雇用形態別の平均収入は、正社員の平均編集が366万円に対して、派遣社員の平均時給は1,601円(月収にすると約27万円)アルバイト、パートは1,020円(月給にすると約17万円)となっています。
(参照:カウンターセールスの仕事の年収時給給料情報

カウンターセールスに向いている人は?

カウンターセールスに向いている人は?
「カウンターセールスの仕事に興味があるけれど、適性がるか自分でもわからない」と思っていませんか?相手の話を聞き、わかりやすく商品やサービスを提案する仕事ですが、未経験でも、向いている仕事としてマッチすれば、やりがいを感じながらキャリアを積んでいくことができます。
どんな人向いているか、参考までに例を紹介します。

相手の話を聞くのが上手な人

カウンターセールスは顧客の要望や悩みを聞くことから業務がはじまります。
相手の話をよく聞くことで、顧客が何を求めているかわかり、提案も考えやすくなります。
相手の話や質問を遮ったり、否定したりすることなく、何を希望しているのかを上手く聞きだすことができる資質やマナーが求められます。

気配りができて接客が好きな人

例えば雨の中、どこかの店舗に入った際「本日は雨の中お越しいただきましてありがとうございます」という言葉を掛けてもらい、傘立てを案内されたという経験はありませんか?
そのような気配りの言葉を掛けられた時は、雨の日の暗い気持ちも忘れてしまうほどうれしい気持ちになり、その後は、カウンターセールスの方の言葉が心地よく聞こえた、という経験はありませんか?
さりげない気配りができる方は、カウンターセールスに向いています。

説明が上手い人

顧客の立場からすれば、カウンターセールスの方の説明がわからないと、カウンターに座っていても「納得いかない」という気持ちになり、「自分の質問に対してきちんと答えてほしい」という苛立ちを覚えるものです。

商品知識を説明するにしても、ポイントをわかりやすく説明したり、複雑な料金プランなどを、顧客に分かりやすく説明したり提案したりすることができる能力が求められます。
ポイントを押さえたわかりやすい説明ができる人は、カウンターセールスに向いています。

業界の商材に興味関心がある人

カウンターセールスの仕事に興味があるのであれば、好きな業界の求人を探すことをおすすめします。
お金のためだからといって興味のない業界に就職しても、精神的な充実は感じることができない可能性があります。

「お部屋探しが大好きで、間取り図に興味があり、不動産屋さんを回るのが大好き」という方が、不動産業界のカウンターセールスの仕事に望んで就業するならば、仕事とはいえ、やりがいを感じながら充実した毎日を送れることでしょう。

「カウンターセールスに興味はあるけれども、自分に適正があるか心配」「好きな業界のカウンターセールスの求人を知りたい」と思われている方は、転職エージェントのアドバイザーに相談することをおすすめします。
的確なアドバイスが受けられるだけではなく、たくさんあるカウンターセールスの求人から、希望にあった求人が見つかる可能性が高いです。

カウンターセールスに必要なスキル資格は?

カウンターセールスに必要なスキル資格は?
カウンターセールスとして働くにあたり、必ず必要なスキルや資格はありません。
未経験でも募集している求人も多くあります。
あるといい経験としては、接客の経験や、人前でプレゼンをした経験がある方は、スキルを活かすことができます。

必ず取得しておくべき資格ではありませんが、カウンターセールスに役立つ資格として、「セールススキル検定」という、営業力を測る民間検定の資格があります。
この資格は、トップセールスの人々の行動特性に基づいた内容のため、顧客の要望の聞き方や、購買心理の把握、マナーなどを学ぶことができ、カウンターセールスの業務に役立つ内容となっています。

カウンターセールスの求人登録ならパスキャリ

パスキャリであなたの適性を見極めよう!
店舗に来店した顧客のご要望をヒアリングして、商品やサービスを提案するカウンターセールスは、女性の求人が多く、環境的にも店舗の中での勤務するため、寒さなどの天候にも左右されず、女性が働きやすい職種とえいます。

パスキャリは、スキル、経験、転職回数より、人柄重視の求人が多く、サポートはすべて完全無料です。
「未経験からカウンターセールスの仕事をやってみたい」という方や「販売からカウンターセールスにキャリアチェンジしてみたい」という方は、ぜひパスキャリに登録してみてください。

LINE

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須

  • 生年月日*必須