• HOME
  • 転職コラム
  • フリーターから営業職に就職する方法 未経験からでも正社員を目指せる理由

2022.05.16

営業

フリーターから営業職に就職する方法 未経験からでも正社員を目指せる理由

「今までフラフラとフリーターをやってきてしまったけど、そろそろ正社員として働きたい!せっかく働くなら今までの接客経験を活かした営業職がしたい!でも…未経験から正社員を目指せるものなのかな?」
このようなお悩みをお持ちではありませんか。
フリーターから営業職に就職するのは可能で、未経験から正社員を目指しやすい仕事でもあります。

そこで今回は、フリーターから営業職に就職する方法を3つご紹介しましょう。合わせてフリーターから営業職を目指せる理由と、営業職になろうと思った際に気をつけるポイントも解説します。

今現在アルバイトなどのフリーターで、これから正社員を目指そうと思っている人はぜひ最後までご覧ください!

  • フリーターから営業職に就職する方法3選
  • 未経験のフリーターでも営業職で正社員を目指せる理由
  • フリーターから就職できる営業職の種類
  • フリーターが営業職に就職する時のポイント
  • まとめ

フリーターから営業職に就職する方法3選

フリーターから営業職に就職する方法3選
それでは早速、フリーターから営業職に就職する方法を3つご紹介しましょう。

  • ・ 人材紹介を使う
  • ・ 求人サイトで営業職を探す
  • ・ 知人の紹介で探す

初めての転職である場合、この中では人材紹介を使って営業職に就職するのが一番おすすめ。理由は後ほど解説します!

人材紹介を使う

フリーターから営業職を目指すなら、人材紹介を使うと良いでしょう。
今までフリーターをしてきて転職する際の自分の市場価値を知らないなら、人材紹介を利用してカウンセリングを受けて自分がどんな職場ならうまく活躍できそうなのかを客観的に判断して紹介してくれるからです。

望みの少ない企業にアタックをし続けるといった非効率を避けつつ、的確なアドバイスのもと効率的に就職活動を進めることができます。

求人サイトで営業職を探す

フリーターから営業職を目指す場合、求人サイトで営業の求人を探すと良いでしょう。ものにもよりますが、営業職をする上で特別必要な資格等はありません。そのため、求人サイト経由で営業職を探しても比較的見つかりやすいのが特徴です。

知人の紹介で探す

営業職は向き不向きがはっきり分かれる仕事のため、常に人手不足のケースも多いです。そのため、知人に声をかけると営業職の社員を探している、求人をかけているといった会社も多いはず。まずはダメもとで「営業職で働きたいこと」を公言して回ると良いでしょう。

未経験のフリーターでも営業職で正社員を目指せる理由

フリーターが営業職に就職する時のポイント
営業職は未経験のフリーターでも目指しやすい職種です。その理由は次の3つ。

  • ・ 特別な資格が要らない場合がほとんどだから
  • ・ 必要な部署なのにいつも人手が足りないから
  • ・ 営業職=人柄で勝負する世界だから

それぞれの理由を詳しく解説します。

特別な資格が要らない場合がほとんどだから

営業職で働く上で、特別必要な資格はありません。業種によっては専門知識を証明する資格が必要になることもあるかもしれませんが、営業職で働くほとんどの場合は資格は必要ありません。中小企業なら特別良い大学を出ていなくても、学歴不問で営業職を募集している企業も多いのです。

強いて言えば、車を使って営業先を回る場合に普通自動車免許が必要なくらいでしょう。その他は接客経験などがあればより優遇されることもありますが、基本的には資格・経験ともに不要なケースが多いです。

必要な部署なのにいつも人手が足りないから

未経験のフリーターでも営業職を目指しやすい理由として、『必ず必要な部署なのにいつも人出が足りないから』というのが挙げられます。

営業職は顧客と自社を繋ぐ大切な役割を持ちます。言わば会社の売り上げを支えている部署といっても過言ではありません。しかし、営業職は人と面と向かって関わる必要がある部署のため、向き不向きがはっきりと分かれる世界です。こればっかりは努力でどうにかできるものでもありません。

そのため、入職する人が多い反面長く続けるのが難しく、いつも人出が足りないため未経験のフリーターでも営業職になりやすいのです。

営業職=人柄で勝負する世界だから

営業職は人柄で勝負する世界のため、未経験のフリーターでも十分なりえますし、活躍できる可能性があります。

営業職は取引先に自社のサービスを利用してもらうために、『売り込みにいく』のが仕事です。しかし、単に商品を売り込むだけでなく、自社のサービスに付加価値を与えなければなりません。同じような商品が並ぶ中でお客さんが決定するための要素になるのが付加価値だからです。

そんな商品に付加価値をつけるためのポイントになってくるのが営業の人柄です。

今時人柄だけでは仕事は取れない、という意見もあります。しかし、人と人が関わる仕事な以上、全く人柄を気にしなくても良い営業というのはほとんど存在しないでしょう。お客さんが取引先を決定する際、少なからず「担当者がどのような人間か」という部分も気にするはずです。

反対に言えば、特別な特技や学歴、経験を持っていなくても人柄が良ければ十分勝負できる世界なのです。

フリーターから就職できる営業職の種類

フリーターから就職できる営業職の種類
続いて、未経験のフリーターから就職できる営業職の種類について解説します。一口に営業といっても新規、既存、個人、法人と枝分かれしており、それぞれでどんな人が向いているのか変わります。

自分に向いている営業職の種類を見極め、就職の参考にしてみてください。

新規営業

新規営業とは、新たに取引先を増やすことを目的とした営業職です。営業でイメージすることが多い飛び込み営業やテレアポなどはこの新規営業のことです。

新規営業は体力的・精神的に大変なところが多いものの、収入が上がりやすい点がポイントです。成約に至った際のインセンティブが既存営業よりも大きく、「とにかく営業で稼ぎたい!」という人に向いているのがこのタイプ。金銭的なモチベーションがあった方が頑張れる方や、契約を獲得したときに一番の喜びを感じるタイプは新規営業を選ぶと良いでしょう。

新規の個人営業

新規の個人営業とは、会社ではなく個人を対象にした営業をかける営業職です。個人を対象にした新規営業は例えば以下のような職種があります。

  • ・ 訪問販売
  • ・ 不動産販売
  • ・ クレジットカードの案内
  • ・ ケーブルテレビの営業

個人を相手にするため、企業を相手にする法人営業よりも理不尽な対応を受けやすい点はデメリットですが、人柄でお客様の懐に入れるようならとても良い成績を上げられるはずです。

新規の法人営業に比べて入社のハードルは低めです。

新規の法人営業

新規の法人営業とは、企業を相手に営業をかける営業職です。新規の法人営業としては、例えば以下のような職種があります。

  • ・ 広告の営業
  • ・ メーカーの営業

個人相手の新規営業よりも理不尽な対応をされることは少ないですが、なかなか決裁権を持つ人が捕まりづらく成果が出るまでに時間がかかることも多いです。しかし、その分一つの成約が評価されやすいことも多いのです。

既存営業

既存営業とは既に何度かお取り引きがある企業や個人のお客様に対して、サービスのアフターフォローをしたり、新商品を紹介することを目的とした営業職です。

既存営業は基本的に新規営業ノルマも課せられることが多いですが、完全に分業して既存営業のみを行うという場合もあります。給与水準は新規営業よりも低いですが、その分精神的・体力的負荷が少なく、無理せず長く続けられるメリットがあります。

既存の個人営業

既存の個人営業とは、既にお取引のある個人のお客様に対してアフターフォローや何かあったときの相談窓口としてサービスを提供するための営業です。
既存の個人営業職としては、次のような職種があります。

  • ・ 保険の販売
  • ・ 置き薬の販売
  • ・ 生協のドライバー

いずれも今のサービスに不満はないか、追加で導入・購入したいものをお伺いするといったことがメインの業務になります。

既存の法人営業

既存の法人営業とは、既にお取引のある企業のお客様に対して満足度の高いサービスを提供するための窓口になってもらうための営業です。既存の法人営業職としては次のような職種があります。

  • ・ 代理店営業
  • ・ メーカーの営業

既存の法人営業の場合、大体が新規営業も兼任することが多いです。しかし比率で言えば新規のノルマはさほど重要視されないことも多いため、長く安定的に勤めたい方には既存の法人営業がおすすめです。

フリーターが営業職に就職する時のポイント

フリーターが営業職に就職する時のポイント
続いて、フリーターが営業職に就職する時に意識したいポイントを紹介します。
「良し、営業職を受けてみよう!」と思ったら、次の3点に留意して就職活動をすると良いでしょう。

  • ・ 活かせるフリーターの経験は遠慮なく履歴書に書くこと
  • ・ フリーター歓迎の営業職求人を選ぶ
  • ・ 最低限の社会人マナーを忘れずに

フリーターと言えどその間働いていた職歴は立派な経歴です。営業職に活かせる経歴は遠慮なく履歴書に記載しましょう。営業職の場合、特に接客経験があると喜ばれます。また、就職の成功率を高めるには『フリーター歓迎を謳っている営業職求人』を選んで応募すると良いでしょう。中には営業経験者のみを採用している求人票もありますので、応募資格や対象となる方の欄を注意深くチェックしてください。

最後に、最低限の社会人マナーは忘れないことが大切です。フリーターといえど、これからいち企業に入って看板を背負って営業をしていくのです。基本的な挨拶や目を見て話す、相手の言葉を遮らないなど、相手に対しての最低限のマナーは必要不可欠です。

まとめ

パスキャリであなたの適性を見極めよう!
フリーターの経験が長くても、そこから営業職として就職するのは意外とハードルが低いものです。人とコミュニケーションを取ることに抵抗がないのであればぜひ営業職を目指してみてはいかがでしょうか。

フリーターから営業職を目指すなら、人材紹介を使うとスムーズに就職活動を行えます。パスキャリなら未経験歓迎の求人が多く、フリーターからの就職も効率的に行うことができます。また、履歴書の添削や面接の同行など、就職までのサポート体制もバッチリ完備されているので安心です。

未経験のフリーターから営業職を目指してみたいと思ったら、まずはパスキャリに登録することをおすすめします。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する