Loading…
  • HOME
  • 転職コラム
  • アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え

2023.03.10

営業

アパレルから営業は転職しやすい!志望動機の書き方と転職に成功するための心構え

「アパレルから営業に転職したいけど、志望動機になんて書けば良いか悩む…!」
「あまり転職活動をしたことがないから、どうやって志望動機を書けば良いかわからない」
このようなお悩みをお持ちではありませんか?

アパレルから営業に転職するときは、「アパレルで培った経験を押さえて志望動機を作成すること」で書類選考の通過率がグッと上がります。そこで今回は、「アパレルから営業に転職する際の志望動機の書き方」と、転職する際に成功しやすくなるための心構えを3つ紹介しましょう。志望動機の例文も合わせてご紹介します。

この記事を最後まで読むことで、アパレルでの経験を志望動機にうまく落とし込むことができます。

  • アパレルから営業は転職しやすい
  • アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方
  • アパレルから営業に転職するには
  • アパレルから営業への転職に成功するための心構え3つ
  • まとめ
  •  

アパレルから営業は転職しやすい

アパレルから営業は転職しやすい
アパレルから営業は、転職しやすい職種であることをご存知ですか。
どちらも共通して言えるのは、次の3つのステップです。

  • ・ 新規のお客様をつかまえる
  • ・ お客様と交流し、お客様の求めるものを提案する
  • ・ 再度購入してもらえるようにお客様を繋ぐ

アパレルで商品を販売するためには、ただ立っているだけではいけません。「なんか良いものないかな」と訪れたお客様に対して、お客様と交流しながら潜在的なニーズを引き出します。そして、お客様の求める商品を購入していただく。もう一度来店していただけるように、ダイレクトメールやハガキ、メールマガジンなどで繋ぐ…。

この流れは、営業職も一緒です。そのため、アパレル出身の人が営業職に適性があるのはある種当然のことなのです。今までやっていたことを商材と環境を変えてやっているだけのこと。企業がアパレル出身者を営業職として求めることは多いですが、これが理由です。

アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方

アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方
それでは早速、アパレルから営業に転職するための志望動機の書き方を解説しましょう。今回は2通りの例文をご紹介します。その前に、志望動機を書く際のポイントとしては、次の3つ。

  • 1. 嘘は言わないこと
  • 2. その会社で貢献できるポイントを押さえる
  • 3. 自分にしかできないことを伝える

まず大前提として、嘘の志望動機は書かないことです。嘘を書いて書類選考を通ったところで、面接の時に見抜かれてしまうととても印象が悪いです。自分の言葉で正直に志望動機を書くことが大切。

そして、その会社で貢献できるポイントを押さえて自分にしかできないことを伝えることです。今までの経験をどうやって活かしていくのか、具体的に伝わるように書きましょう。

続いて、今日から使えるアパレルから営業に転職するための志望動機をご紹介します。

今日から使える志望動機例文①

華やかな印象があり、アパレル出身者と一見親和性が高そうに見える広告業界。どうして広告を選んだのかがポイントです。

■アパレルから広告の営業に転職する際の志望動機
私は3年間のアパレル販売の経験を経て、広告がもたらす効果をとても強く感じました。広告の打ち出し方で商品の売れ行きも変わり、興味深く感じるとともに、いつしか「自分でも売れる広告作りに携わってみたい」という気持ちに変わりました。
これまでの経歴で広告営業に関する経験はありませんが、接客スキルやお客様のニーズを引き出すコミュニケーションスキルは御社の広告営業でも活かせると考えております。

今日から使える志望動機例文②

未経験でもやる気とポテンシャルを買ってくれる企業が多く、相性が良い不動産営業。意識する点はガッツと売り上げを上げるための工夫です。

■アパレルから不動産の営業に転職する際の志望動機
私は18歳から6年間アパレルの販売をしており、直近2年間は店長として働いておりました。私が店長になってからはSNSを使ったプロモーションを取り入れたり、イベントを企画するなどして順調に新規のお客様を取り入れ、店舗の毎月売り上げ目標を達成させることができました。
しかし、どんなに自分が頑張って販売しても収入が伸び悩む点に限界を感じ、今回不動産の営業職に転職することを決意しました。
今まで培ったコミュニケーションスキル、傾聴力を活かし、お客様にご満足いただける物件を提案できる営業になります。

どうしても志望動機が不安なら人材紹介がおすすめ

「志望動機がどうしても考えられない…」
「私が今までやってきたことで、どこがアピールポイントになるのかわからない」
このようなお悩みをお持ちの方もいるでしょう。それなら、人材紹介を使うと良いでしょう。

人材紹介は人材を求める企業と求職者をマッチングするサービスですが、求職者として登録する際に専任のアドバイザーがつきます。そのため、人材紹介を通して書類選考や面接に進む際に専門家目線でアドバイスをくれるのです。自分1人で面接対策をして挑むよりも、書類選考も面接も通過率が上がるでしょう。

アパレルから営業に転職したいなら、パスキャリがおすすめ。未経験からでもチャレンジできる営業職の求人を豊富に揃えており、アパレルの経験を活かして転職を成功させることができますよ。

アパレルから営業に転職するには

アパレルから営業に転職するには
アパレルから営業に転職するには、次の2つの方法があります。

  • ・ 人材紹介を使う
  • ・ 求人広告から応募する

詳しく解説していきましょう。

人材紹介を使う

アパレルから営業に転職するには、人材紹介を使うと効率よく転職活動を進めることができるでしょう。転職経験が無いとなかなか面接に通過することができずに苦労することも多いですが、人材紹介を経由すれば、面接時に伝えきれなかった自身の魅力などもアドバイザーが企業に伝えてくれるのです。特にアパレルから営業に転職する場合、自身の接客スキルなどの棚卸しをするためにも一度人材紹介の面談を受けてみることをおすすめします。

求人広告から応募する

求人広告から営業職に転職する場合、掲載中の求人広告から応募してみても良いでしょう。『営業 ○○県 求人』などで検索をかければ、該当地域の求人が見つかるはずです。

求人広告から応募する際に注意が必要なのは、企業とのやりとりです。書類選考を通過した場合、面接の設定や面接後のお礼、内定をいただいた際の返信など、全て自分で対応する必要があるのです。

人材紹介を経由すればアドバイザーが担当してくれるところも多いですが、求人広告から応募する場合は全て自分で担当しなければならないので言葉遣いやマナー等注意しましょう。

アパレルから営業への転職に成功するための心構え3つ

アパレルから営業への転職に成功するための心構え3つ
アパレルから営業へ転職する際に意識したい心構えは次の3つです。

  • ・ ステップアップを転職理由にする
  • ・ 活かせる共通点を意識する
  • ・ アパレルに向いていなかったら営業も向いていない可能性

それぞれ詳しく解説しましょう。

心構え①ステップアップを転職理由にする

アパレルから営業に転職する際の心構えとして一番大切なのは、ステップアップを転職理由にすることです。

  • ・ 給料が安い
  • ・ 土日休めない・有給が取れない
  • ・ ボーナスがない
  • ・ 人間関係が悪い

など、アパレル業の不満を解消するために営業に転職したいのだと採用担当に思われてしまうと、非常にマイナスポイントになります。転職理由は大体不満の解消だとは思いますが、それを感じさせない前向きな理由を志望動機に掲げると転職が成功しやすくなります。

心構え②活かせる共通点を意識する

ただ営業に転職したいからでなく、アパレル業で培った『営業でも活かせるであろうスキル』を意識することも大切です。接客業未経験者よりもアパレル業を経験していた人の方がコミュニケーションスキルが高いことが想定されるため、企業側も期待値が高いのです。

心構え③アパレルに向いてなかったら営業も向いていない可能性

営業に転職したい理由が「アパレルに向いていないから」の場合、少し注意が必要です。具体的にどの部分が向いていなかったから営業に転職しようとしたのかを明確にしないと、同じ轍を踏むことになる可能性があるからです。

  •  お客様に合わせるのが疲れた
  •  売り上げを上げられないから辞めたい
  •  ノルマが辛い

などの理由が転職理由の場合は、同じ要素が強い営業も向いていない可能性があります。どうして営業職を目指そうと思ったのか、今一度振り返る必要がありそうです。

アパレル職の方向けのおすすめの営業の職種とは?

アパレル業界は流行が変わりやすく、常に新しいアイデアやトレンドを求められる厳しい環境です。

また、シーズンごとに新しい商品を生み出すためには、長時間労働や過酷なスケジュールが必要となります

そういった環境ではストレスや疲れがたまり、転職を考える方も多いのではないでしょうか。

一方で営業職は、人とのコミュニケーションが中心となるため、自分自身のスキルや人間関係を広げることができます

また、結果に直結する業務であるため、自分の能力を正当に評価されることができるのも魅力のひとつです。

おすすめの営業系職種としては、営業アシスタントやルート営業などが挙げられます。

営業アシスタントは、営業部署のサポート業務を行うため、社内外問わず様々な人と関わることができます

また、ルート営業は、既存の取引先に訪問し、商品の販売や新規取引の開拓を行うため、コミュニケーション力や交渉力が求められる仕事です。

転職理由としては、アパレル業界とは異なる業界で新しい環境に身を置くことで、自分自身のスキルや経験を広げたいということが挙げられます。

また、自分自身の成長を実感できる職種に挑戦したいという気持ちも大切な転職理由のひとつです。

営業職は、アパレル業界とは異なる魅力がある職種です。自分自身の能力を活かし、新しい環境で挑戦することで、より良いキャリアアップができるかもしれません。

以下の記事ではそんな営業職の紹介に加え、おすすめの他業種を多数紹介しています。
ぜひ自分にぴったりの転職先を探してみてください

アパレル(接客業)の方の転職理由と転職におすすめの職種とは?

 

まとめ

パスキャリであなたの適性を見極めよう!
アパレルから営業に転職する際の志望動機を作成するポイントは次の3つ。

  • ・ 嘘は言わないこと
  • ・ その会社で貢献できるポイントを押さえる
  • ・ 自分にしかできないことを伝える

今までの経験を踏まえて、次の会社で営業として活かせそうなアピールポイントを伝えると良いでしょう。もしなかなか志望動機が思いつかなかったり、作成した志望動機に自信が持てない場合はパスキャリで履歴書の添削をお願いしてみても良いかもしれません。

転職は動くのは自分ですが、人材紹介のアドバイザーなど第三者を巻き込んだ方が結果的に上手くいくケースも多いものです。

LINE

Recommend

営業のおすすめコラム

営業

Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
Saas営業への転職を考えているけど…。 志望動機が思いつかない。どうしよう…。 このような悩みを解決します。 この記事では、Saas営業への転職を考えている女性に向けて『志望動機の例文』をご紹介していきます。後半部分では「志望動機作成の注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   【目次】 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文を紹介する前に Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文6選 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文1】インサイドセールスを志望する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文2】フィールドセールスを志望する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文3】カスタマーサクセスを志望する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文4】ソフトウェアに魅力を感じた場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文5】顧客の課題解決に貢献したい場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文6】Saas営業の経験がない場合の例文 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職する際は志望動機の例文丸写しに注意! 【Saas営業に挑戦したい女性必見|志望動機の注意点1】職場を学校と勘違いしている記載は避ける 【Saas営業に挑戦したい女性必見|志望動機の注意点2】待遇に関する記載は避ける まとめ     Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文を紹介する前に はじめに、志望動機について解説します。志望動機とは、応募先で「なぜ働きたいのか」を伝えることです。採用担当者は応募者から志望動機を聞き、確認することによって「自社への理解度」や「入社意欲の高さ」を見ようとしています。ですので、志望動機で大切なことは、採用担当者に「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうかです。転職する際は、このポイントを意識して志望動機を作成しましょう。なお、志望動機の作成方法について知りたい方は「SaaS営業の志望動機のポイントを解説!押さえたい要点や例文を紹介」や「【例文付】未経験からSaas営業へ転職するときの志望動機の書き方やポイント」、もしくは「IT業界の受かる志望動機の書き方|職種別の例文10選も紹介」や「志望動機の書き方について解説しているサイト」をご覧ください。     Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文6選 ここからは、「志望動機の例文」をご紹介していきます。ぜひ志望動機を作成する際の参考にしてくださいね。なお、志望動機の伝え方について知りたい方は「志望動機の伝え方を紹介しているサイト」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文1】インサイドセールスを志望する場合の例文 インサイドセールスを志望する理由は、一番最初に顧客と直接的な接点を持つことができるからです。私はソフトウェアを広めるだけでなく、お客様のビジネスの効率化や成果向上に寄与することが重要だと考えています。そのため、まずはお客様が気づいていない潜在的な課題を引き出し、解決策を提案することで役立ちたいと考えています。このような理由から、インサイドセールスへの転職を決意いたしました。貴社に入社後は、前職で培った「分析力」や「効果的なコミュニケーション手法」を駆使しながら、顧客との関係を築き、貴社の成長に貢献したいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文2】フィールドセールスを志望する場合の例文 フィールドセールスを志望する理由は、顧客と直接対面し、信頼関係を築きながらニーズに合ったソリューションを提案できるからです。私は人との接触や対話を通じて、お客様の課題を深く理解し、最適な解決策を提供することに喜びを感じます。また現場での経験を通じて、市場の変化や顧客の声を直感的に捉え、迅速かつ柔軟に対応できる力を身に付けたいと考えています。このような理由から、フィールドセールスへの転職を決意いたしました。貴社に入社後は積極的な姿勢と情熱を持ち、お客様のニーズを把握しながら柔軟に対応し、信頼を築くことを目指します。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文3】カスタマーサクセスを志望する場合の例文 カスタマーサクセスを志望する理由は、顧客のゴールまで伴走したいと考えているからです。私はお客様がサービスを導入するだけでなく、そのサービスを活用して課題を解決し、目標を達成することを重視しています。そのため、カスタマーサクセスへの転職を決意いたしました。貴社に入社後は、お客様との継続的なパートナーシップを築き、貴社サービスの「解約率低下」や「単価向上」に貢献していきたいと考えております。 ※「インサイドセールス」「フィールドセールス」「カスタマーサクセス」の違いについて知りたい方は、「Saas営業への転職について解説しているサイト」や「【SaaS営業への転職】急成長のSaaS営業とは?転職に必要なスキルとおすすめのSaaS企業を紹介!」、もしくは「Saas営業について解説しているサイト」や「SaaS企業への転職が人気な理由と転職活動のポイントについて」をご覧ください。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文4】ソフトウェアに魅力を感じた場合の例文 貴社のSaas営業職に応募する理由は、貴社が優れたソフトウェアを開発し、顧客に付加価値を提供しているからです。貴社のソフトウェアは、ビジネスプロセスの効率化やデータ分析の最適化において、明らかな成果を上げています。私は、このような革新的なソリューションを顧客に提案することで、顧客のビジネスの成長を支援したいと考えています。そのため貴社への入社を決めました。貴社に入社後は、ソフトウェアに関する徹底的な知識を身につけ、顧客の課題を理解し、最適なソリューションを提案することを目指します。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文5】顧客の課題解決に貢献したい場合の例文 Saas営業を志望する理由は、お客様との直接的なコミュニケーションを通じて、「顧客の課題解決」に貢献できるからです。私は顧客との直接的な対話を通じて、彼らのニーズや課題を把握し、的確な「アドバイス」や「サポート」を提供することで、お客様のビジネスに価値をもたらしたいと考えています。また、自社のソフトウェアを提供することで、「顧客の課題解決」に貢献できることに魅力を感じています。したがってSaas営業への転職を決意いたしました。貴社に入社後は、前職で培った「コミュニケーション能力」を活かして、貴社の成長に貢献していきたいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える志望動機の例文6】Saas営業の経験がない場合の例文 SaaS営業の未経験者に対して、充実した研修プログラムを提供し、個々の成長をサポートしている点に大きな魅力を感じました。私自身SaaS営業の経験はありませんが、貴社がそのような研修プログラムを提供していることで「専門知識」や「営業スキル」を身に付けるチャンスがあると確信し、貴社への入社を決意した次第です。貴社に入社後は、研修プログラムや先輩社員からの指導を通じて、SaaS営業のエキスパートとして成長し、お客様の課題解決に貢献したいと心から思っています。 ※志望動機の例文について詳しく知りたい方は「【例文付き】志望動機の書き出し・締めくくりの書き方とは?」や「IT業界の受かる志望動機の書き方|職種別の例文10選も紹介」、もしくは「例文18選|営業職の志望動機で採用担当者を惹きつけるコツ」や「Saas営業の志望動機例文を紹介しているサイト」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)     Saas営業に挑戦したい女性必見|転職する際は志望動機の例文丸写しに注意! 志望動機が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。「転職の志望動機が書けない・思いつかない!という悩みを解決する4つのメソッド」でも同様のことを伝えています。なお、志望動機を作成する際は、以下の点にも注意してくださいね。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|志望動機の注意点1】職場を学校と勘違いしている記載は避ける 会社を学校と勘違いしているような表現は、採用担当者の心証を損ねます。たとえば、「貴社で勉強したい」という言葉。この表現には前向きなニュアンスがあり、問題のないように聞こえます。しかし志望動機ではN G。なぜなら、会社は勉強をしに行くところではないからです。本人的には前向きな姿勢をアピールしているつもりでも「会社を学校と勘違いしている」と思われて印象が悪くなるかもしれませんので、書かないようにしましょう。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|志望動機の注意点2】待遇に関する記載は避ける 志望動機で「給与」や「残業時間」などの待遇ばかりをアピールするのは避けましょう。なぜなら、待遇面にしか興味がないと思われてしまう可能性があるからです。たった一言で採用担当者の心証を損ねる能性がありますので、十分に注意してくださいね。「転職志望動機の書き方・例文 | 面接・履歴書で熱意を伝えるコツ【NG回答も】」でも同様のことを伝えています。     まとめ Saas営業への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。Saas営業への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談くださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.05.31

営業

Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
Saas営業への転職を考えているけど…。 転職理由が思いつかない…。 このような悩みを解決します。 この記事では、Saas営業への転職を考えている女性に向けて『転職理由の例文』をご紹介していきます。後半部分では「転職理由を作成する際の注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、Saas営業に必要なスキルについて知りたい方は「【Saas営業への転職】急成長のSaas営業とは?転職に必要なスキルとおすすめのSaas企業を紹介!」や「Saas・クラウドサービス企業に転職するには?」、もしくは「Saas営業で求められるスキルについて解説しているサイト」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) 【目次】 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文を紹介する前に Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文8選 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文1】Saas営業に挑戦したいから転職する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文2】スキルアップを理由にして転職する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文3】仕事量が多いから転職した場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文4】社風が合わなくて転職した場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文5】モチベーション低下を理由にして転職する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文6】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文7】評価制度のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文8】専門性を身に付けたいから転職する場合の例文 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職する際は転職理由の例文丸写しに注意 まとめ     Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文を紹介する前に はじめに、「転職理由」についてご説明します。転職理由とは「なぜ転職をしようと思ったのか?」ということ。「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」を見極めるために行う、最も象徴的な質問が“転職理由”についての質問です。そのため、間違ったことを言うと採用担当者の心証を損ねる可能性があります。理想の転職を実現するためにも、転職理由をしっかりと考えておきましょう。なお、Saas営業について知りたい方は「Saas営業の種類について解説しているサイト」や「カスタマーサクセスの仕事内容を紹介しているサイト」、もしくは「Saas営業が向いてない人の3つの特徴【体験談】」や「Saas営業の仕事内容を紹介しているサイト」をご覧ください。     カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料) Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文8選 ここからは、「転職理由の例文」をご紹介していきます。ぜひ転職理由を考える際の参考にしてくださいね。なお、Saas営業の志望動機について知りたい方は「Saas営業の志望動機のポイントを解説!押さえたい要点や例文を紹介」や「【例文付】Saas営業の志望動機の書くときのポイント」、もしくは「志望動機の書き方や例文を紹介しているサイト」や「営業で受かりやすい志望動機を例文付きで解説!作成時のコツも紹介」をご覧ください。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文1】Saas営業に挑戦したいから転職する場合の例文 Saas営業にチャレンジしたいと思い、転職を決意しました。前職では○○として○○に関わる仕事を担当してきましたが、自身のキャリアパスについて考える中で、成長している業界に挑戦したいという思いが強まり、Saas営業への転職を決意いたしました。Saas業界は革新的なテクノロジーを通じて社会に貢献しているため、その点に魅力を感じております。貴社に入社後は、「研修プログラム」や「先輩社員からの指導」を通じて、Saas営業のエキスパートとして成長し、お客様の課題解決に貢献したいと心から思っています。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文2】スキルアップを理由にして転職する場合の例文 Saas営業としてスキルアップしたいと思い、転職を決意しました。現在、○○社のSaas営業として、自社サービスの導入や活用をサポートしております。現職は非常に風通しの良い会社ですが、自分自身が求める高度なソリューションを提供することが困難なため、転職を決意しました。貴社のSaas営業は市場のリーダーであり、「先進的な戦略を駆使して、顧客価値を最大化している」とホームページで拝見しております。貴社に入社後は、より高度な「営業手法」や「ビジネス洞察力」を磨き、顧客との関係構築や成果に貢献したいと考えています。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文3】仕事量が多いから転職した場合の例文 前職では「残業するのが当たり前」という社風だったので、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。そのため、月平均で60時間以上の残業が常態化していました。残業をすること自体は否定しませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと考え、転職を決意した次第です。貴社では、業務効率化のために積極的な取り組みを行っていると、ホームページで拝見しております。貴社に入社後は、メリハリを持って業務に取り組み、より高い成果を挙げたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文4】社風が合わなくて転職した場合の例文 前職では、できない人に対して突き放すような、厳しい態度を取る職員が多く、相談やコミュニケーションによって解決していこうという姿勢はありませんでした。私は周りのスタッフと連携を取りながら仕事を進めたいと考えておりますので、「チームワーク」を大切にしている企業で働きたいと思い、転職を決意した次第です。貴社ではチームワークが重視され、協調性のある人材を求めていると募集要項で拝見しています。貴社に入社後は、前職で培いました「分析力」と「コミュニケーション能力」を活かして、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文5】モチベーション低下を理由にして転職する場合の例文 Saas営業への思いが捨てられなかったため、転職を決意いたしました。前職では、Saas営業として入社しましたが配属されたのは○○でした。与えられた環境で頑張ろうと思い3年間勤務しましたが、やはりSaas営業への思いが捨てきれませんでしたので、転職を決意した次第です。貴社に入社後は○○で培った「コミュニケーション能力」を活かして、いち早く貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文6】雇用形態に不満があって転職する場合の例文 今より安定した働き方をしたいと考え、転職を決意しました。現在、○○社で働いています。私が勤める○○〇には“正社員登用制度”がないため、どれだけ成果を上げても正規雇用になることはありません。ですので、正社員を目指すのであれば転職するしかないという結論に至りました。今後は○○社のSaas営業で培った「ソフトウェアに関する知識」を活かして、貴社の成長に貢献していきたいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文7】評価制度のある環境で働きたいと思って転職した場合の例文 前職のSaas営業では、明確な評価制度がないため、自分の能力を客観的に見つめることができませんでした。その結果、モチベーションの維持が難しくなり、転職を決意した次第です。貴社では、「勤続年数」や「スキル」に応じた評価制度があるとホームページで拝見しております。貴社に入社後は、○○社のSaas営業で培った「論理的思考力」や「データ分析力」を活かして、貴社の成長に貢献していきたいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える転職理由の例文8】専門性を身に付けたいから転職する場合の例文 専門性を身につけたいという思いから、Saas営業への転職を検討しております。前職では、出版業界の営業職として、主に書店や取次店との交渉を担当しておりました。出版業界の営業職は、出版社全体の売上を支える重要なポジションであり、非常にやりがいのある仕事です。しかし現在の出版業界は衰退傾向にあることから、私は次第に不安を抱くようになりました。そのため、営業のスキルを活かしつつも、より専門性の高い職種に挑戦したいと考え、Saas営業への転職を決意しました。貴社に入社後は、Saas営業としての技術力を向上させ、貴社の成長に貢献できるよう努めたいと考えております。 ※転職理由の例文について詳しく知りたい方は「転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか」や「IT業界の転職理由ランキング|まとめ方・伝えるコツ・例文を紹介」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       Saas営業に挑戦したい女性必見|転職する際は転職理由の例文丸写しに注意 転職理由が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。なお、Saas営業への転職を成功させるポイントについて知りたい方は「Saas企業への転職が人気な理由と転職活動のポイントについて」や「Saas業界に転職したい!異業種からSaas企業に転職する際のポイント」をご覧ください。     まとめ Saas営業への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。Saas営業への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談くださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.05.28

営業

Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文を紹介

営業カテゴリのおすすめ転職求人コラムです。
Saas営業への転職を考えているけど…。 自己PRが思いつかない…。 このような悩みを解決します。 この記事では、Saas営業への転職を考えている女性に向けて『自己PRの例文』をご紹介していきます。後半部分では「自己PRの注意点」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、Saas営業の仕事内容については「SaaS営業の仕事内容とは?挑戦したい女性のための仕事の選び方」や「Saas営業の特徴や志望動機のポイントを紹介しているサイト」をご覧ください。 【目次】 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文を紹介 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文9選 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文1】ソフトウェアに関する知識をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文2】論理的思考力をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文3】営業実績をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文4】調整力をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文5】ヒアリング力をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文6】コミュニケーション能力をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文7】リーダーシップをアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文8】折衝力をアピールする場合の例文 【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文9】チームワーク力をアピールする場合の例文 Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文丸写しはNG まとめ カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)     Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文を紹介 はじめに、自己PRについてご説明します。自己PRとは、「自分の良さ」をアピールすること。具体的には、採用担当者に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。自己PRでは、採用担当者に評価されるかどうかが重要。単に自分の魅力を伝えるだけではなく、企業が求める人物像に合わせてアピールしましょう。「面接で自己PRを求められたら?正しい答え方と回答例文」や「転職時の自己PRについて解説しているサイト」でも同様のことを伝えております。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文9選 ここからは、「自己PRの例文」をご紹介していきます。ぜひ自己PRを作成する際の参考にしてくださいね。なお、自己PRの書き方や伝え方について知りたい方は「転職での自己PRの伝え方は?面接官に刺さるコツをプロが例文で解説」や「営業職必見! 受かる自己PRの書き方を解説!」、もしくは「IT系営業に転職して年収UPを狙う自己PRと志望動機の書き方」や「職務経歴書に書く自己PRの完成度を高めるには?」をご覧ください。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文1】ソフトウェアに関する知識をアピールする場合の例文 私は幅広いソフトウェアに関する知識を持っています。前職ではIT企業に勤務し、ソフトウェアの開発プロセスに深く関わっていました。そのため、プログラミング言語に加えて、データベースの設計やテスト手法にも精通しています。また、顧客のニーズを把握し、要件定義から仕様策定、システム導入までの一連のプロジェクトをリードする能力も身につけています。貴社に入社後は、この幅広いソフトウェア知識と経験を活かし、迅速に貢献できるよう努力します。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文2】論理的思考力をアピールする場合の例文 私の強みは論理的思考力です。前職のSaas営業では、顧客とのコミュニケーションを通じて、彼らのニーズや課題を的確に把握し、それに基づいて最適なソリューションを提案するため、常に論理的思考を行っていました。また、データや市場動向の分析に基づいて、効果的な営業戦略を策定する際にも、論理的思考を活用していました。そのため、前職のSaaS営業を通じて、論理的思考力を身につけることができたと自負しています。貴社に入社後は、Saas営業としての技術力をさらに向上させ、貴社の成長に貢献できるよう努めたいと考えています。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文3】営業実績をアピールする場合の例文 私の強みは営業力です。前職ではITソリューションの営業担当として、「新規顧客獲得」と「既存顧客の拡大」に取り組みました。私の営業活動により、年間売上を前年比30%増加させることに成功し、さらに新規取引先を20社獲得しました。また、顧客との持続的な関係構築にも注力し、定期的なフォローアップやカスタマーサポートを通じて顧客満足度を向上させました。貴社に入社後は営業力を活かし、Saas製品の販売促進や顧客基盤の拡大に貢献したいと考えています。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文4】調整力をアピールする場合の例文 私の強みは調整力です。前職では○○社の営業職として、主に「営業業務の調整」を担当しておりました。営業活動では、複数の部門や関係者が関与することがあるため、情報共有や調整業務にとても手間がかかっていました。そこで私は改善の余地があると考え、チャットワークを活用した「コミュニケーション体制の構築」やスプレッドシートを使用した「タスク管理の改善」に取り組みました。その結果、社内での情報共有と連携がスムーズになり、営業チームの業績向上に貢献しました。貴社のSaaS営業においても、私の調整力を活かし、営業活動の効率化と成功に貢献したいと考えています。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文5】ヒアリング力をアピールする場合の例文 私の強みはお客様の意見に耳を傾け、ベストな案を提案できるところです。前職の不動産営業では、お客様の購入目的だけでなく、「ライフスタイル」や「将来設計」など、細かなヒアリングを徹底していました。そして、お客様の人生全体を見据えた上でご提案し、その結果、受注率○○%以上を実現することができました。貴社に入社後は不動産営業で培った「ヒアリング力」を活かして、いち早く貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文6】コミュニケーション能力をアピールする場合の例文 私は、コミュニケーション能力に自信を持っています。前職のシステムエンジニアでは、複数のプロジェクトチームに所属しており、エンジニア・デザイナー・マネージャー・クライアントといった多様な人々と協力して仕事を進めていました。その中で、コミュニケーションを円滑にするために、聞く力・話す力・伝える力のすべてを磨くことができたと感じております。貴社に入社後は、システムエンジニアで培った「コミュニケーション能力」を活かして、お客様の課題解決に貢献したいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文7】リーダーシップをアピールする場合の例文 私の強みはリーダーシップがあるところです。前職では自分以外のスタッフはすべてアルバイトだったので、自然にリーダーの立場を取ることになりました。始めは何から手をつけたら良いか分かりませんでしたが、リーダーとして率先して「メンバーの意見を引き出す」など、できることから取り掛かりました。その結果、売上目標達成に加え、問題が起こった際には「必ず相談してもらえる関係性」を築くことができたと感じております。貴社でもこのようにリーダーシップを生かし、貢献していきたいと考えております。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文8】折衝力をアピールする場合の例文 私の強みは折衝力があることです。前職では、○○社の営業職として、〇年間勤務しておりました。広告プランをご提案させていただく際には、お客さまにヒアリングした情報だけでなく、「競合他社」や「市況」などを調べた上で、最も効果が見込めるプランを作成しておりました。また、既存のお客さまへの継続提案の際は、それまでの「運用実績」と「改善点」を必ず沿え、プラスアルファの広告プランをご提案することで売上げを伸ばして参りました。これらの経験から手間を惜しむことなく交渉の準備を行い、成果に結びつけることには自信があります。   【Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文9】チームワーク力をアピールする場合の例文 私は、チームワーク力に自信を持っています。前職では、○○プロジェクトチームの一員として、他のメンバーと協力し、プロジェクトを進めておりました。その際、お互いの役割分担を明確にし、進捗管理を徹底することで、チーム全体の成果を上げることができました。また、進捗状況の共有や問題の共有を定期的に行うことで、チーム全体で問題を解決する力を養えたと感じております。これらの経験から、チームワークの重要性を実感しており、新しい職場でも積極的にコミュニケーションを取り、チーム全体の目標達成に向けた取り組みに貢献したいと考えています。   ※自己PRの例文について詳しく知りたい方は「Saas営業の自己PR例文を紹介しているサイト」や「カスタマーサクセスの自己PR例文を紹介しているサイト」、もしくは「【例文集】自己PRの書き方とポイント | 履歴書・経歴書・面接で長所を伝えるには」や「営業系の場合の自己PR例文を紹介!転職で有利な書き方は?」をご覧ください。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)       Saas営業に挑戦したい女性必見|転職時に使える自己PRの例文丸写しはNG 自己PRが考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸写しするのはNG。採用担当者は何通もの履歴書を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸写しすることは、やめておきましょう。なお、自己PRを作成する際は以下の点にも注意してくださいね。自己PRの注意点について詳しく知りたい方は「未経験業界の転職面接時に好印象を与える自己紹介例文をケース別で紹介」をご覧ください。     まとめ Saas営業への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。Saas営業への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、パスキャリは「きめ細やかな履歴書・面接サポート」で高い内定率を誇る転職エージェントです。希望条件に沿うのはもちろん、丁寧なカウンセリングであなたの強みや適性を見極めて、ぴったりの求人をご紹介しています。企業の特徴や求める人材を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限に伝えられる志望動機を一緒に考えますので、ぜひご相談くださいね。 カンタン30秒パスキャリに転職相談する (無料)

2023.05.28

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須