• HOME
  • 転職コラム
  • 高卒で営業に就職できる?向いている人の特徴とスムーズに転職を進めるコツ

2022.05.16

営業

高卒で営業に就職できる?向いている人の特徴とスムーズに転職を進めるコツ

これまでは別の職種で働いていたけれど、仕事しているうちに営業に挑戦してみたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし学歴が高卒では営業に転職しても活躍できるのか不安に思い、挑戦をためらっている人もいるかもしれません。

今回は「高卒で営業に就職できるのか」「やりがい」「向いている人とそうでない人の特徴」について詳しく解説します。スムーズに転職を進めるコツも紹介しているので、高卒で営業にチャレンジしたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

  • 営業ってどんな仕事?キツイ?
  • 高卒でも営業に就職はできる?
  • 営業に向いている人の特徴とは?
  • 営業に向いていない人の特徴とは?
  • 高卒で営業職の正社員を目指すなら転職エージェントを活用しよう
  • まとめ

営業ってどんな仕事?キツイ?


営業にチャレンジしてみたいけれど、きつそうというイメージを持っている人も多いかもしれません。確かに大変なこともありますが、それ以上にやりがいが大きい仕事でもあります。

営業といってもさまざまな営業手法がある

営業は一言でいえば自社の商品やサービスを売り、会社の利益に貢献するのが仕事です。基本的な目的は一緒ですが、そのための営業スタイルや手法はいろいろあります。

例えば新規開拓営業は、ゼロから顧客や販路を開拓していく営業です。一方ルート営業は、既存顧客へのアプローチやフォローが主となる営業です。他にもカウンターセールスや、テレアポ営業など様々な手法があります。

手法やスタイルは売る商材、個人を相手にするか、法人を相手にするかで変わってきます。営業への転職を成功させるには、どのような営業スタイルが自分に合っているのかを知ることがポイントです。

大変なこともあるが、それ以上に魅力ややりがいもある仕事

業界によっては拘束時間が長かったり、休日出勤しなければならなかったり大変なことが多いのも事実です。

しかしそれ以上に魅力ややりがいもたくさんあるのが営業という仕事になります。ノルマを達成できた時や、販売したお客様から直接感謝の言葉を頂いたときなどは、とても大きな喜びややりがいを感じられます。

もしかしたら飛び込みや強引な勧誘をイメージして、大変だと思っている人もいるかもしれません。確かに飛込み営業という手法はありますが、飛び込み=強引に勧誘して成約を取ることではありません。このあたりのイメージが変われば、営業への不安も減るでしょう。

非公開求人多数!あなたと同じ女性キャリアアドバイザーが悩みや希望に寄り添い、自分らしく働くキャリアをご提案します。今すぐパスキャリで新たな一歩を踏み出してみませんか。

高卒でも営業に就職はできる?


求人を見ていると、応募条件に「短大卒・大卒以上」という文字を見かけることがあります。そのため、学歴がネックになって転職活動が思うように進まないという経験がある人もいるのではないでしょうか。

高卒でも営業にはなれる

結論からいうと、高卒でも営業に就職することはできます。なぜなら営業職は、学歴はもちろん資格や特別なスキルがなくてもチャレンジできる仕事だからです。

これまでの経歴よりも仕事で結果を出すことを重視する企業が多いので、高卒でも可能な営業職の求人はたくさんあります。ただし大卒の方が幅広い知識を持っていると判断している、または応募者を絞り込む為に「大卒以上」を条件としている企業もあります。その場合は希望企業に合う能力を持っていることがアピールできれば、高卒でも選考対象としてもらえることもあるので、諦めずに挑戦してみましょう。

大卒に比べると初任給が低い場合も

高卒でもチャレンジしやすいのが営業という仕事ではありますが、初任給は大卒よりも低い可能性があります。

厚生労働省の調査によると、学歴別の初任給は次のようになりました。

学歴 初任給
大卒 21,0200円
高専・短大卒 183,900円
高卒 167,400円

引用元:

確かに大卒に比べると高卒の初任給は少ないのが現状です。しかし営業はインセンティブ制度を設けている企業も多く、結果次第で大きく稼ぐことができます。学歴や年齢関係なく、評価してもらえるのも営業の大きな魅力といってよいでしょう。

営業に向いている人の特徴とは?


学歴は関係ありませんが、営業にも向いている人とそうでない人がいます。ここでは営業に向いている人の特徴を紹介します。特徴がすべてではありませんが、判断基準として参考にしてみて下さいね。

向上心がある人

営業は売り上げに貢献することが仕事なので、一般的に売上目標が課せられます。いわゆるノルマです。個人単位ではなく、チーム単位で課せられることもありますが、どちらにしても数字を追いかけなければなりません。

売上を上げていくためには自社商品の知識はもちろん顧客のこと、売れる営業になるためのスキル磨きなど、覚えることも身につけることもたくさんあります。

そのため向上心がないと続けていくのがストレスとなり、続けていくのは難しいでしょう。
「今月の目標を達成するためにスキルを磨こう」「お客様のニーズを分析して次に活かそう」など向上心がある人は営業に向いています。

スピード感がある人

問い合わせをしてその日のうちに返信がくる営業と3日後にしかこない営業では、どちらの営業と取引したいと思うでしょうか。

おそらく多くの人は、前者の営業と取引をしたいと思うでしょう。営業という仕事は、スピード感が大事な仕事です。いつまで経っても返信がこない場合、お客様はほかの企業に問い合わせをしてしまうでしょう。

返信はもちろん思い立ったらすぐ行動に移せるような人は、営業の仕事でも結果を出しやすく向いているといえます。

聞き上手な人

営業は話し上手な人でないとできないと思っているかもしれません。しかし営業は話し上手よりも聞き上手な人が向いています。

営業は強引に勧誘することが仕事ではありません。大切なことはお客様のニーズに合った提案をすることです。お客様のニーズを知るためにはお客様の話を聞く必要があります。

こちらが一方的に話していれば、お客様が本音を話してくれることはないでしょう。本音を聞き出せなければニーズを探ることはできません。そのため聞き上手な人は営業に向いているでしょう。

営業に向いていない人の特徴とは?


次に営業に向いていない人の特徴を見ていきましょう。当てはまっているからできないのではなく、気づいて改善を意識することで営業として活躍できる可能性が上がります。

相手のことを考えない人

商品やサービスを売ろうとするあまり、熱心に自社の話をしてくる営業がいます。先ほども触れましたが、一方的なセールストークでは残念ながら成約には繋がりません。

料理をしない人にフライパンの機能を説明しても興味が湧きませんし、甘いものが嫌いな人にケーキを売ろうとしても売れないでしょう。

大切なことはお客様が何を求めているのか、何を期待しているのかを知ることです。ニーズを知ろうとしなければ的確な提案もできず、見込み客の精査もできるようにならないでしょう。

見た目に気を使えない人

人はコミュニケーションをとるとき言語、聴覚、視覚から得た情報で判断しますが、どこからの情報が一番大きい影響を与えるか知っていますか?

正解は視覚です。目から得た情報が、一番影響が大きいとされており、その割合はなんと55%といわれています。つまりどんなにトークが上手でも、良い声をしていても、見た目がだらしなければ残念ながら良い印象を与えることはできません。

パサパサの髪に、しわだらけのブラウスやジャケットでは清潔感が感じられず、話すら聞いてもらえないこともあるでしょう。顧客からどのように見られているのか、常に意識することが大切です。

プレッシャーに弱い人

営業は売り上げ目標があり、日々数字を追いかけなければなりません。時にはその数字が大きなプレッシャーとなることもあるでしょう。

顧客の期待が大きければ、それがプレッシャーと感じることもあります。「お客様からの期待にこたえられるように、最適なサービスを提案しよう」「上司からあと3件取れば達成って言われているから、成約取れるようにがんばろう」など、プレッシャーを力にできる人は営業に向いていますが、そうでなければ続けることは大変かもしれません。

ただしプレッシャーの弱さは、習慣を変えることで克服できます。今弱いからといってあきらめる必要はありません。

例えばプレッシャーを感じやすい人は、不安を一人で抱え込んでしまうという傾向があります。そのような時は、信頼できる上司や同僚に思い切って相談してみましょう。最初は抵抗があるかもしれませんが、第三者に話すことによって解決策が見つかったり、気持ちが楽になったりします。実は自分の思い込みだったということもあるので、プレッシャーを感じたら、誰かに話す習慣をつけてみましょう。

高卒で営業職の正社員を目指すなら転職エージェントを活用しよう


高卒で営業職の正社員を目指したいけれど、求人サイトでは効率的に見つからない、面接対策もどうして良いかわからないという人もいると思います。
そんなときは転職エージェントを活用してみましょう。無料で利用できて、メリットがたくさんありますよ。

転職エージェントなら、ぴったりの求人がみつかりやすい

転職エージェントは、キャリアアドバイザーがあなたのスキルや要望を詳しくヒアリングし、その上で求人を探してくれるので、一人で探すよりも効率的に求人を探すことが可能です。

第三者の視点からあなたに合う求人を探してくれるので、選択肢の幅が広がり思ってもみなかった良い求人に出会えることもあります。

転職エージェントなら求人ではわからない情報も知ることができる

一人で転職活動を進める場合、企業の情報はネットからが主だと思います。しかし求人サイトだけでは、実際の雰囲気や詳細な仕事内容などはわかりづらいことも多いでしょう。

転職エージェントならば、その企業と直接やりとりしている担当者の話を聞けたりするので、求人だけではわからなかった情報も知ることができます。

具体的な仕事内容や職場の雰囲気など、より詳細な情報を知れば入社後のギャップを防ぐこともできるので、転職が成功する確率が上がるでしょう。

転職エージェントなら面接対策のサポートも受けられる

慣れた業界への転職ならあまり不安はないかもしれませんが、異業種からの転職や、はじめての転職では面接対策などもどうすれば良いかわからないことも多いと思います。

自己流の履歴書や職務経歴書では、書類選考通過のポイントが押さえられていないことも多く、なかなか選考を通過できないことも。しかし転職エージェントなら、転職のプロが面接対策のサポートをしてくれます。

この企業ならばどのような志望動機が良いか、このような質問にはどのように受け答えすれば良いかなど、一緒に対策を考えてくれるので非常に心強いでしょう。

パスキャリは女性の正社員に特化した転職エージェント

転職エージェントはたくさんあります。年齢や業界に特化した転職エージェントや、幅広い業界を扱う転職エージェントも。

明確に進みたい業界が決まっていたり、目標が決まっていたりするならば、それに強い転職エージェントを活用することで、よりスムーズに転職活動を進められるでしょう。

パスキャリは、女性の正社員に特化した転職エージェントです。

  • ・ これまでフリーターだったけど正社員に挑戦したい
  • ・ ブランクが長いけど正社員として再就職したい
  • ・ 美容業界へ転職を考えている
  • ・ 家事との両立など女性ならではの仕事の悩みを相談したい

このような人にはパスキャリがおすすめです。女性に特化しているからこその、丁寧できめ細かいフォローで転職を応援します。面接には同行・同席もするので、1人では不安…なんて心配もありません。

まとめ

パスキャリは転職エージェントの中でも女性の正社員に特化したエージェント
営業は結果重視なので、学歴関係なく挑戦できる仕事です。高卒でもスキルを身につけて大きく稼いでいる人もいますので、学歴をネックに感じる必要はありません。

大切なことは入社してからの行動です。悩むこともあるかもしれませんが、向上心を持って日々コツコツと取り組むことで、売れる女性営業として成長していくことができるでしょう。

自分に合う営業スタイルや、業界がわからないという場合は、パスキャリを活用してみて下さい。あなたの強みを引き出してぴったりの求人を紹介します。面接や書類対策へのフォローも万全!
一緒に理想の転職を叶えましょう!

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する