• HOME
  • 転職コラム
  • 広告営業で受かりやすい志望動機を例文付きで解説!作成時のコツも紹介

2022.05.16

営業

広告営業で受かりやすい志望動機を例文付きで解説!作成時のコツも紹介

  •  「何としても広告営業として働きたい!でも…どんな志望動機を言えば面接官の心に響くのかな?」
  •  「絶対に働きたい企業があるけど、書類で落とされたくない!」

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

志望動機は就職や転職の際に必ず書く必要がある、自分をアピールする項目です。しかし、実際の志望動機の書き方は人それぞれで、これといった明確なルールはありません。

しかし、我流で志望動機を作成していると、よくある志望動機として埋もれてしまいなかなか採用担当の目に留まらず、書類選考で落ちてしまうことも…。

そこで今回は、広告営業で受かりやすい志望動機を例文付きで解説します!合わせて、広告営業の仕事内容や、志望動機を作成する際のポイントも紹介。

  •  「広告営業として働きたい」
  •  「採用担当の心に響く志望動機を作成したい」

これらの要望がある方は、ぜひ最後まで本記事をお読みください。

  • 広告営業の種類
  • 広告営業の仕事内容
  • 広告営業の志望動機を作成するときのコツ
  • 広告営業の志望動機例文3選
  • まとめ

広告営業の種類

広告営業の種類
初めに、広告営業の種類について知っておきましょう。広告の営業というとCMの作成など規模が大きく華やかなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、実は広告には様々な種類があります。

  • ・ テレビCMなどの広告
  • ・ 求人広告
  • ・ 特定の媒体で掲載する広告
  • ・ 検索エンジンに表示される広告(GoogleやYahoo!など)
  • ・ SNSの広告(Twitter、Facebook、Instagramなど)

広告営業ひとつとっても、これだけの種類があります。
取り扱う広告の種類によって志望動機が若干変わりますが、基本的な『顧客の利益を最大化する』という部分は変わりません。

広告営業の仕事内容

広告営業の仕事内容は主に次の4つです。

  • ・ 広告をご出稿いただく企業を開拓する
  • ・ 広告の提案・制作(ディレクション)
  • ・ 広告掲載中のサポート
  • ・ 広告掲載後のアフターフォロー

基本となるのは広告をご出稿いただく企業を開拓することです。飛び込みやテレアポを駆使して、新規のお取引先を開拓します。

晴れてお取引が決まり、広告をご出稿いただくことになったら、次はどの媒体でどんな期間広告を掲載すれば効果が得られるのかを踏まえて提案をします。

制作内容が決まったら、社内(もしくは社外)の制作担当に指示を出して広告を作成していきます。

無事掲載がスタートしてからも、掲載中の効果測定やフォローを行い、掲載が終了した後のアフターフォローと次の提案までを行いましょう。

ここまでの一連の流れが、広告営業の仕事内容です。細かい部分では提案資料の作成や電話・メール対応なども含まれます。

広告営業というと「カッコイイ」「華やか」などのイメージが先行することが多いですが、実際は結構泥臭く、大変な思いをすることも多いです。

しかし、広告の効果をお返しできた際には非常に大きなやりがいを感じますし、収入も上がっていきやすい仕事です。営業としてのスキルアップにもつながるため、今でも転職市場では人気がある仕事の一つです。

広告営業の志望動機を作成するときのコツ

広告営業の志望動機を作成するときのコツ
根強い人気を誇る広告営業ですが、ポイントを押さえておけば採用担当の目に留まりやすい志望動機を作成することができます。そのポイントとは、次の通り。

『今までの自分のキャリアや経験を入社後どのようにして活かせるか』を意識して作成すること。

広告営業は一見華やかそうに見えるため、憧れ応募が非常に多いのが現状です。「やりたいから」「ずっと憧れていました」などの志望動機は採用担当も耳にタコができるくらい聞いています。余程インパクトがないと印象に残らない…なんてことも多々。

そのため、いかにその会社で自分が活躍している姿を採用担当にイメージしてもらうかがポイント。

たくさんの応募者がいる中で「この応募者はちょっと違うな」と思ってもらうためには、今までの経験を絡めて入社後をイメージできるような志望動機を作ることが大切です。

具体的な志望動機の例文については次の章で紹介します。

広告営業の志望動機例文3選

広告営業の志望動機例文3選
続いて、広告営業の実際に使える志望動機の例文を3つご紹介します。
履歴書の作成にお役立てください。

志望動機例文①

3年間電子機器メーカーで営業の仕事をしてきましたが、もっと提案力を磨きたいと思い、無形商材を取り扱う広告業界を志望しました。さまざまな無形商材がある中でどうして御社を志望したのかというと、電子機器の業界において、商品の購買で一際大きな影響力を持つからです。どんな広告を打てばカスタマーの心に響きやすいのか、実際にメーカーの立場で仕事をしていたからこそ共感できるものがあります。これらの経験を活かし、売上に悩む企業様を広告出稿を通じて助けていきたいと考えています。

POINT
今までに経験した業種と絡め、関連する業界の広告営業を志望しています。自分の経験と絡め、メーカーの気持ちがわかるという点では、採用担当にとって非常に目に留まりやすい志望動機です。

志望動機例文②

私はもともと広告業界にとても興味がありました。私自身が広告に見て触れた時、今までの価値観が覆されたり、購買意欲が掻き立てられたりとその影響を身をもって感じたからです。この経験を通して、次は私が多くの人を動かす広告を手掛けたいと思いました。私は広告営業の経験自体はありませんが、誰よりも意識的に広告を見てきたカスタマーのひとりです。この経験があるからこそできる提案で、クライアントにとっても、カスタマーにとっても良い広告を掲載できるようなご縁を創出してまいります。

POINT
憧れからスタートしていますが、カスタマーとしての目線があることを伝えているのがポイントです。

志望動機例文③

私は御社のサイトがとても好きで、自身でも良く利用していました。どのサイトよりも見やすく、求職者にとって使いやすいサイト設計を意識されている点が非常に魅力的だと思っています。そうして日頃から御社のサイトをチェックしているうちに、いつしか私もこのサイトを盛り上げる一員になりたいと思うようになりました。営業の経験はありませんが、今まで5年間ずっと接客の仕事をしてきましたので、培ったコミュニケーションスキルを活かし、営業として尽力したいと考えております。

POINT
志望する会社の運営するサイトの良いところや具体的な魅力を伝えている+今までの接客の経験と絡めたコミュニケーションスキルの根拠がポイントです。

自分で志望動機を作るのが難しいなら人材紹介がおすすめ

自分で志望動機を作るのが難しいなら人材紹介がおすすめ
志望動機の例文があるとはいえ、なかなか自分の強みを活かした志望動機を作るのは難しい…という人も多いでしょう。そのような場合は、人材紹介を利用するのがおすすめです。

人材紹介を利用すれば、自分の強みを客観的に見える形で教えてくれるので履歴書の作成はもちろんのこと、面接対策や、書類に見えない良いところを企業に売り込んでくれます。

人材紹介を利用するならパスキャリがおすすめ。パスキャリは専任のアドバイザーが転職のサポートをしてくれますが、皆経験が豊富。特に営業職を得意としているので、未経験から広告営業に転職したいと思っている方はぜひ利用してみてください。

まとめ

パスキャリは転職エージェントの中でも女性の正社員に特化したエージェント
広告営業の志望動機を作るなら、自分の『今までのキャリアや経験をいかに入社後活かせるかを意識』することが大切です。憧れ応募が多い業界なので、採用担当もありきたりな志望動機では同条件でより魅力的な応募者がいた際にあなたを面接の土俵に上げることができません。

今回紹介した志望動機を参考に、採用担当の心に響く志望動機を作ることを心がけてください。また、どうしても自分で思い浮かばなければ、悩んでいる時間がもったいないので人材紹介に依頼しても良いでしょう。

履歴書作成から入社までサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心です。パスキャリなら営業職の募集も多いため、広告営業を目指す方も自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する