• HOME
  • 転職コラム
  • フリーターから大手企業に就職できる?正社員を狙う方法とは?

2022.05.16

営業

フリーターから大手企業に就職できる?正社員を狙う方法とは?

フリーターから正社員を目指して就職活動をしようとする時に、「職歴がないけど大丈夫かな?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。
「どうせ就職するなら大手企業に入りたいけれど、フリーターから大手企業に就職はできるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、20代、30代で、フリーターから正社員にどうししたらなれるのか、その方法を紹介します。

  • フリーターが正社員になるのは難しいの?
  • フリーターを採用しやすい企業の特色と職種
  • フリーターから大手企業に入りたい場合の3つの方法
  • フリーターから就業しにくい職種や避けたほうがいい業界とは?
  • フリーターが就職活動をするためのおすすめの3つの対策
  • パスキャリならフリーターから就職希望の相談ができる

フリーターが正社員になるのは難しいの?

フリーターが正社員になるのは難しいの?

フリーターからいきなり大手の企業に就職できるかというと、結論から述べると、それは狭き門で、とても難しいということになります。

もちろん、大手の企業の中には未経験の採用枠がある場合があります。しかし、企業側としては、同じ未経験を採用するなら、伸びしろのある若い新卒者を採用したいという思いがあるのが一般的です。

また、大手の企業側としての、フリーターに対する評価というものが、とても厳しいという現実があります。

従業員1000人以上の大企業に対しての、フリーターへの評価の調査によれば、「プラスに評価する」は0%という結果です。そして、「マイナスに評価する」は48.6%となっています。

フリーターをマイナスに評価する理由としては

  • ・ 根気がなく、いつ辞めるかわからない」・・・58.4%
  • ・ 「年齢相応の技能、知識がない」・・・55.4%
  • ・ 「職業に対する意識などの教育が必要」・・・48.5%

となっています。

参照元:

このような意識調査から、フリーターに対しては評価が低いということがわかります。
そのため、大手の企業は、経験不問という枠で採用するにしても、新卒か第二新卒、即戦力のある中途採用を優先します。

しかしこれは、大企業や大手といわれる企業の話であり、大手にこだわらなければフリーターにも正社員になれるチャンスもあります。

フリーターを採用しやすい企業の特色と職種

フリーターを採用しやすい企業の特色と職種
職歴無しのフリーターの状態から、ある日突然、大手企業に中途採用してもらうのは難しいのが現実です。
しかし、中小企業の採用を狙うという方法があります。ここでは、比較的採用されやすい企業や職種を紹介します。

中小企業の正社員に応募する

フリーターから正社員になるには、大手企業ではなく、中小企業での良い企業を探すという方法がおすすめです。

中小企業に正社員で入社できれば、大企業よりもより多くのことをまかされ、やりがいを感じながら正社員として成長していける可能性があります。

会社の規模にこだわらず、出来るだけ入れるチャンスのある企業を探し、数多く応募してみましょう。

そこから数年キャリアを積むことで、大手企業へのさらなるキャリアチェンジの道が開けるかもしれません。

IT業界への可能性を探る

フリーターから正社員に転職できる可能性がある業界に、IT業界があります。
実力次第の業界であり、フリーターという形でも、プログラミングの高い技術を持ちながら、業務実績があり、入社できるレベルにある方であれば、正社員になれる可能性があります。

営業職を狙ってみる

実力次第で収入アップが見込める職種に営業職があります。
未経験でも募集している企業がたくさんあり、大手に限定せず、興味がある企業であれば、フリーターから正社員で就業できるチャンスがあります。

一般的に営業職の採用枠が多い業界は、

  • ・ 保険業界
  • ・ 自動車メーカー
  • ・ 住宅メーカー

などです。

他にも、コロナウィルスの感染拡大の影響で、衛生用品を扱う会社の営業職や、宅配サービスの会社の営業職は需要が伸びています。未経験の募集も少なくありません。

その他就職しやすい業界や職種

フリーターから正社員に就職しやすい業界や職種は、他にもあります。いくつか紹介します。

 

  • ・ 「介護業界」・・・慢性的な人手不足のため、外国人採用もあるほどです。
    そのため、日本人で資格があれば就職できる可能性が広がっています。
  • ・ 「警備員」・・・年齢が高くても正社員に応募できる可能性があります。
  • ・ 「工場のライン作業」・・・大企業の工場で待遇が良いところもあれば、様々な規模があります。
  • ・ 「宅配ドライバー」・・・人手不足の業界のため、運転免許があれば就職できる可能性があります。
  • ・ 「土木工」・・・工事現場の仕事は、未経験でも採用している工務店の正社員として就業すれば、現場で技術を身に着けることができる仕事です。フリーターで現場仕事の経験がある方は、採用枠が何歳まで応募可能か確認しましょう。

 

フリーターから就業しにくい職種や避けたほうがいい業界とは?

フリーターから就業しにくい職種や避けたほうがいい業界とは?
高卒のフリーターでも正社員として就業できる可能性はもちろんありますが、企業によっては大卒でないと採用されにくい職種があります。

  • ・ 総務
  • ・ 人事
  • ・ 経理

これらの職種は大卒以上でないと採用されないケースが多いです。

高卒のフリーターから正社員へ採用が不利な業界は、以下の通りです。

  • ・ マスコミなどのメディア
  • ・ 新聞社
  • ・ 代理店業界
  • ・ 銀行
  • ・ 商社

職種にもよりますが、テレビ局、新聞社、代理店などは学歴が重視されます。
ただし、フリーターとして、上記の業者でキャリアを積んできた方や、上記の業界の中でも、中小企業や下請けの会社であれば、チャンスが全く無いわけではありません。
求人を出しているかを確認してみましょう。

フリーターからの転職を考える際、「応募資格があるのか?」「スキルが通用するか?」など、応募時点で判断に迷うことが多いものです。

そのため、転職エージェントのアドバイザーに相談してみるのが一番の近道です。プロの目から、応募で採用が進む可能性があるかを見極めてもらえます。

フリーターから大手企業に入りたい場合の3つの方法

フリーターから大手企業に入りたい場合の3つの方法
フリーターから正社員になりたい方で、難しいといわれる大手企業への就職にどうしてもこだわりたい方へ向けて、転職の裏技的な方法を紹介します。

方法1:大手メーカーの製造業の工場に就業する

高卒のフリーターから正社員での就業を目指すときに、正社員で就業できる可能性がある業界が製造業です。

製造業には自動車、食品など、様々なメーカーがあります。製品を製造する上では、工場のラインの仕事の人手は必要とされています。

製造業の中でも、大手のメーカーの製造ラインに就業すれば、安定した大手メーカーで仕事をすることができる可能性があります。
また、この場合、大手の小会社の製造ラインも狙い目です。大手小会社は、大手親会社に近い水準での給与や賞与を支給している会社の求人もある場合があります。

方法2:ITスキルをスクールで学び、IT業界への就業を目指す

20代で、プログラミングやシステムエンジニアとしてフリーターで働いてきた方でスキルが高い方は、IT系の仕事で就職できる可能性があります。大手の企業への就業も夢ではありません。

そして、未経験の方でも、IT業界を目指したいという20代の方は、スクールで受講しスキルを磨いてみるという道があります。
スクールの中には、実力がつき就業レベルと認められれば、就職・転職できるように、就業先を紹介してもらえるようなところもあります。
プログラミングは独学では挫折してしまう可能性があります。しっかりとしたカリキュラムのスクールかを確認しましょう。

また、フリーターからの就業を目指すためのIT資格として、ネットワークエンジニアもおすすめです。
通信業界をはじめ、様々な企業で求人の需要が少なくありません。

ネットワークエンジニアは、24時間可動する監視業務の仕事もあるため、未経験者にも門戸が開かれている仕事です。

「CCNA」という、ネットワークエンジニアの登竜門的な資格を取得することで、企業側にアピールするチャンスが広がります。

IT業界でのアルバイト経験もなく、資格が全くない、となると、書類選考などで落ちやすくなってしまいます。

方法3:契約社員で就業して正社員への登用を目指す

製造業の採用に注目してみましょう。
製造業の大手企業では、まずは契約社員として入社し、適性や仕事ぶりを見極め、正社員として登用するという採用方法をとっているところが多いです。
この採用方法は、自動車メーカーでは年齢は29歳までがほとんどです。

例えば、有名な大手自動車メーカーは、高卒の新卒以外は「期間工」という契約社員として採用します。
採用されると、現場での適性や仕事ぶりを現場の上司が判断し、正社員登用試験を受けるという流れとなっています。寮を無料で用意している場合が多いため、家賃を節約したい方にもおすすめです。

フリーターが就職活動をするためのおすすめの3つの対策

フリーターが就職活動をするためのおすすめの3つの対策
フリーターから未経験で就業を目指すための対策として、出来る限り資格やスキルを身に着けておくことをおすすめします。資格やスキルがあれば、転職の選択肢も広がり、採用に向けて有利になるようにアピールもできます。就職へのおすすめの対策を3つ紹介します。

就職・就業に必要な資格をとる

フリーターから就職を目指すのにおすすめの資格やスキルをいくつか紹介します。
興味のある仕事のジャンルに結び付くような資格やスキルを習得しておきましょう。

 

  • ・ 「普通自動車運転免許」・・・営業職や介護職の求人には、免許が求められる場合が多いです。車の運転免許は、取得しておくことにこしたことはありません。
    タクシードライバーや、配達業者への就業の可能性も広がります。
  • ・ 「MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)・・・どんな職場でもパソコンを使う可能性は高いです。ワープロソフトと表計算ソフトをより深く勉強しておくことは、どんな職場でも役に立ちます。
    マイクロソフトのワード、エクセルは、できて当たり前の風潮がありますが、資格によって出来るということを証明すると、企業へのアピールに繋がります。
    期間は2カ月~4カ月ほどで取得できます。
  • ・ 「介護職員初任者研修」・・・介護業界は人手不足のため、就職したいフリーターの方には、興味があればおすすめの職種です。
    「事務職や工場のライン仕事は苦手」という方や、「人と接する思いやりや優しさを生かした現場に就職したい」という方におすすめです。
    介護職に就くには有利な入門資格で、資格がなくとも介護施設で働きながら資格を取得する方もいます。

 

職業訓練校を利用してスキルを身に着ける

ハローワークに行ったことがある方は、職業訓練の案内パンフレットが置かれているのを見たことはありませんか?職業訓練によって技能を身に着けることができます。
職業訓練は無料の科目と有料の科目があります。各自治体にあるハローワークに問い合わせてみましょう。

概ね30歳未満を対象にした以下のようなコースが多いです。

  • ・ 板金溶接
  • ・ 三次元CAD
  • ・ 建築CAD
  • ・ DTP
  • ・ 介護サービス

20代のフリーターの方で、何らかのスキルを身に着けたいと思っている方にはおすすめです。
年齢制限や実施されている科目などは各自治体に問い合わせてみましょう。

参照元:

フリーターからの就職相談できる転職エージェントを探す

フリーターからの就職活動は、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

フリーターといっても、置かれている立場や、アルバイトで経験した仕事も、人それぞれです。しかし、いざ就職したいと思ったときに、応募で採用される可能性のある企業を選ぶことからはじめなければなりません。

そのような情報を一人で収集していくのは、とても大変なため、相談できる転職エージェントのサポートを受けながら就職活動をした方が効率的です。

フリーターからの転職について親身になってもらえるキャリアアドバイザーを探してみましょう。

パスキャリならフリーターから就職希望の相談ができる

パスキャリは転職エージェントの中でも女性の正社員に特化したエージェント
フリーターから転職を目指す方には「フリーターとしての仕事の経験を履歴書にどう書けばいいのかわからない」といった履歴書の書き方で悩む方は多いのではないでしょうか。

また、「面接ではフリーターだったことをどう伝えたらいいのか心配」などといった面接での不安を抱いてしまう方もいらっしゃることでしょう。

そんな方には、フリーターから正社員への転職のサポートをしてくれるような、転職エージェントに登録することをおすすめします。
パスキャリなら、履歴書の書き方や、面接の対策、ビジネスマナーに至るまで、細やかにサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーが、長所や強みを探し出し、発揮できるような仕事の紹介をサポートしてもらえます。

フリーターから正社員への道を目指し、たった一人で悪戦苦闘するよりも、的確なプロのアドバイスを受けながら転職活動をした方がはるかに効率的です。
ぜひ登録してみてくださいね。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する