Loading…
  • HOME
  • 転職コラム
  • 美容クリニック受付の採用担当者を惹きつける自己prとは?

2022.08.31

美容

美容クリニック受付の採用担当者を惹きつける自己prとは?

美容クリニックの受付に応募するとき…。
どのような自己prを作成すればいいの?

このような疑問にお答えします。

この記事では、美容クリニック受付への転職を考えている方に向けて『自己prの作成方法』をご紹介していきます。
後半部分では「自己prする際に注意すべきポイント」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

なお、美容クリニック受付の仕事内容については「美容クリニック受付の仕事内容は?未経験でも大丈夫?そんな疑問をココで解決」をご覧ください。

 

 

美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prとは?

自己prとは

まずは「自己pr」についてご説明します。自己prとは“自分の良さ”をアピールするもの。
つまり、採用担当者に自分の強みや専門性を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことを意味します。

書類選考や面接では自己prが重視されていますので、自信を持って伝えましょう。
美容クリニック受付の自己prについて解説しているサイト」でも同様のことを述べていますよ。

自己prを書くにはまずご自身の強みを明確にして言葉に自己分析が重要。

ただ自己分析は慣れていないとなかなか大変です。そこでオススメなのは転職エージェントを活用すること。

パスキャリでは、プロのエージェントがあなたの強みを理解したうえで、企業に合わせたアプローチ方法を一緒に考えます。
そのため初めての転職活動でも安心です。

ぜひパスキャリにご登録いただき、エージェントへご相談してみてください。

 

 

美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prに書くべき内容

自己prに書くべき内容

ここでは、自己prに書くべき内容を4つご紹介します。
自己prは、以下の4つの内容を上手に組み合わせて作成しましょう。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prに書くべき内容1】前職での実績

自己prに書くべき内容1つ目は『前職での実績』です。

前職での実績を伝えると、あなたの強みをアピールできます。
また、入社後に活躍できる根拠にもなります。ですので、自己prには前職の実績を記載しましょう。

なお、正社員の経験がない方はアルバイト時代の実績でも構いません。自信を持って伝えましょう。
美容クリニック受付の自己prについて解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prに書くべき内容2】身につけているスキル

自己prに書くべき内容2つ目は『身につけているスキル』です。

スキルは前職での実績と同様にあなたの強みをアピールできます。
ですので「パソコンスキル」「語学力」「接客のスキル」など、アピールできるスキルがある方は積極的に記載しましょう。

なお、スキルに関しては些細なものでOK!美容と関係がなくても問題ありませんよ。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prに書くべき内容3】応募先が求める人物像の要素

自己prに書くべき内容3つ目は『応募先が求める人物像の要素』です。

採用担当者は「優秀な人材だ!」と思っても、企業に合わなければ採用しません。
一方、企業にマッチする人材であれば、スキルが足りなくても採用します。

ですので、自己prを作成する際は応募先が求める人物像を調べ、「マッチする人材であること」をアピールしましょう。
美容クリニック受付の自己prについて解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prに書くべき内容4】入社した後のこと

自己prに書くべき内容4つ目は『入社した後のこと』です。

自己prで入社後のことを伝えると効果的。採用担当者に入社意欲を伝えることができます。
ですので、自己prでは入社した後のことまで伝えるといいでしょう。
なお、入社後に「どんな活躍ができるのか」を具体的に記載すると、よりアピールできますよ。

 

 

美容クリニック受付の面接対策|自己prの構成

自己prの構成

続きましては、自己prの構成をご紹介していきます。

面接で自己prを作成する際は、以下の流れを意識して伝えましょう。
なお、自己紹介について知りたい方は「自己紹介ですべてが決まる美容クリニックでウケが良い自己紹介方法とは?」をご覧ください。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prの構成1】結論

まずは結論から述べてください。

自己prは結論ファーストで伝えないと、何を言っているのかわからなくなります。
なお、自己prでの結論とは「わたしの強みは〇〇です」「わたしは〇〇な人物です」などになりますよ。

結論から話すことについては「美容クリニック受付の自己prについて解説しているサイト」でも同様のことを述べています。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prの構成2】理由

理由とは、上述した結論に対する理由。つまり、裏付けとなるものを指します。

「なぜそのような強みがあるのか」「なぜそのような人物なのか」を具体的に述べましょう。
理由が具体的だと自己prの説得力がアップしますよ。

 

【美容クリニックの受付を目指す方必見|自己prの構成3】応募先で活かせること

最後に、あなたの強みや人間性を「応募先でどう活かせるのか」を伝えます。

なお、理由と同じく、具体的に述べてくださいね。
抽象的な言い方をすると、かえって採用担当者の心象を損ねます。注意しましょう。

 

 

美容クリニック受付の面接対策|自己prする際に注意すべきポイント

注意すべきポイント

ここでは、面接で自己prする際に「注意すべきポイント」を3つご紹介します。

ただ本番では緊張してしまって、うまく答えられないことも…。そのため、面接の前には何度か模擬面接をすることをオススメします。

パスキャリでは企業ごとの特徴に沿った面接対策を一人ずつに行っています。
あなたが言うからこそ面接官に刺さる言葉を、一緒に考えましょう。

無料でご登録が可能ですので、ぜひ一度覗いてみてください。

 


なお、面接で聞かれる質問について知りたい方は「美容クリニックの受付カウンセラーの面接で必ず聞かれる質問5選と回答事例紹介」、もしくは「美容クリニックの面接対策」をご覧ください。

 

【美容クリニック受付の面接対策|自己prする際に注意すべきポイント1】簡潔に話す

面接で自己prをする際に注意すべきポイント1つ目は『簡潔に話す』です。

自己prはシンプルに話すのがベスト。だらだら話すと、何をアピールしたいのか曖昧になります。
ですから、自己prでは時間を意識しましょう。なお、理想は「1~3分」に収めることですよ。

 

【美容クリニック受付の面接対策|自己prする際に注意すべきポイント2】声の大きさ

面接で自己prをする際に注意すべきポイント2つ目は『声の大きさ』です。

小さい声で、ボソボソと話しても「自己アピール」になりません。それでは逆効果です。
面接で自己prをする際は大きな声で元気よく話しましょう。もちろん、笑顔も忘れないように。

クリニックの採用担当を惹きつける自己prの書き方、話し方」でも同様のことを述べていますよ。

 

【美容クリニック受付の面接対策|自己prする際に注意すべきポイント3】履歴書の内容と合わせる

面接で自己prをする際に注意すべきポイント3つ目は『履歴書の内容と合わせる』です。

一般的に採用担当者は、あなたが提出した履歴書を見て面接を行います。そのため、履歴書に書いた自己prと採用担当者に話す内容を合わせる必要があります。
履歴書と面接の自己prが食い違っていると採用担当者が混乱しますので、くれぐれも注意してくださいね。

なお、自己prの内容が食い違わないためにも、面接前に履歴書をチェックしておくといいでしょう。

 

 

美容クリニック受付の面接対策|採用担当者が自己prで見ているポイント

採用担当者

最後に、採用担当者が自己prで見ているポイントを4つご紹介していきます。

面接に臨む際は、このポイントを意識して話しましょう。

 

【美容クリニック受付の面接対策|採用担当者が自己prで見ているポイント1】説明力

採用担当者が自己prで見ているポイント1つ目は『説明力』です。

自己prでは「自分を採用するメリット」をわかりやすく説明しなければいけません。
そのため、短い言葉で、論理的に説明する能力が求められます。

 

【美容クリニック受付の面接対策|採用担当者が自己prで見ているポイント2】入社意欲

採用担当者が自己prで見ているポイント2つ目は『入社意欲』です。

面接において最も重要なことは入社意欲。「どれだけ熱い想いがあるのか」になります。
応募者の中には何社も面接を受けているため、入社意欲が低い人もいます。ですから、採用担当者は自己prを通じて、応募者にどれだけ入社意欲があるのかをチェックしているのです。

強い志望動機を作るためのヒントを知りたい方は「【美容クリニック受付】志望動機を作る3ステップを紹介!履歴書例文も」をご覧ください!

 

【美容クリニック受付の面接対策|採用担当者が自己prで見ているポイント3】自己分析力

採用担当者が自己prで見ているポイント3つ目は『自己分析力』です。

自己prは自分のいいところを伝えていくもの。つまり自己分析が必要になります。
そのため、採用担当者は自己prを通じて応募者の自己分析力をチェック。
「自分を把握できているか」「自分を過大評価していないか」などを確認します。

自己分析力が高い人はビジネスの場でも活躍できる人材だと考えられるため、採用担当者に与える印象が良くなりますよ。

 

【美容クリニック受付の面接対策|採用担当者が自己prで見ているポイント4】客観的な根拠はあるか

採用担当者が自己prで見ているポイント4つ目は『客観的な根拠はあるか』です。

自己prでは、自分のことをよく見せようとするあまり、大袈裟に話す傾向があります。
そのため、面接官は自己prを聞きつつ、その話に客観的な根拠はあるのかをチェックしています。

自己pr分する際は、根拠もあわせて伝えるようにしましょう。

 

 

まとめ

ここまで、美容クリニックを志望する方抜向けた自己prのポイントと、面接の対策をお伝えしました。

注意すべきポイントもいくつかありますが、一番大切なことは
「志望クリニックへの入社意欲」と「自身の魅力」をしっかり伝えるということです。

 

「入社意欲はあるけどうまく伝えられる自信がない…」
「自分の魅力がわからない…」

こんな方は、転職エージェントを利用することをオススメします。

パスキャリでは、転職のプロであるアドバイザーが丁寧なカウンセリングであなたの強みを引き出し、魅力的な自己prを一緒に考えます。
また、面接対策もしっかりサポート。

内定まで手厚いサポートが受けられるパスキャリで、憧れの美容クリニックの合格を勝ち取りましょう。

 

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。


 

LINE

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6824-1533

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する

  • お名前*必須

  • 電話番号*必須

  • メールアドレス*必須

  • 生年月日*必須