• HOME
  • 転職コラム
  • エステティシャンに転職したい!面接のアピール法は?未経験者でもできる?

2022.05.16

美容

エステティシャンに転職したい!面接のアピール法は?未経験者でもできる?

美容業界に興味があって、エステティシャンに転職したいと思っている人もいますよね。
しかし、「転職したくても未経験では無理なのではないだろうか」「面接で何をアピールすればいいのだろうか」などと身構えていませんか?

そこで今回は、エステティシャンとして転職するポイントを詳しくご紹介します。

未経験からエステティシャンを目指したい人、面接を通過するためのアピール方法を知りたい人はぜひ参考にしてください。

コツをおさえておけば、未経験でもエステティシャンとして転職できる可能性が高まります。

  • エステティシャンの基本情報
  • エステティシャンへ転職するなら知っておくべき!
  • エステティシャンの転職Q&A
  • 30代以上でもエステティシャンに転職できる?
  • エステティシャンの転職なら「パスキャリ」へ

エステティシャンの基本情報

エステティシャンの基本情報
エステティシャンの仕事はなんとなくイメージできるけれど、本当にイメージ通りの仕事なのか心配な人もいるかもしれません。

転職後にミスマッチに気づくと困ってしまいますよね。

美容業界への転職を成功させるためにも、事前にエステティシャンの仕事内容を確認しておきましょう。

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンと聞くと、サロンでの施術をイメージするものです。
しかし、施術以外にもさまざまな仕事をしなければなりません。

おもな仕事内容には、以下のものがあります。

  • フェイシャルエステやボディエステの施術
  • 施術前のカウンセリングおよびアフターカウンセリング
  • サロンの清掃や開店準備、閉店後の片付け
  • 事務や経理

このように、エステティシャンの仕事は施術だけでなく接客や事務など多岐にわたります。清掃など裏方の仕事もしなければならないため、事前に調べておきましょう。

エステティシャンの勤務先

エステティシャンは、エステサロンとして独立した空間で働いているイメージが強いかもしれません。
しかし、実際にはホテルや美容室・リラクゼーションサロンで働くこともあり、出張エステもあります。

ほかにも、ソシオエステティシャンとして医療機関や介護施設で働く人もいます。

一言でエステティシャンといっても勤務先はさまざまなので、自分がどこで働きたいかを考えておくことがおすすめです。

勤務先によって、仕事内容や意識したい点も変わりますよ。

エステティシャンになる方法

日本では、エステティシャンになるために必要な資格はありません。

転職の仕方は複数あるため、自分に最適な方法を選択しましょう。
おもな転職方法は以下のとおりです。

  • 専門学校に通い、技術を身につけてから就職する
  • 通信教育で学んでから就職する
  • 未経験者OKのサロンに就職して働きながら技術を身につける

どの方法にもメリット・デメリットがあり、これまでの自身の経験や年齢などによっても最適な方法は異なります。

エステティシャンの転職状況

「実際のところ、エステティシャンとして転職する人は多いのだろうか」「競争率は高いのだろうか」などと気になる人もいますよね。

エステティシャンは華やかなイメージで人気が高く、手に職をつけたい女性が多く目指す職業です。
そのため、場合によっては競争率が高くなることもあります。

未経験者を積極的に採用しているサロンも多くあるので、美容業界に挑戦したい人はそのようなサロンを選ぶといいでしょう。

ただし、イメージとは違って力仕事が多かったり長時間勤務になりやすかったりする仕事です。

イメージと現実の違いで悩む人もいるため、ミスマッチを防いで転職を成功させるためにも事前に調べておくことをおすすめします。

エステティシャンへ転職するなら知っておくべき!

エステティシャンへ転職するなら知っておくべき!
未経験からエステティシャンを目指したいと思っている人は、面接を通過するためのポイントを確認しておきましょう。

サロン側が求める人物像はどのようなものなのか、面接では何をアピールすればいいのか要チェックです。

エステサロンで働きながら技術を習得したいと考えているなら、キャリアップの目標を面接でアピールすることも大切ですよ。

エステ側が求める人物像

美容業界に未経験で転職する場合、サロン側がどのような人材を探しているのかわからないこともあるでしょう。

求められる人材について理解しておくことは、転職を成功させるために大切なポイントのひとつです。

サロンによって多少の違いはありますが、よく挙げられる特徴を以下にピックアップしますね。

  • ヒューマンスキルが高い人
  • 清潔感がある人
  • 愛想がいい人

エステティシャンは高い技術力が求められる技術職でもありますが、接客業です。コミュニケーション力などのヒューマンスキルを重視する傾向があることを覚えておきましょう。

エステティシャンになるための志望動機

エステティシャンとして転職を考えている場合、志望動機にはどのようなことを書けばいいのか知りたいですよね。

美容業界なので、美容が好きなことや美意識が高いこと、それらを活かしたいと考えていることを書くといいでしょう。

人の役に立ちたいと思っていることや、それに喜びを感じることなどを書くと印象がよくなります。

すでに技術を身につけている場合は、技術を活かしたいことを忘れずに書きましょう。

面接でのアピールポイント

一般的には、書類選考のあとは面接に進みます。

面接では「エステティシャンとして働きたい」という意気込みを積極的にアピールすることが大切ですよ。

同じ美容業界からの転職であれば、前職で身につけた技術を積極的にアピールするといいでしょう。

専門学校や通信教育で技術や知識を学んでいる場合も、同様にアピールできます。

未経験で転職して、働きながら技術を身につけたいと考えている場合は、ヒューマンスキルが高いことや接客が好きなことをアピールすると効果的ですよ。

接客業の経験がある場合は経験が強みになります。

美容業界での就業経験があるかどうかによって伝えたい内容も変わるため、自分のキャリアを振りかえりながらアピールポイントを考えましょう。

エステティシャンの転職Q&A

エステティシャンの転職Q&A
これからエステティシャンを目指そうと考えるとき、転職活動においてさまざまな疑問をもつかもしれません。

前もって疑問点を解消できれば、安心して転職活動に打ち込めます。

ここでは、疑問に思いがちなポイントを3つあげて確認していきましょう。

Q.資格やスキルは何か必要?

エステティシャンとして働くにあたり、法令によって必要な資格はありません。
しかし、日本エステティック協会が定めている「認定エステティシャン」の資格を持っていると有利になることもありますよ。

実務経験なしで取得する場合は、認定校に通い300時間以上コースを修了しなければなりませんが、技術を身につけてから転職したいと考えている人にはおすすめの資格です。

認定エステティシャンを取得する過程では、基礎知識や施術技術、カウンセリング方法などを学びます。

実務で必要な技術を学んでいれば、転職を有利にすすめられますよ。

Q.未経験でもエステティシャンになれる?

未経験者を積極的に採用しているサロンも多くあります。

未経験からエステティシャンを目指す場合は、「未経験者歓迎」と記載されている求人に応募しましょう。

求人情報に未経験者歓迎と記載があれば、就職後に必要な知識や技術などを学べる環境があるということです。

意欲があれば、未経験であっても働きながら技術を身につけられますよ。

「早くエステティシャンとして働きたい」と思っている人は、未経験者歓迎のサロンにアプローチするといいでしょう。

Q.エステティシャンに転職できる年齢は?

エステティシャンを目指している人には20代~30代が多いようです。

同じくらいの年齢であれば、選択肢も幅広く転職しやすいでしょう。

しかし、サロンによってはキャリアプランなどの理由から、年齢制限をもうけているサロンもあります。

そのようなサロンでは年齢を理由に不採用になることもあるため、求人情報は細かくチェックしましょう。

「若年層を積極採用」などと記載されている場合は、注意が必要ですよ。

30代以上でもエステティシャンに転職できる?

30代以上でもエステティシャンに転職できる?
「エステティシャンになりたいけれど30代以上だから転職できるか心配」と考えている人もいるかもしれません。

30代以上でも、転職のコツをおさえておけばエステティシャンを目指せますよ。

比較的若い世代が多い業界ではありますが、それでも挑戦したいと考えている人は以下で紹介する2つのポイントをチェックしておくことをおすすめします。

経験や資格をアピールする

美容業界への就業経験がある場合は、これまでの経験や取得した資格を積極的にアピールすることが大切です。

「認定エステティシャン」や「認定上級エステティシャン」を取得している場合はとくに有利になるため、忘れずに伝えましょう。

美容業界経験者を採用する場合、サロン側は即戦力になるかどうかを重視します。

十分な経験があったり、さまざまな美容関連の資格を取得していたりする場合は、採用の可能性も高まりますよ。

未経験者は意欲をしっかり伝える

未経験者であればエステティシャンとして働く意欲や熱意をアピールしましょう。

これまでに接客業の就業経験がある場合は、その経験をアピールするのも効果的ですよ。

未経験者かつ30代以上である場合は不利になりやすいため、熱意とやる気をどれくらい伝えられるかが重要。

なかなか採用されない場合でも、積極的に応募して採用を勝ち取りましょう。

エステティシャンの転職なら「パスキャリ」へ

エステティシャンの転職なら「パスキャリ」へ
エステティシャンへの転職を成功させるためには、美容業界に強い転職エージェントを利用しましょう。

パスキャリなら、エステティシャンの求人も豊富です。ひとりひとりに寄り添い、面接対策から就職後のフォローまで転職活動を総合的にサポートしています。

「エステティシャンになりたい」「効率的に転職活動をしたい」という人、そして転職活動に不安を感じている人も、ぜひパスキャリにご登録ください。

豊富な求人の中からあなたにピッタリの職場を探し、あなたの強みをしっかりアピールして面接を突破しましょう!

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する