• HOME
  • 転職コラム
  • 美容部員になりたい人が大学に行くメリットはある?専門学校との違いも解説

2022.06.10

美容

美容部員になりたい人が大学に行くメリットはある?専門学校との違いも解説

自分の進路を考えたときに化粧品や美容に興味のある人は、美容部員を目指そうと考えるかもしれません。
美容部員の就職には、特定の資格は必要ありません。
美容部員になるために大学へ進学するメリットはあるのか、悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、美容部員になるためには大学進学と専門学校進学どちらがいいのか、メリットやデメリットについて紹介します。
どのような進路を選択すれば美容部員になれるのか、進学前に知っておきたいことも参考になりますよ。

  • 美容部員になるならいつまで学校に行くの?
  • 美容部員になるための学校のメリット・デメリット
  • 美容部員を目指して大学に進学するなら
  • 大学卒の美容部員の就職で知っておきたいこと
  • 進路に迷ったらパスキャリで求人をチェックしてみよう!
  •  

美容部員になるならいつまで学校に行くの?

美容部員になるならいつまで学校に行くの?

美容部員を目指すうえで、具体的な進路について悩んでいる人もいるでしょう。
進学先は就職先に関係する重要な選択のひとつです。
大学へ進学した場合と専門学校に進学した場合でどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

大学卒である必要はない

美容部員は大学卒である必要はありません。
就職先によっては高卒以上であれば問題ないので、大学中退の人でも美容部員になれます。
美容部員に必要な知識は、入社後の新人研修で学ぶため問題ありませんよ。

とはいえ、美容関係の資格や知識などをもっていれば就職には有利です。
大学へ進学して美容関係の資格を取得したり、専門学校で技術を習得したりした人は大手化粧品ブランドの正社員が狙えることもあります。

大手ブランドや正社員は大学卒業していると有利

大手の化粧品ブランドや美容部員の正社員を募集する求人情報には、「大学卒業以上」や「専門学校卒業以上」といった条件が設けられていることがほとんどです。
就職希望のブランドがあるなら、事前に調べておくのが得策でしょう。
大学や専門学校卒業以上の条件が設けられているかを確認し、それにあわせて進学するのもひとつの方法ですよ。

専門学校より大学卒のほうがいい給料

美容部員にもなりたいけれど、給料も重視したいという人もいますよね。
大学卒と専門学校卒では、給料の金額が異なる場合がほとんどです。

大学卒のほうが、専門学校卒よりも年収にして数十万円ほどの違いがでてきます。
満足できる金額の給料をもらいたいのであれば、大学を卒業してから美容部員になるといいでしょう。

いろいろな知識が身につくメリットも

大学では美容関連以外にも一般教養の科目があるため、専門学校よりも幅広い知識が学べますよ。
空き時間を利用して、民間の美容関係の資格を習得するのもいいでしょう。
大学を卒業していると美容関係のほかにも幅広い知識を身につけられるので、美容部員から他業種への転職でも有利になります。

美容部員になるための学校のメリット・デメリット

美容部員になるための学校のメリット・デメリット

新卒として美容部員へ就職できる確率を上げたい人は、美容部員に必要な美容関係の知識が学べる学校に進学するといいでしょう。
美容関係の知識を身につけられる学校はいくつかあります。
ここでは、それぞれの学校のメリットとデメリットを見ていきましょう。

4年制大学のメリット・メリット

美容部員を目指す人の中には、4年制大学の進学を考えている人もいますよね。
4年制大学へ進学するメリットとデメリットをまとめました。

メリット
・時間があるので、民間の美容関係の資格を取得できる
・独学でも美容に関する知識を深められる時間の確保が可能
デメリット
・美容専門の学科が少ない
・専門学校に比べると、学べる範囲が限られている

大手の化粧品ブランドや正社員としての就職、キャリアアップを前提とした美容部員を目指すのであれば、4年制大学へ進学するといいですよ。
大学時代は自分の時間を多く確保できるので、美容部員へ就職する際に有利となる民間の美容関係の資格取得もできます。

短大のメリット・デメリット

短大に通う期間は2年間、または3年間で4年制大学と大きく異なります。
短大を卒業して美容部員を目指す場合も、美容関係が学べる学科のある大学を選ぶといいでしょう。

メリット
・4年制大学へ進学するよりも早く美容部員へ就職可能
・在学期間が短く生徒人数も少ないので、就職サポートが整っている
デメリット
・学ぶことが多く、美容関係の民間資格の取得が難しい
・専門学校と比較して、学べる範囲が限定されている

「短期大学士」の学位と、美容部員としての知識が欲しい人におすすめの進学先です。

短期間で卒業できるので、早い段階で美容部員へ就職できますよ。
美容部員の経験を早く積みたい人にもおすすめです。

専門学校のメリット・デメリット

美容関係の専門学校へ進学し、美容関係の専門知識や資格を習得して美容部員になるのもひとつの方法。
容部員を目指す人の多くは、専門学校への進学を選択するようです。
専門学校へ進学するメリットとデメリットをまとめました。

メリット
・美容部員の就職に有利になる美容関係の知識を広く学べる
・知識だけでなく、接客についても学ぶことが可能
・卒業と同時に美容関係の資格取得ができる場合もある
デメリット
・大学卒業や短大卒業という制限のある求人には応募できない
・在学期間が短いので、在学中は忙しくなる

専門学校を卒業すれば、就職してからすぐに即戦力として働けます。
即戦力の欲しい企業側から直接専門学校に求人情報がおりてくる場合もあり、美容部員として希望の条件の職場に就職しやすいでしょう。
美容部員として確実に働きたい人におすすめです。

美容部員養成スクールのメリット・デメリット

美容部員の養成スクールに通う方法もあります。
民間スクールなので、スクールのカリキュラム構成によっては、在学中や働きながら通うことも可能です。

メリット
・美容部員に必要な知識やテクニックなどを短期間で学べる
・授業のコースがさまざまで、ライフスタイルにあわせて学べる
デメリット
・学校によって、学べるものや料金がばらばら
・就職サポートのフォロー体制が学校によって異なる

短期間で美容部員としての知識を身につけられるのが特徴です。
美容に関係ない大学や短大、専門学校に進学し、美容部員へ方向転換を考える人に向いているでしょう。
すでに学校を卒業しており、ほかの職業に就職しているけれど、美容部員になりたいという人にもおすすめですよ。

高卒で美容部員を目指すメリット・デメリット

早く美容部員になりたいと考えている人は、高卒で就職して美容部員になることも可能です。
高卒で美容部員を目指した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット
・いち早く美容部員として就職可能
・コミュニケーション能力やスキルなど、美容部員に必要な素質があれば
採用してもらえる
デメリット
・専門学校卒業や短大卒業、大学卒業以上の求人には応募不可能
・専門学校卒業や短大卒業、大学卒業以上よりも年収が少ない

美容部員の採用は、学歴よりも経験を重視する傾向にあります。

美容部員に必要な美意識の高さやコミュニケーション能力などをアピールすれば、美容部員になれる可能性は高いでしょう。
高卒で美容部員を目指すのであれば、美容部員としての素質をアピールすることをおすすめします。

美容部員を目指して大学に進学するなら

美容部員を目指して大学に進学するなら

美容部員として就職したい化粧品メーカーや化粧品ブランドの求人内容に「大学卒以上」という条件がある場合は、大学へ進学しなくてはなりません。
ここでは、美容部員への就職が有利になる進学先の選び方を紹介します。

美容部員を目指す人におすすめの学科

美容部員を目指すのであれば、美容関係について学べる学科を選びましょう。
現在、美容関係について学べる学科は次のとおりです。

美容総合学科
・美容部員の就職に有利になる美容師国家資格が取得可能
・美容ビジネスに関する幅広い知識はもちろん、世界を視野に入れた英語スキルも取得できる
トータールビューティー学科
・美容系の国家資格の取得と専門知識を学べる
・ビジネスマインドやグローバル社会をみこした国際感覚も身につけられる
生活デザイン総合学科
・自分の興味のある分野に特化したカリキュラム構成が作れるのが特徴
・メイクやネイルなど、美容に関係する資格を取得できる
服飾美容専攻
メイクアップ技術を学べる「メイクアップ・コスメティックコース」と美容に関する豊かな教養と技術、コミュニケーション能力などが学べる「トータルビューティーコース」がある
化粧ファッション学科
メイクやファッション、ブライダル、アパレルを総合的に学習でき、実務レベルの専門的な知識やスキルの習得が可能
ビューティーアンドウェルネス学科
スパセラピストに特化した学科であるが、メイクやカウンセリング、ホスピタリティなどが学べる

こちらで紹介した以外にも、美容部員になれる知識が身につく学科があります。
美容部員になるためにどのようなことが学びたいのか、どのような資格が欲しいのかを考えて選びましょう。

美容部員に関する学科のある大学は少ない

美容部員に必要な知識が学べる大学は少ないので、進学先の選択肢はある程度絞れるでしょう。
美容部員になるために必要な美容に関係する知識に加えて、幅広い知識を学べるのが大学です。
どのような美容部員になりたいのか、将来のビジョンをはっきりさせた後に進学先を選ぶことをおすすめします。

大学生のうちにバイトで経験を積むのも◎

美容部員の求人の中には、アルバイトを募集していることもあります。
大学生のうちに美容部員としての経験を積むのもいいでしょう。
美容部員のアルバイトをすることで、美容部員に必要なスキルや技術力を磨けますよ。

学校とは別に美容部員の技術面やスキル、そして知識を身につけられます。
バイトでも美容部員の経験があると判断されるので、採用される確率も上がるかもしれません。

大学卒の美容部員の就職で知っておきたいこと

大学卒の美容部員の就職で知っておきたいこと

大学に進学して美容部員になろうと考えている人もいますよね。
進学先を決めることは、人生に影響する大きな選択のひとつで、慎重に考えなければなりません。
大学卒の美容部員を目指している人が知っておかなければならないことを確認していきましょう。

大学卒でも美容部員の正社員は狭き門!

美容部員という職業は高校卒であれば就職できますが、正社員の求人募集が少ないので狭き門といえるでしょう。
憧れの化粧品メーカーや化粧品ブランドで働きたいために、美容部員という職業を選んでいる人もいますよね。

大学まで進学するのであれば美容部員のほかに、営業や企画といった企業内部で働くという選択肢もあります。
大学で専門知識を身につけるのであれば、美容部員以外の働き方にも視野を広げてみましょう。

契約社員からのスタートも検討しよう

大学卒業でも、自分が働きたいと思っている化粧品会社ブランドから正社員の求人がでていない場合もあります。
契約社員から正社員登用制度で正社員になる美容部員になる人もいるようです。

ただし、会社によって正社員登用の制度は規定が設けられています。
正社員登用を狙うのであれば、正社員登用制度を導入しているところで働きましょう。

転職エージェントを使うものおすすめ

転職エージェントに頼るのもおすすめの方法のひとつです。
美容系に強い転職エージェントであれば、自分の希望にあった美容部員の求人を探してもらえます。
就職や転職活動について深い知識をもっているので、就職についてアドバイスをもらえるでしょう。
転職エージェントなら、自分が希望する条件の美容部員として働ける可能性は高くなりますよ。

進路に迷ったらパスキャリで求人をチェックしてみよう!

進路に迷ったらパスキャリで求人をチェックしてみよう!

美容部員を目指して大学への進学を考えるのであれば、美容関係の知識が学べる学科がある大学を選ぶといいでしょう。

美容部員は高卒以上の学歴があれば就職できる職業です。
無理に大学に進学せず、専門学校へ通うという選択肢もあります。

進学や就職の選択を検討するうえで美容部員の求人を探すのであれば、美容業界の求人に強いパスキャリがおすすめです。
パスキャリ独自の求人などもあり、自分の希望にあった求人情報が手に入りますよ。
美容部員の求人情報を探している人は、ぜひパスキャリに登録ください。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-10-7 加賀谷ビル9F

JR新宿駅「西口」から徒歩

Google Map

お電話でのお問い合わせ・お申し込みはこちら

TEL 03-6427-3846

営業時間:9:00〜18:00 (土日を除く)

\ 30秒かんたん入力 /

パスキャリに無料登録する