「忙しいと言っている人は、暇」「好きじゃないことを仕事にしてもいい」フリー/会社員の両方を経験して見えたこと|パスキャリインタビュー

パスキャリインタビュー!

様々な分野で活躍する社会人にフォーカスして、価値観やキャリアの積み方を根掘り葉掘り聞いちゃおう☆というコーナーです。

今回は、会社員→フリーランスで成功→会社員というキャリアを持つ、WEBデザイナー歴17年の小谷さんにお話を伺いました。


実は、WEBデザイナーという仕事にこだわりは無い、という小谷さん。

それでも続けている理由とは?なんで成功したフリーランスから会社員に戻ったの?

根掘り葉掘り、聞いてきました。

ド素人状態で入ったこの世界。初めは、なんのこっちゃ分からなかった。

ヤマシタヤマシタ

小谷さんは、WEBデザイナー歴17年と伺いました。

17年前当時、珍しい職業だったのでは。

小谷さん小谷さん

そうですね。
iモードとか、ezwebとか、そんな時代。

mixiも、まだなかったです。

もちろんガラケーだし、ネットも全然発達していませんでした。

ヤマシタヤマシタ

懐かしいサービスたち!

mixiって今の10代知ってるのかな…



楽しそうに話し始める、WEBデザイナーの小谷さん。
楽しそうに話し始める、WEBデザイナーの小谷さん。(今回は緑多めでお届けします)

小谷さん小谷さん

ね。そんな時代です。

簡単に情報を得られるっていうのが斬新だったんですよね。

まあ、これを使って世界中の人を幸せに…

ヤマシタヤマシタ

素敵!

小谷さん小谷さん

したい、とかは全くなくて。

ヤマシタヤマシタ

え?

小谷さん小谷さん

そんな志は全くなくて。

大学を出たあと、いわゆるフリーターをしていて、「そろそろ就職を」と思ったときに求人誌の目立つところに載っていたのが、WEBデザイナー募集だったんです。

ヤマシタヤマシタ

え、それが理由ですか!

じゃあ、まったくの初心者で?

小谷さん小谷さん

そう!

ネットはたまに見る、くらいのド素人でした。

WEBデザイナーって言葉も初めて見たし。

ヤマシタヤマシタ

それでよく応募しましたね…

小谷さん小谷さん

なんとなく、ホームページを作る人なんだろうなと察して(笑)

ただ小さな会社だから「なんでもやる!」というスタンスで。

営業マンが取ってきた案件に、打ち合わせからがっつり参加していて、なんなら途中から一人で参加して。

入社3か月目からは、一人で打ち合わせに行ってました。(笑)

ヤマシタヤマシタ

営業もする、デザイナー。

小谷さん小谷さん

でも初めなんて、打ち合わせしてもよく分からないんですよ。

要望は聞くんですけど、なんのこっちゃって。



「打ち合わせをしても、なんのこっちゃ分からなかった。」
「打ち合わせをしても、なんのこっちゃ分からなかった。」

ヤマシタヤマシタ

できるかどうかも、分からない状態ですよね…

小谷さん小谷さん

だから言ってましたね。

「できるかどうかは、分かりません。でも、やってみます」って。

ヤマシタヤマシタ

おお…!
やります!と言い切りは、しなかったんですね。

小谷さん小谷さん

だって分かんないなと思って(笑)
でも、それでもやってましたよ。なんとかして。

とにかくやってみる。がむしゃらに学んだのち、フリーランスへ。

小谷さん小谷さん

まあ、実践から入ってたから、効率よく勉強できたのは良かったかな。

教科書を1ページ目からやってたら、無駄も多かったと思う。

でも自分は相手のニーズを聞いて、そこをピンポイントで学んできたから。



「ニーズを知ってからスキルを学ぶ」というのは、誰でも使える勉強法かもしれない。
「ニーズを知ってからスキルを学ぶ」というのは、誰でも使える勉強法かもしれない。

ヤマシタヤマシタ

そのあと、フリーランスに転向したんですよね。

小谷さん小谷さん

なんかこの会社、制作費高いわりに給料上がらないなって思って。
で、スキルもある程度身についたし、一人でできるんじゃないかって思って。

ヤマシタヤマシタ

すごく説得力のある退職理由です。
フリーランスになってからは、順調に?

小谷さん小谷さん

いや、全然。

普通、いくつかクライアントを確保してから辞めると思うんだけど、自分は何もないのに辞めたんですよ。

だから、会社を辞めたらいきなり収入がゼロになって。

一人暮らしだったから、いくばくかの貯金を切り崩してやってましたね。

ヤマシタヤマシタ

軌道に乗ったきっかけは、何だったんでしょう。

小谷さん小谷さん

結果から言うと、ナイトワーク系の受注を受けるようになったんですけど。

ある日ニュースを見てピンと来たんです。

当時の都知事が「オリンピック誘致のためにそういうお店の看板を街からなくそう」って言って。

街並みが変わったんです。

ヤマシタヤマシタ

いわゆるキャッチ(街頭での客引き)が、できなくなったと。

小谷さん小谷さん

そう。それで、集客手段が雑誌かWEBに限られるなって思って。

じゃあ、まだどこもしっかり作っていないホームページを自分が作ればいいんじゃないかと。

「集客手段が雑誌かWEBに限られるなって。」ピンと来た。
「集客手段が雑誌かWEBに限られるなって。」ピンと来た。

ヤマシタヤマシタ

ニーズを見つけ出したんですね!

小谷さん小谷さん

ニーズって、小さな気づきから、生まれるもんなんですよね。

でも…

ヤマシタヤマシタ

でも…?

小谷さん小谷さん

最初はなかなか、ホームページの必要性を分かってもらえなくて。

めちゃくちゃ電話をかけて営業してました。

ヤマシタヤマシタ

どうやって、分かってもらえるようになったんですか?

小谷さん小谷さん

「イメージしてもらうこと」を大切にしました。

最初はスピード感を出して、「すぐ作りますよ!」って言ってたんですけど。

ホームページの必要性を、分かってもらえていないなって気づいて。

ヤマシタヤマシタ

イメージ。

小谷さん小谷さん

結局、ホームページがあることで自分たちの仕事がどう良くなるのかを伝えないと、スピード感なんて価値ないなと思って。

だって今まで、なくても仕事になっていたわけだから。

未知のサービスなんですよ、向こうからしたら。

それで、ダミーで作ったサイトのURLを見てもらったり、具体的にどんなふうに変わるのかを説明したりして。

そうするうちに、じゃあ試しにお願いするかっていう会社が出てきて。

ヤマシタヤマシタ

努力が実った瞬間!

小谷さん小谷さん

そうしたら、業界の中でちょっとした口コミになって、そこから一気に50件くらい仕事が来ました。



ホームーページを作ったら、こんな風に良くなりますよ!さあ!
「ホームーページを作ったら、こんな風に良くなりますよ!さあ!って。」

小谷さん小谷さん

で、一応管理もするということで月額でお金をいただいて。

といっても、難しいシステムを入れたりこまめに更新したりということはなかったんですけど。

それで、数万円×50社の収入を得られるようになったんです。

ヤマシタヤマシタ

一気に駆け上がりましたね!

しかも結構稼げている。

そのまま、フリーランスを続けようとは思わなかったんですか?

小谷さん小谷さん

8年くらいやってたんだけど、フリーって、休みがないんですよ。

ヤマシタヤマシタ

そうなんですか?自由なイメージがあったのに…

小谷さん小谷さん

厳密にいうと、休めるのに休めないんです。

やればやったほど稼ぎになるし、税金やいざというときのための貯金を考えたら、稼いでも稼いでも足りなくて。

だから、ついつい仕事をしちゃう。

四六時中、働いちゃうんですよ。



「稼いでも稼いでも足りなくて、ついつい仕事をしてしまっていた。」
「稼いでも稼いでも足りなくて、ついつい仕事をしてしまっていた。」

ヤマシタヤマシタ

人数を増やしても、人件費がかかっちゃいますもんね。

小谷さん小谷さん

それもあるし、採用に自信がなくて。

誰かを雇っても、結局自分で手直ししそうだな…とか、信頼できるか見極めないとな…とか考えると、一人でやった方がいいやって思ったんですよね。

ヤマシタヤマシタ

デザインだと、センスや好みの問題もありそう…

小谷さん小谷さん

で、余裕がないから新しい挑戦もできず。

だったら会社に入った方が、色んな事ができるんじゃないかと。

あと、一人で仕事してると、誰とも話さない日もあったから、誰かと話したいなって。

ヤマシタヤマシタ

フリーランスは孤独との闘いかもしれない…

小谷さん小谷さん

そうそう。なんか、チームで仕事をしてみたくなったんですよね。

チームで働いて、新しいことをやりたくなった。そこで選んだのが、会社に入ること。

ヤマシタヤマシタ

それで、今の会社に入られたんですよね。

この会社だ!と決めた理由は、ありますか?

小谷さん小谷さん

いや。

ヤマシタヤマシタ

もしかして…

小谷さん小谷さん

正直、どこでもよくて。

求人サイトで「WEBデザイナー」って入れたら一番上に出てきたんですよ。

新着だったのかな。

で、場所を確認したら通えるところだったから、応募しました。

ヤマシタヤマシタ

最初の会社と、変わらない…!

求人「誌」が求人「サイト」に変わっただけじゃないですか!笑

小谷さん小谷さん

(笑)

給料も見てなかったし、どんな業界のサイトを作ってるのかも知らないまま面接へ向かいましたね。

そこに求人があったから、応募したって感じです。



「そこに求人があったから、応募した。」(そんな登山家みたいなこと言われても)
「そこに求人があったから、応募した。」(そんな登山家みたいなこと言われても)

ヤマシタヤマシタ

すごいですね、なんか。

小谷さん小谷さん

面接を受けたら、即採用で。

そこで初めて、条件を見ました。

良かったんですよ、条件なんてどうでも。

会社でチームの仕事をすることが目的だったから。

ヤマシタヤマシタ

お給料とか気になりませんでした?

小谷さん小谷さん

フリーランスより下がることは分かりきっていたから。

お給料は重要じゃなかったんですよね。

まぁ…取り扱っている業界くらいは、調べても良かったかな。

ヤマシタヤマシタ

絶対そうだと思いますよ(笑)

小谷さん小谷さん

でも、求人サイトにすべて載っているわけではないじゃないですか。

言葉の取り方もそれぞれだと思うし、結局入ってみないと内情なんて分かんないから…調べたところで一緒かもな…

ヤマシタヤマシタ

今、イメージ通りに働けていますか?

小谷さん小谷さん

いや、100%思った通りではないですね。

ヤマシタヤマシタ

ありゃ。

小谷さん小谷さん

そんなに、新しい挑戦はできていないです。

会社に入るとチームで動けるから、色々始めやすいと思っていたけど…

実際は、チームだからこそ舵切が大変でした。



会社に所属しながら、舵を切るのはなかなか大変。
会社に所属しながら、舵を切るのはなかなか大変。

ヤマシタヤマシタ

と、おっしゃいますと…?

小谷さん小谷さん

一人だと、アイデアが浮かんでからのスピード感が速いんですよ、自分で決断できるから。

でも、会社だと承認を得る回数が多かったり、色んな調整が必要だったり。

何かを始めるとき、こんなに工程が多いんだって痛感しました。

ヤマシタヤマシタ

チームだからできることもあるけれど、チームだから重たくなるケースもあると。

小谷さん小谷さん

そういうことですね。

「自分の大切なものを守るため」が仕事のモチベーションになる

ヤマシタヤマシタ

そんななかで、今やりたいことってありますか?

小谷さん小谷さん

うーん…

小谷さん小谷さん

バンドかな。



バンドかな。
「バンドかな。」

ヤマシタヤマシタ

へっ????????

小谷さん小谷さん

憧れてるんですよ、バンド。

高校生のときに組もうってなって、じゃんけんで負けてベースを買ったんですけど。

でもみんな買わなくて。

自分だけですよ。アンプまで揃えたのに、結局何もせずで…

ヤマシタヤマシタ

ちょっと待ってください、バンドですか?

小谷さん小谷さん

はい。

でも、バンドは仕事にしたくないかなぁ…

ヤマシタヤマシタ

いやいやいや!

流れ的に、仕事でやりたいことなんですけども!

小谷さん小谷さん

あ、そう??

じゃあ…
講師のような仕事に興味があります。

ヤマシタヤマシタ

講師、ですか。

小谷さん小谷さん

誰かに、何かを伝えたいなって。



「誰かに、何かを伝えたい。」(めっちゃ笑顔)
「誰かに、何かを伝えたい。」(めっちゃ笑顔)

ヤマシタヤマシタ

漠然度100%じゃないですか…

(なんかこのインタビュー雲行き怪しくなってきたな…)
WEBデザインの講師ってことですか?

小谷さん小谷さん

WEBデザインにこだわりはないです。

ただ、以前受けたセミナーの講師がめちゃくちゃ面白くて、ああこの仕事すごいなって思ったんですよね。

あれって、自分がやったことない領域でもできるのかな…

ヤマシタヤマシタ

場合によってはできると思いますけど…

ビジネス書をモチーフにしたセミナーって、著者じゃなくてもやっていますし…

というか、え、WEBデザインにこだわりないんですか?

小谷さん小谷さん

ないですよ。

元々、WEBデザインがやりたくてこの仕事を始めたわけでもないですし。

ヤマシタヤマシタ

そんなこと、ここで言っちゃって大丈夫ですか…?

会社の方、ご覧になりませんか…?

小谷さん小谷さん

大丈夫!

こだわりがない=仕事に無責任、ではないので。

こだわってはいないけど、真剣にやりますし結果にはこだわります。



WEBデザイナーにこだわりはなくとも、結果にはこだわる。
WEBデザイナーにこだわりはなくとも、結果にはこだわる。

ヤマシタヤマシタ

17年続けている仕事だから、てっきり「これしかない!」と思っているのかと…

小谷さん小谷さん

全然(笑)

ヤマシタヤマシタ

そんなモチベーションでここまで続けてきている理由って、なんなのでしょうか…

小谷さん小谷さん

稼げているからです。

ヤマシタヤマシタ

ストレートですね。

小谷さん小谷さん

というのも、本当に好きで好きでこだわり満載なことだったら、たぶんお金にならなくてもやってると思うんですよ。

自分は、仕事としてWEBデザイナーをしているというのが大前提。

これで食べていけてなかったら、辞めていると思います。

ヤマシタヤマシタ

たしかに…

小谷さん小谷さん

今、すごくバランスがいいんです。

自分は結婚していて子どももいるので、まずは家族を養えて不自由なく暮らせることが何よりも大切。

そのうえで、働きづめになるのではなく、家族との時間を持ちたいと思っていて。

仕事に割く時間・家族と過ごす時間・暮らしていく収入の3つのバランスが、取れている。

これは大きいですよ。

ヤマシタヤマシタ

あ、だからさっきバンドは仕事にしたくない、と。

小谷さん小谷さん

そうです。

もっと若くて独身だったら、バンドでなくても、まずは「好きなこと」「興味なこと」を追っていたかもしれない。

でも、自分にとって一番大切なのは家族だから。

そこに負担をかけてまで、好きなことをしようとは思わないですね。



自分にとって一番大切なのは、家族。(今日イチの笑顔です!)
自分にとって一番大切なのは、家族。(今日イチの笑顔です!)

ヤマシタヤマシタ

なんか小谷さんがカッコよく見えてきました…!

小谷さん小谷さん

仕事なんて、なんでもいいんです。

こう言い切っちゃうと、なんか投げやりな感じがするかもしれないけど、家族が守れれば、いい。

ヤマシタヤマシタ

「そんなモチベーションで」ここまで続けてきている理由なんて訊いて、ごめんなさい…

小谷さん小谷さん

いえいえ(笑)

とはいえ、仕事だって人生の一部ですからね。

好きで始めたわけではないし、こだわりもないけど、それなりにやりがいは感じているんだと思います。

ヤマシタヤマシタ

仕事を一生懸命やっているうちに、あとから付いてくるものなのかもしれないですね。



仕事を一生懸命やっていたら、やりがいはそれなりに付いてくる。
仕事を一生懸命やっていたら、やりがいはそれなりに付いてくる。

小谷さん小谷さん

そうですね。

なんだかんだいって、新しいサービスを考えたり、アイデアを共有してフィードバックもらったりはしてますから。

ヤマシタヤマシタ

今の言葉を聞くと、かなり意欲的に思えます。

「忙しい」って言っている人は、結局「暇」。

ヤマシタヤマシタ

フリーランスの忙しさだと、今のバランスは取れなかったですよね、たぶん。

小谷さん小谷さん

そうですね。

ただ、「忙しい」って思うのは、やりたくないことだからだと思っていて。

ヤマシタヤマシタ

ん??

小谷さん小谷さん

無駄だなあと思うこと、本当は自分に必要ないと感じていることをやっていると、「忙しい」という感情になるんじゃないかなって。



「忙しい」って思うのは、やりたくないことだから
「忙しい」って思うのは、やりたくないことだから

小谷さん小谷さん

本当に夢中になって、熱中しているうちは「忙しい」なんて言葉は出てこないですよね。

ヤマシタヤマシタ

おおお…!

小谷さん小谷さん

だから、「忙しい」って言っている人は結局「暇」なんです。

ヤマシタヤマシタ

なんか哲学的…!

小谷さん小谷さん

これ言っちゃうと、もう会社で「忙しい」って言えないな…(笑)

ヤマシタヤマシタ

はい。言えないです。

小谷さん小谷さん

…。

ヤマシタヤマシタ

…。

ヤマシタヤマシタ

ということで、そろそろお時間が…

小谷さん小谷さん

…インタビュー、こんなので大丈夫ですか?

ヤマシタヤマシタ

どうだろう…。


ヤマシタヤマシタ

なんとかします!笑

インタビューを終えて…

小谷さん、なんとかしました!笑

  • 小さな気づきから、ニーズは作れる
  • 何かを提案するときは、相手がどう変わるのかを具体的にイメージさせる
  • 好きじゃない仕事でも、やりがいはあとから付いてくる
  • 「忙しい」と言っている人は結局「暇」

などなど、改めて振り返ると沢山の気づきを得られた今回のインタビュー。

「こだわりがない=無責任」ではない、という言葉も、なんだかハッとさせられるものがありました。

フリーランス時代に学んだこと、それを経て今、大切にしていること。
どの経験が欠けても、今の小谷さんはいなかったと思います。

「フリーランスは、休みを取れない(取る気になれない)」いうのも、意外に思われた方がいらっしゃるのではないでしょうか。

小谷さん、ありがとうございました!