高卒以上・未経験者歓迎の求人もたくさん!
エステティシャンになるにはどうすればいい?

高卒以上・未経験者歓迎の求人もたくさん!エステティシャンになるにはどうすればいい?

美に関わる仕事であるエステティシャンに憧れている人もいますよね。

エステティシャンは需要が高く、高卒や未経験者が目指す仕事としておすすめです。
とはいえ、「高校卒業後すぐになれるのか」「学歴ないけど……」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、高卒でエステティシャンになるための方法をご紹介します。
エステティシャンになる方法やメリット・デメリットがわかれば、今すぐにでも夢に向かって行動できますね。

  • 高卒OK!エステティシャンになるにはどうしたらいい?
  • 高卒でエステティシャンになるための2つの方法
  • 高卒でエステティシャンになるメリット
  • 高卒でエステティシャンになるデメリット
  • キャリアアップしてどんなエステティシャンを目指す?
  • 高卒でも安心!「パスキャリ」でつながる将来

高卒OK!エステティシャンになるにはどうしたらいい?

高卒OK!エステティシャンになるにはどうしたらいい?
エステティシャンを目指すうえで学歴や資格は必要ありません。

スキルや経験がものを言う仕事なので、高卒や未経験者でもサロンで働きながらエステティシャンを目指せますよ。
ここでは、エステティシャンになるにはどうしたらいいのか見ていきましょう。

エステティシャンは資格不要!

高卒や未経験者でもエステティシャンとして働けます。

サロンで働くには専門的な国家資格が必要だろうと考えている人もいるかもしれませんが、エステティシャンに資格は不要です。
取得するとしても民間資格となります。

学歴や資格の有無が理由で、エステティシャンの夢を諦める必要はありません。
エステティシャンとして働きたいという気持ちが大切ですよ。

学歴よりもスキルややる気重視の世界

エステティシャンの世界では専門的なスキルや技術が求められますが、学歴は関係ありません。

施術や接客に関するスキルを習得するために、仕事中だけでなく休みの日に研修やセミナーに参加することで技術を習得していきます。

さらに、エステで使用する技術は日々進化しており、エステティシャンは常に意欲を持って自ら学ぶ姿勢が必要です。
学歴よりもやる気が重視される世界といえるでしょう。

「高卒以上」の求人も多い

エステティシャンの求人を見るとほとんどの場合、応募資格に「高卒以上」と記載されています。

実力主義の世界なので、学歴は問わないというサロンが多いということでしょう。
必要なスキルを身に付けて、キャリアアップを目指したいと考える人は早めに行動に移すのが賢い選択ですよ。

学歴よりもスキルが重視される世界でトップポジションを目指すには、自分磨きが大切

経験に基づいたスキルやコミュニケーション能力は、エステティシャンとしてキャリアアップするのに役立ちます。

高卒でエステティシャンになるための2つの方法

高卒でエステティシャンになるための2つの方法
高卒でも「エステティシャンになる」という夢は叶えられます。

エステの学校に通うか、または現場で働くのが一般的な方法です。
どちらの方法でも努力次第でエステティシャンになれるので、自分に合った方法を選択しましょう。

ここでは、高卒でエステティシャンになるための方法を2つご紹介します。

方法1.エステの学校に通う

エステティシャンになる方法のひとつは、高校卒業後、エステや美容に関する専門学校に通うことです。

専門学校なら、エステティシャンに必要な知識や技術がしっかりと学べます。

働きながら目指すよりも、学ぶことに集中できるのがメリットです。
また、「技術のみ」「カウンセリングのみ」を短期間で効率よく学ぶために、スクールに通うのもおすすめです。

サロンが運営しているスクールもあるので、より実践的な内容が学べますよ。

方法2.未経験者OKの求人に応募する

サロンの求人の中には、未経験者や高卒でも応募できるものがあります。

「早く現場に出て学びたい」「金銭面で学校に通うのは難しい」といった理由で働きたいという方は、未経験者OKのサロンに応募するとよいでしょう。

日本全国に店舗展開している大手サロンなら、スキル取得に向けた研修が充実していたり資格手当を設けていたりと、未経験者を受け入れる体制が整っています。

エステティシャンは年齢に関係なく働ける仕事ということもあり、ほかの業種からチャレンジする人も多くいますよ。

研修制度が充実しているサロンを探そう!

知識や技術がなくてもサロンで働けますが、エステティシャンに必要なスキルを効率よく身に付けるには、研修制度が充実しているサロンを探しましょう。

やる気が必要な仕事だからこそ、学ぶ姿勢をサポートしてくれるサロンに就職するのが理想です。

未経験者がエステティシャンを目指すなら、大手サロンをおすすめします。

個人経営のサロンの場合、研修制度が十分に整っていないことがあるので注意しましょう。

高卒でエステティシャンになるメリット

高卒でエステティシャンになるメリット
技術や経験が重視されるエステティシャンの世界ですが、高卒が有利な点もあります。

早いうちからキャリアを積めることや体力があることは、10代ならではのメリットといえるでしょう。

ここでは、高卒でエステティシャンになるメリットについて解説します。

メリット1.キャリアを積みやすい

高校卒業後10代のうちからエステティシャンとして働ければ、専門学校や大学を卒業してから働く人や異業種から転職した人に比べてキャリアが積みやすいのがメリットです。

サロンで働いている期間が長ければ、その分スキルや経験が積めるでしょう。
スキルには施術技術だけでなく、コミュニケーション能力や細やかな気配りも含まれます。

経験豊富なエステティシャンは、信頼や人気も高くなりますよね。

培ったスキルで、トップポジションを狙えるかもしれません。

メリット2.体力や気力がある

エステティシャンの仕事はハードなため、20代や30代の人の中には体力や気力が原因で挫折してしまう人もいます。
一方、10代は体力や気力があり余っているので、体力勝負のエステティシャンの仕事でも続けられるのが強みです。

エステティシャンの仕事を続けられる体力があれば、未経験者でも十分成長が見込めますよ。

高卒でエステティシャンになるデメリット

高卒でエステティシャンになるデメリット
お客様と会話をしつつサービスを提供するのがエステティシャンの仕事です。
しかし、サロンを利用するお客様の大半は10代よりも上の世代で、高卒という「若さ」がエステティシャンとして働くうえでネックになることもあります。

ここでは、高卒でエステティシャンになるデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1.お客様によっては「若さ」がネックになる

お客様の中には、技術ではなく見た目や年齢でエステティシャンを判断する人もいます。

そのような人に施術する場合、高卒という「若さ」がネックになることもあるでしょう。

スキルと経験が重視されるエステティシャンの世界では、若いと技術がないと見なされる恐れがあります。

心を込めて施術をしても、若いというだけで信用を得られないかもしれません。

デメリット2.話題が合わないことがある

サロンに来るお客様は、20代から40代の人が大半です。

エステティシャンの仕事は会話も重要ですが、高校を卒業したばかりの10代とお客様の間にはジェネレーションギャップがあり、話題が合わないのがデメリットといえるでしょう。

ただし、日々の仕事や生活の中で話題の引き出しは増やせます。
世代に関係なくサービスできるようになれば、サロンでも人気のエステティシャンになれますよ。

キャリアアップしてどんなエステティシャンを目指す?

キャリアアップしてどんなエステティシャンを目指す?

高卒からエステティシャンとして働いて基本的なスキルを身に付けたら、キャリアアップを目指すのもおすすめです。

キャリアアップにはいくつかの形があるので、まずは自分に合った形を見つけましょう。

ここでは、エステティシャンのキャリアアップにはどのような選択肢があるのかご紹介します。

店長・マネージャーなどのリーダー職

サロンの店長やマネージャーになると、責任ある仕事を任せられることが増えます。

役職手当がつき高い給与を得られるのもメリットといえるでしょう。
また、リーダー職を経験することで、好待遇の職場へ転職できるチャンスもありますよ。

ただし、スタッフの倦怠管理や教育係として働くことが多くなり、お客様に施術する機会は減ります。
その分、サロンのマネジメントに関わることになるでしょう。

独立・開業

自分の生活リズムに合わせて働くには、独立や開業も視野に入れるといいかもしれません。

結婚や出産によってライフスタイルが変化すると、今までと同じように働くのが難しい人がほとんどでしょう。

独立や開業ができるだけのスキルを身に付けていれば、サロンを退職してもエステティシャンとして働き続けられますね。

独立や開業を有利にするためにも、持っていると役立つ資格は早い段階で取得するといいですよ。

別分野への転職も可能

エステティシャンのスキルを活かして、別分野への転職も可能です。

転職先の候補には、受付や商品企画、ビューティーアドバイザーといった仕事があります。

あん摩マッサージ指圧師や整体師のような専門職への転職も、エステティシャンの経験があれば難しくありません。

接客経験が活かせる人と接することが多い業種も、転職先には向いているでしょう。

高卒でも安心!「パスキャリ」でつながる将来

高卒でも安心!「パスキャリ」でつながる将来
資格不要のエステティシャンは、高卒でも目指せる仕事です。

高校卒業後に働き始めれば、10代のうちからキャリアを積めることや体力が十分あることはメリットですが、「若さ」がデメリットになることもあります。
高卒からエステティシャンとして経験を積んで、キャリアアップを目指すのもひとつの方法ですよ。

パスキャリでは、研修が充実したサロンの求人も取り扱っています。
パスキャリの強みのひとつは、応募から採用後までサポートしてくれる業界を知り尽くしたキャリア・アドバイザーの存在です。

取り扱う求人数は独占求人を含めて約1,000件あります(2020年7月時点)。
納得できる職場を探したいなら、ぜひパスキャリにご登録ください。