エステティシャンの面接で見られる3つのポイントをご紹介!
質問・回答例も

エステティシャンの面接で見られる3つのポイントをご紹介!質問・回答例も

「エステティシャンの面接ってどんなことを聞かれるんだろう?」
「質問例がありすぎて、全部の回答を考えるのは大変…」

エステティシャンを目指している方は、こんな疑問や悩みをお持ちかもしれません。

たしかに、ネットで調べるといろいろな質問が出てきて、こんなに沢山聞かれて答えられるかなぁ…なんて不安になってしまいますね。


エステティシャンの面接では質問をとおして、サロンにふさわしい人材か、入社意欲が高いか、仕事について理解しているかなどをチェックしています。

大切なのは、面接官が見ているポイントを押さえて回答すること

面接官が見ているポイントを知っていれば、質問の意図はもちろん、相手の求めている回答がわかるのでどんな質問にもベストな回答ができるようになりますよ。


今回は、エステティシャンの面接で見られる3つのポイントをご紹介。

ポイントにあわせて代表的な質問と回答例もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね

エステティシャンの面接で見られる3つのポイントをご紹介!

エステティシャンの面接では、求職者の3つのポイントをチェックしています。

  • サロンイメージや職場の雰囲気に合うか
  • 入社意欲や志望度が高いか
  • エステティシャンの仕事をすぐに辞めないか


代表的な質問・回答例とあわせて、一つひとつ詳しくご紹介しますね。

サロンイメージや職場の雰囲気に合うか

サロンイメージや職場の雰囲気に合うか

面接官がまず見るのは、サロンのイメージと合っていて、職場のスタッフと良好な人間関係を築ける人かどうか


面接を受ける前に、サロンの特徴や求める人物像について必ず調べておき、それぞれに合う自分の魅力をアピールしましょう。

若い女性に人気のオシャレなサロンなら明るくて社交的な性格がわかるエピソードを話したり、お客さまとじっくり向き合う落ち着いたサロンならヒアリング能力の高さを伝えたりすると◎


また、エステティシャンは協調性やコミュニケーション能力を求められやすいので、アピールできる部分があれば積極的に回答に盛り込むといいですよ。

代表的な質問
「自己PRをお願いします」

自己PRは、サロンイメージや人間性をチェックするために聞かれる代表的な質問。


  • 長所・特技
  • エステティシャンに活かせる資格
  • アルバイトや前職での成功体験


など、サロンの特徴や求める人物像に合うエピソードがないか考えておきましょう。

エステティシャンの素質があるとアピールしたあとに、その能力を御社で活かしたいという思いを伝える一言を添えると、上手にまとまります。

回答例

私の長所は、ヒアリング能力の高さです。

前職のアパレル販売では、お客さまとお話するなかで相手がどのようなお洋服を求めているのかを探り、潜在的な感情まで汲み取って提案するように心がけていました
「自分ひとりで選ぶより似合う洋服と出会える」と喜んでくださるお客さまが多く、結果的にリピート率が上がり、売上に貢献しました。

エステティシャンは、体やお肌のコンプレックスに関わるより繊細な感情を扱うお仕事だと思いますが、ヒアリング能力の高さを活かしてお客さまの悩みを引き出し、理想の姿に近づくお手伝いをできたらと考えています。

入社意欲や志望度が高いか

入社意欲や志望度が高いか

面接官は、内定を出して断られることがないように、サロンへの入社意欲や志望度の高さを重視しています。

熱意を伝えるために、他社ではなくてなぜ応募サロンに入社したいのか、しっかりと考えておきましょう。

面接を受けるサロンで働きたいと思ったきっかけや、他社と比べて魅力的に感じる部分について話せるように準備しておいてくださいね。

代表的な質問
「当サロンを志望した理由は?」

入社意欲を確認する代表的な質問は、志望動機です。

「実際にサロンを利用している」「目標にしたい先輩スタッフがいる」など、サロンに入りたいと思った自分オリジナルの体験があるなら、ぜひここで話してみてください。

サロンに通っていなくても、事前に会社について調べてみて、経営理念やスタイルなど他社にはない魅力に惹かれたと伝えると志望度の高さが伝わりますよ。

回答例

私が御社を志望した理由は、お客さまとの対話やカウンセリングを重視する接客スタイルに惹かれたからです。

1日の施術人数を限定し、1人ひとりとじっくり向き合って結果を追求する姿勢は、お客さまの心と体に寄り添って美しく変身させたいという自分の想いとつながる部分があり、強く共感しました。

また御社であれば、自分の長所であるカウンセリング能力の高さを活かして、自分らしく働きながら貢献できると感じています。

エステティシャンの仕事をすぐに辞めないか

エステティシャンの仕事をすぐに辞めないか

エステティシャンの面接では、早期離職を防ぐために「すぐに辞めたりしないか」を確認されます


エステティシャンは華やかなイメージが強いですが、お客さまの肌に直接ふれる繊細なお仕事ですし、施術に体力が必要なので大変な面も…。

憧れだけでサロンに入社してしまうと、理想と現実のギャップについていけずに辞めてしまう方も少なくありません


そのため、エステティシャンの仕事内容をきちんと理解し、大変な部分を把握した上で志望していることを伝えるのが大切です。

代表的な質問
「なぜエステティシャンになりたいのですか?」

エステティシャンという職種をどれくらい理解しているのかを探る代表的な質問です。

施術の大変さや体力が必要なことを踏まえて「美容が好き」「人を美しくするのに興味がある」など、自分の想いを伝えるのがポイントですよ。

回答例

「美しくなりたい女性を後押ししたい」という気持ちから、エステティシャンを目指しています。

私は以前、痩身エステに通っていたのですが、担当者の方が自分の悩みを丁寧に聞いてくれたり一生懸命施術してくださったりする姿に励まされ、1人ではなかなか頑張れなかったダイエットを成功させることができました。

お客さまのコンプレックスを自分の手で解決するので、精神的にも肉体的にも大変な仕事だと思いますが、そのぶん喜びややりがいを感じながら働けると考えています。

エステティシャンの面接が不安なら…転職エージェントを利用しよう

エステティシャンの面接が不安なら…転職エージェントを利用しよう

ここまで、エステティシャンの面接で見られる3つのポイントと、代表的な質問・回答例をご紹介しました。

面接官が見ているポイントにあわせて自分の魅力をアピールすれば、合格率がグンと上がりますよ。



面接が苦手で不安な方は、転職エージェントを利用するのも一つの手


転職エージェントは、アドバイザーが求める人物像や過去の合格者の傾向にあわせてアドバイスしてくれるので、面接通過率が高いです。

求人票より詳しく企業の情報を教えてもらえるから、志望動機を考えやすかったり入社前に会社のイメージを掴めてミスマッチが起こりにくかったりするのも◎


エステティシャンの面接対策にお悩みなら、一人ひとりにあわせた面接対策や面接の同行・同席サポートで高い内定率を誇る転職エージェント「パスキャリ」がおすすめです。

エステティシャンの面接をスムーズに突破するならパスキャリ

エステティシャンの面接をスムーズに突破するならパスキャリ

パスキャリは、未経験者はもちろん、すべての方が安心して美容業界デビューできるようサポートする転職エージェントです。


パスキャリでは、最初に丁寧なカウンセリングであなたの適性や強みを見極め、それらを活かせる会社をご紹介。

企業のカラーや現役社員の雰囲気を踏まえた上で、あなたの魅力を最大限にアピールできる面接対策を一緒に考えます

カウンセリング回数が無制限なので、不安がなくなるまで面接練習できるのもポイント。


また、面接当日は担当アドバイザーが同行・同席いたします。

アドバイザーが緊張をほぐして、万が一言葉に詰まったときもフォローするので、頭が真っ白になっちゃったらどうしよう…なんて心配は無用です。


この徹底した面接サポートで、パスキャリでは合格までの平均面接社数が1.5社

一般的には13.8社と言われているので、他社よりもはやく内定をゲットできますよ。


そのほかにも…

  • パスキャリ独自の魅力的なエステティシャン求人多数
  • 充実の研修あり×厳しいノルマなし働きやすい企業を厳選
  • 徹底的な企業調査で会社の実態や雰囲気までお伝え
  • 面倒な日程調整や書類準備はスタッフが代行
  • LINE・メール・電話・来社でいつでも気軽に相談OK
  • フォロー期間無制限!入社後の悩みも話せて心強い


など、パスキャリではエステティシャンの夢にグッと近づくサポートを行っています。





エステティシャンは、お客さまのコンプレックスを自身のエステ技術や美容知識で解消するお手伝いができる、非常にやりがいあるお仕事


お客さまがだんだん美しくなっていく様子を感じたり、「ありがとう」と感謝の言葉をもらったりしたときの喜びはひとしおです。

経験を積むほどエステ技術や知識が身につきますし、お客さまから信頼される”美のプロ”に近づけますよ。


パスキャリでスムーズに面接を突破して、憧れのエステティシャンとして活躍する素敵な未来を手に入れてくださいね。